2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSシリーズに向けてカープの快進撃は続く!!

神宮観戦を前に久しぶりの更新になります。
ずっと更新したかったのですが、仕事で出張があったりして忙しく1ヶ月以上放置してしまいました。
書きたい事は腐るほどあるんですがなかなか時間が取れないですね。
今回はその中でここまでのカープの快進撃について自分の思うところを少し書きたいと思います。

それにしても最近のカープは絶好調ですね!
カープファンのブログで終戦宣言堂々としてたブログが、次から次へと復活していく光景は非常に面白いものがありましたが、それは近年のカープにはない成績が現在出せている事が要因でしょうね。
前田をスタメンに使わなくても、石原が正捕手でも、CSシリーズを争えるチームになれるんです。
最近よく前田ファンに批判されまくってるブラウンですが、ブラウンの責任は最終的に3位か勝率5割以上を逃した時ですからね。
僕の予想では勝率5割以上は達成出来なくても3位になれる可能性は高いと思ってます。
それはヤクルトが大型連敗してますが、そのヤクルトよりも今の中日は弱いと思うからです。
あの投手王国中日が現在投手陣がボロボロのほぼ投壊状態だからです。

個人的には今のブラウンは本当によくやっていると思います。
その理由は投手起用法、これに尽きます。
今シーズン当ブログの更新は少なかったですが、内容はご存知の通りほとんど一緒なものでした。
とにかく投手陣構成、そして起用法、それをメインに書いてきました。
それは、カープが3位争いをしていくには、そこが最大のポイントだからです。
もう何年もカープはBクラスですが、そのほとんどのシーズンでシーズン途中に投壊しています。
それが今年のカープは投壊しそうな投手陣なのにもかかわらず、投壊しませんでした。
現状の投手陣を考えてもこれって凄い事だと思います。
ブラウンを評価するのにあたってここを書いている人を今のところ見た事ありません。
その一方で前田や石原あたりの起用の批判はよく目にします。
その流れで「ブラウンじゃなければ2位争いを余裕でしてた。」なんて意見を見た時には正直驚きましたね。
よく余裕で2位争い出来るような戦力がカープにあると思えて書けるなっと。
ここ近年のカープは5月までの成績を出す事は多かったですが、9月まで成績を出している事は全くというほどありません。
では、なぜ近年までのカープが投壊するシーズンを送ってしまったのでしょうか。
それは今シーズン、ブラウンが一時帰国し、リブジーが監督代行をした3試合の起用法でもよくわかると思います。

リブジーが指揮をしたこの試合この試合この試合ですが、どれも投手起用法が糞過ぎます。
この三試合の投手起用法のどのへんが糞かと考えると、多くの人が一戦目の宮崎と思う事でしょう。
しかし、本当の糞の部分はこんなところじゃありません。

1試合目で言えば岸本・上野・篠田・梅津、2試合目ではブラウワー・梅津、3試合目では大竹の起用法です。
1試合目に宮崎がラストチャンスでノックアウされた事は、正直宮崎を2軍に落とすだけで今後にそこまで影響しないんです。
しかし上記で挙げた起用法は今後に影響するものばかりです。

おそらくリブジーはブラウンにブラウンの思う投手起用法を伝えられていたのでしょう。
しかし、それをマニュアルのように覚え、状況による臨機応変が全く出来なかったと言ったところでしょうね。

1試合目、6点を先制しながら2点差に追い上げた6回に岸本を起用します。
岸本を起用するのはともかく岸本が明らかに調子が悪いのにリブジーはなかなか代えません。
その次の上野も絶不調でしたが代えませんでした。
起用にあたってこの展開では上野・岸本と言う事をリブジーは聞いていたはずです。
しかし、それを守っただけではダメなんです。
最近のブラウンの投手起用法を見ればわかりますが、その日調子が悪いと思った投手は一死も取れずに交代させる事もしばしばです。
そこにはセットアッパーとかそういうものは関係ありません。
その日調子が良ければ、例えセットアッパーでなくても僅差リードでもう1イニングいかせる、そんな起用法ですら最近はあります。
そして一方的な展開になったのにもかかわらず最終回に梅津を使ってしまう事も糞。
当ブログでも書いてきますしたが梅津の体力がない事は過去シーズンで証明済みです。
そんな中敗戦処理までさせてしまうなんて今後の影響に大の起用法です。
この試合は篠田を2イニング行かせるべきだし、そして翌日も梅津を登板させ連投という結果になってます。
2試合目はブラウワーの異常な続投、これに尽きます。
勝ちパターンの投手はブラウワー、これしか頭になかったのでしょう。
明らかに調子の悪いブラウワーはこれでもかってくらい続投させ、ジ・エンドです。
その試合展開の中で梅津を使っちゃうところが糞以外ありません。
そして3試合目は2試合の継投失敗の成績からか、今度は不調大竹先発を延ばしすぎて失敗。
たかが3試合ですが、リブジーがやった起用法はどれも投壊に繋がる起用法なんですよ。

