2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/10 広島-ヤクルト 15回戦 なんだかんだで抑えてしまう青木勇人

試合詳細はこちら

~赤ヘル眼

なんだかんだで抑えてしまう青木勇人

梵が2本塁打を含む4打数4安打、新井が5打数5安打など打線が繋がったこの試合、3点リードの8回に登板したのは青木勇人であった。
去年は防御率0.00、今年も登板当初から安定した防御率を残していた青木勇人であったがそれでもなかなかセットアッパーといった大事な場面で登板する事はなかった。
その理由がなんとなくわかったこの試合であった。

先頭の代打宮出に対してカウントをノーツーと苦しくしてしまう。
これまでの試合でも青木勇人は3ボールなどカウントを苦しくしてしまうシーンは多く見られた。
そのうえ1球1球投げるまでの間が他の投手よりも長い。
カウントは悪くするは間は長いはで見てる人間からすればリズムが悪く見えるのだ。
それでも抑えてしまうのがこの青木勇人。
そしてそれこそが青木勇人の武器という事がこの試合でもよくわかった。
宮出に対して0-2から真ん中からインサイドにシュートボールを投げてドン詰まりのセカンドゴロに打ち取る。
その後青木のヒットで1アウト1塁となった場面でバッター田中浩に対してのカウントは1-2のバッティングカウント。
ここでもまたシュートボールを投げ込み田中浩をダブルプレーに打ちとった。
宮出にしても田中浩にしても打者有利のカウントから青木勇人の術中にハマってしまったのだ。
カウントを悪くする事が多いスタイルでも四死球も少なく、なんだかんだで打者を打ちとってしまう。
スローなテンポからなかなか使われ辛かったのであろうがこれこそが青木勇人の特徴なのだ。
それに首脳陣もファンも気づいてきたのであろう。

投球スタイルも見た目の容姿もとてもじゃないけど綺麗とはいえない青木勇人だがそれこそが彼の大きな持ち味である。
のらりくらりのスタイルでなんだかんだ抑えてしまう青木勇人の存在が今、苦しい広島中継ぎ陣の中で輝き始めている。

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/94-0d2f0dbb

 | HOME | 

Calendar

08 « 2017/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。