2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/16 広島-巨人 18回戦 思い切りの良いスタイルこそ梵英心

試合詳細はこちら

~赤ヘル眼~

思い切りの良いスタイルこそ梵英心

梵は小技などが得意な器用な選手であるか。
私はそうは全く思わない。
背番号6のショートといえば他球団で言えば井端・宮本などが挙がるが梵は彼等と同じようなタイプに見られる事が多いが私は彼等と梵が同じ系統のタイプとは到底思えない。
それよりも梵はかつてカープの不動のショートであった野村謙二郎のような思い切りの良いタイプであろう。

ここ最近の梵は何かを掴んだかのように打球がよく飛ぶ。
横浜スタジアムであわや場外のホームランを放てば、2ホーマーを含む4打数4安打だった先日のヤクルト戦では打球がすべて外野を越えた。
逆方向へ流せ、転がせと多くの人が指摘するのを見るがそこを強く意識し過ぎたら私は梵の魅力が減ってしまうと思う。
今月に入りすでに4本目の本塁打ではあったが、小柄な見た目とは対照的に今後十分本塁打を量産出来る打者であろう。
元西武の松井稼頭央のように年々体を大きくしパワーをつけていった選手もいる。
この日の梵は決勝ホームランだけではなく、最終打席のライトへの大きな飛球も梵らしさを感じせた。
梵はコツコツというスタイルよりもパーーンって感じのスタイルであろう。
それを首脳陣には理解し無理にケース打撃や転がす打撃を教え込んで欲しくないものである。

前日は4打数4三振と波の大きさが目立つが梵には自分自身の打撃スタイルを強く確立していって欲しいものである。
梵の打撃のスタイルは梵のよく持たれるイメージとは大きく違うという事をここに強く言いたい。
梵が今の姿勢を意識しながらシーズン終了までいけば、現在放ったホームランの10という本数はまだまだ伸びても不思議ではない。

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/98-192f345d

 | HOME | 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。