このリブジーの起用法を見て僕は懐かしいとも感じましたね。
中継ぎに関してはセットアッパーを異常に信頼する、それ以外の中継ぎの細かい事については考えない、数回中継ぎが打たれただけで先発異常型続投起用法に移り変わる。
山本監督・北別府投手コーチ政権時の起用法にそっくりじゃないですか。

現在のセリーグの完投王って大竹なんですよね。
しかし、その回数ってたったの3なんです。
この数値って現代野球を象徴してると思うんですよ。
おそらく北別府コーチがやってた時の黒田って完投数を取りまくってましたが、おそらく10くらい完投してたと思うんですよ。
それでも最多勝利も最優秀防御率も取れずに、負け数も防御率も高かったと思うんです。
何が言いたいかと言うと、プロ野球スタイルは昔と比べて大きく変わっていて、北別府は糞コーチだったと言う事です。
北別府に限らず、昔のプロ野球でスターだったタイプは現代野球の投壊スタイルな考え方の人は結構多いと思いますよ。
ソフトバンクは王監督になってから、ちょっと前のカープのように短命の中継ぎ投手が毎年のように出ています。
今後に繋がる投手起用法、これが出来る監督って少ないと思いますし、これが出来る監督がいなかったからカープは何年も投壊だったんですよね。
ブラウンの1年目・2年目もはっきりと投壊に繋がる起用法がありますからね。

投手起用法は深く、まだまだ書きたい事はありますが、そろそろ神宮に向けて出発するので近いうちに書けたら書きたいと思います。

最後に28日(日)に広島市民球場に行く事を決めました!
27日夜行バスにて出発し、28の夜に夜行バスにて東京に帰ります。

そこで突然ですが一緒に観戦してくれる人を募集します!
友達と一緒に観戦予定だったのですが、急遽その友達が都合がつかなくなり、チケットが1枚余っています。
3塁側のブルーの指定席です。
観戦相手は知人の中で探せば見つかるのですが、ここはあえて新しいカープファンとの出会いを求めて募集しまつ!
条件は老若男女関係関係なく、当ブログを気に入ってくれてる方でお願いします。
チケットは定価引換でお願いします。
宛先はakaheruman2002@yahoo.co.jpまで!!
このまま雨天中止が無ければ市民球場最終戦、今から行くのが楽しみです!!



コメント一覧

お久しぶりです( ゜Д゜)∩
終戦宣言をした内の1人ですσ(゜∀゜

今シーズンのカープはファンの暗黒心をくすぐるというか
ダメだと思えば勝ち、おお!これはいける!!と思えば連敗
9連戦で7連敗した時や、横山やシュルツが離脱したりまぁ色々と萎えそうな場面がたくさんでした。

それでもまだこの位置にいるのは、上位チームのもたつきや
カープの新戦力の台頭とチャンスで4番が打てるようになったというのが
カープ快進撃の原因でしょう。

中でも先発投手陣がシーズン途中で壊れかけたのに
その壊れかけた部分を若手で埋められた事
これは去年までならありえないことです

まだまだ不細工ですが去年のような各駅停車ではない先へ先へ進もうとする機動力の旗頭を手に入れた事

去年なかなか決められなかったセンターラインが固められた事
あとセンターの守備範囲が異常、脇を固めるレフト・ライトの守備力もまずまず、これで大分助けられてここまで来れました

開幕前の一番の不安材料であったナガカーが出遅れはしたけど
カープファンの心配をよそにリリーフ失敗がまだ1と頑張っているのと
永川まで繋ぐ中継ぎ投手陣の安定
横山・梅津・シュルツと横山が離脱した後は新劇場王ブラウワァー
とここ最近いい仕事をしている上野
中継ぎ左腕がいない中、横山以外は安定感のある投手がいない中
それでも勝ちゲームに登板すれば、物凄い勝率で勝ち残っています

去年から実力が増したとかそういうのではなく
ムードが良いですね、新戦力の中に明るいムードメーカが多数いて
ベンチを盛り上げています、これも大きい存在です。

とまぁ色々書きましたが今日もカープはお粗末な内容の試合ですね
せっかくアカヘルマンさんが観戦に行った試合がこういう内容では萎えますね
もうエラーでボロボロです┐(´ー`)┌
こういう野球をするから
カープファンはいつまでたってもカープを信じきれないんですね。

