2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/2 楽天-広島 1回戦 落球という事実の大きさ

scoreboardhc0601.gif

試合詳細はこちら

~赤ヘル眼~

落球という事実の大きさ

開幕前、前代未聞のナックルポーラー入団という事でキャッチャーの石原と倉は特注のミットをオーダーした。
その日の天候、風向きなどコンディションによって変化が異なるナックルボールは、受ける捕手からすればもの凄い神経、技術が必要とされるものであろう。
それをここまで全くというほど逸らさずにきた石原は今日の試合も含めてフェルナンデス登板時は好プレーを連続してるとも言えよう。

しかし今日の石原は難しいナックルボールは捕れていたが、それよりも簡単な球を後ろに逸らしてしまった。
4回裏、1アウト満塁で楽天藤井の放った打球は犠牲フライには際どいタイミングのライトフライ。
これをライト廣瀬が目の覚めるスローイングをホームに投げる。
タイミング的にはアウトだったがこれをこれまでナックルボールを受け止めてきた石原が後ろに逸らしたのだ。
エラーのランプはつかなかったがエラーと判断されても仕方ないプレーであった。

8回裏にはショート梵がこの試合の勝負を決める2点タイムリーエラーを犯した。
梵は開幕してからショートで無難な守備を見せ、この日の失策を入れても失策数はわずか3つ。
それでもたかが一つのミスとは言えど試合を決めるミスをすれば当然ファンを含め周囲の反応は厳しくなる。
それをどう梵自身が受け止めるのか。
梵という選手がカープの中での存在価値が大きいからこそ、ここの部分は今後のカープにとって大きなものになるといえよう。

落球という事実はとてつもなく大きなものであり、周りにインパクトも与える。
もちろん、それは落球をした本人にも大きなインパクトを与えるだろう。
大事な事はそのインパクトによりこれまでの自分を見失わない事である。
大きな衝撃によって、これまで魅せていた自分のスタイルを絶対消してはいけない。
そこが今後カープのショートが不動と呼ばれるか呼ばれないかのターニングポイントにもなるだろう。

rankcl0601.gif

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/50-047ef216

6/2 覇気なし

東北楽天1回戦0勝1敗 通:23勝27敗1分 宮城CARP 1-3  EAGLESまだ試合の途中ですが 書き始めますよ。まず、言わせてくれ。主審 栄村 ヘタクソ過ぎ。。。 ま、とにかくストライクゾ

 | HOME | 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。