2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/8 広島-中日 6回戦

ban0508.gif


勝ち投手 朝倉2勝3敗
負け投手 青木0勝6敗


試合詳細はこちら

~赤ヘル眼~

9回表の石原投球練習の意味

9回表、信じられない光景がブルペンの前にあった。
捕手の石原が投球練習を始めたのだ。
9点ビハインドのあと1イニングというところ。
マウンドに上がっていたのは左の中継ぎエース河内であった。
そしてこの時それ以外の投手で残っているのは林・梅津・横山・永川と勝ちパターンの投手だけであった。
この石原投球練習が指すもの。
それはこの試合の継投失敗を表す。
9点ビハインドで使いたくない河内を使ってしまい、予想外に打たれて緊急事態に石原を準備させる。
石原が登板するとどういう意味になるのか。
まだ投手がいるのにもかかわらず捕手を投手で使うという相手チームに対して侮辱行為ともとれる事である。

私が思うのはなぜ石原登板を考えるほど勝ちパターンの投手を使いたくなかったにもかかわらず、そういう展開にならないような継投をしなかったのかという事である。
例えば3番手登板の広池。
6回表の点ビハインドの中で勝ちパターンの中継ぎ陣以外では小山田しか残っていない状況にもかかわらずあえて次の回打者にまわる嶋と交代させた。
これでは広池が1イニングしか投げれない事に当然なる。
石原登板考えるほどの監督だったら6番森笠のところに代えるべきではないのか。
7回表の小山田。
石原登板考えるほどの監督だったら6回裏は9番で終わったのだから9番中東のところに小山田を入れるべきじゃなかったのか。
そして、そうじゃないにしても9回表は小山田続投で良かったのでないだろうか。

石原をブルペンで登板させる行為をする監督がする継投にはとてもじゃないけど見えなかった試合である。
9点ビハインドの9回に右打者が並ぶ中日打線に左の中継ぎエース河内をぶつけてしまった采配。
今日の河内3失点がどれだけ今後の試合に響くのだろうか。

もう二度と石原を投球練習させまいと監督が今日の試合の投手起用法を反省する事が大事な事である。
その中で今後の河内の起用法に注目したいものである。

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/30-80d1b45e

 | HOME | 

Calendar

08 « 2017/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。