2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/19広島-ヤクルト 7回戦

scoreboardhc0519.gif


試合詳細はこちら

~赤ヘル眼~

梵は今の打撃スタイルを貫くべき

またもやヤクルト新外国人のイケメン長身金髪選手のグライシンガーにカ抑えられた。
先発佐々岡が5失点となればグライシンガー前には正直厳しいか。

そんな中そのグライシンガーから唯一取った得点である梵のホームランについて語りたい。
先週の土曜日、横浜スタジアムでの横浜戦で5点差を追う8回表、2アウト満塁で打席には梵が回ってきた。
コントロールに苦しむ相手投手に対して梵は初球を強打しライトライナーでチャンスを潰した。
これに対して梵は自分のキャラがわかっていないという人もいたがそれは違うと強く言いたい。
梵は背番号6のショートであるが、同じ条件のヤクルト宮本・中日井端のようなタイプではない。
繋ぐ・転がすというのはどちらかというとライバルでもある東出の方であり梵は背番号6のイメージというよりむしろカープの背番号7であった野村謙二郎のタイプであろう。
ある程度コースを決めておもいきり打つ。
まだまだパワーもなくそこまで飛距離も飛ばないがこのスタイルこそ梵英心であると思うのだ。

梵は翌日の同じ横浜戦1点リードの8回1アウト2塁のチャンスでレフトに貴重な2ランホームランを放っている。
ここで進塁打・転がす事を考えていたならば梵のパワーでレフトスタンドには運べてなかったはずである。
前日それで失敗しようとも己のスタイルを貫いた梵。
小柄のショートというイメージで打者の打撃スタイルは決まるというものではない。
今日の梵のホームランもいかにも梵のバッティングというものであった。

トリプリー3、将来的にはそこも狙える逸材だと私は思っている。
過大評価かもしれないがそこにいくのも今のスタイルを貫き通す事が大切な事である。
野村謙二郎のタイプのリードオフマンのこれからの成長が楽しみで仕方ない。


rankcl0519.gif

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/39-78f23bcd

 | HOME | 

Calendar

08 « 2017/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。