ゆういちさんどーもです。

神宮観戦してきました。
カープの躍進はご指摘の通りですね。
先発の新戦力の台頭ですが、これは中継ぎを動かさなかったとも言えますよね。
解説でちょっと前に達川が「先発梅津! 先発五十嵐!」とか発言しているのを見ると、1投手の起用法一つで大きく変わってくると思いますね。
外野の守備力は生観戦していれば去年までと大きく変わっているのがよくわかりますよ。
特に赤松の守備力は半端なく大きいです。
ムードも大きいですね!
赤松・喜田剛・天谷・小窪とスタメンにムードメーカー的選手が多いのも今のカープです。

今日の試合はヒドかったですが、たかが一敗という試合でもありましたね。
そのへんはこれから記事に書きたいと思います。

はじめまして。
仕事中にネットをうろうろしていて辿り着き、内容が面白かったので過去ログからかなり読ませていただきました。
自分と考え方が似ている部分が多く、全体的にはかなり共感しました。
その中で気になる部分もいくつかあったのでコメントさせていただきます。

僕もブラウンはよくやってると思いますが、当然ベストだとは思っておらず、
投手起用に関しても不満は多々あります。
他の監督に比べれば長期的な視点で起用できる部類の監督だとは思ってますし評価しているのですが、横山の離脱は起用の拙さが形になった部分だと思ってますし、ブラウワーの獲得等の緊急補強で結果的に投壊を免れている部分もあります。
ここではブラウンを評価し、リブジーの采配を糞だとしてますが、正直ブラウンでもやりかねない采配だったと思うのでこの比較には疑問があります。

1試合目、宮崎が打ち込まれ牧野をはさんで岸本・上野。
この時勝ちゲームでブラウワー・シュルツという起用法となっている為、ブラウンでも彼らを使います。
で、結果ご指摘の通り内容が悪かったわけですが、これを早めに代えるとなると中継ぎは梅津・シュルツ・ブラウワーしかいません。
あの展開で彼らを早々に使う方が長期的に見てリスキーだと考えます。
ブラウンはむしろそういう采配をしすぎた結果中継ぎ陣の負担過多になってきたとも感じてます。

僕はあの試合、篠田の起用を見てリブジーは意外と機転が利くのかもと感じました。
確かに出来れば篠田2イニングで梅津は使わないで欲しかったですが。

先発が2回持たず、打線が盛り返し完全な負け展開でもなくなり・・というあの展開はブラウンでも似たような起用、場合によってはもっと拙い起用になった可能性もあります。

2試合目についても、6回にシュルツを使ってしまっています。
この部分は議論の余地があると思いますが、この展開でのブラウワーは何とか乗り切る事を信じるしかないようにも思います。
あそこでブラウワーを早々に諦めるとなると、まだ1点リード~若干のビハインドの展開で使える投手の選択肢は前日打ち込まれた岸本・上野か梅津です。
まだ7回です。
難しい場面だったと思います。
それから結果的には炎上せずに済んでますが、ブラウンのブラウワーの起用に関しても一歩間違えば大炎上という采配は多く見られます。

このように、あの時のリブジーの采配にも不満はありますが、展開の難しさもありブラウンでも大差なかったように僕は感じています。
いかがでしょうか。

ごぶさたしてます

しばらく見ないうちに言葉がずいぶん汚くなりましたね(笑)
ゆういちさんの影響かな?(笑)
せめて糞はカタカナにしましょう(笑)

僕も終戦宣言をしかけた一人ですが(横浜に連敗してたらしてました)
今年の好調の要因は、特に最近ですが
勝てそうな試合を落とさなくなりましたね。
粘り勝ちができるようになりました。
こういうことが出来るようになると上位が狙えるんですよね。
まあ、これからも期待して見ましょう。

PS 9/20なら御一緒できたのですが・・・
   ちなみに9/21は昨日早々にKOされた山本の禊登板があると踏んでます。

ボボコフさんはじめまして。
当サイトにお越しいただいて過去ログまで見てくださったという事で本当にありがとうございます。

長くなりそうですが、質問にポイントで答えますね。

>>横山の離脱は起用の拙さが

横山ですが、僕は交流戦に入る前に横山の球のキレがなくなっていたのはブラウンの起用に問題があったと思います。
しかし横山が離脱した時についてはそこまでヒドい起用をしたとは思ってません。

>>ここではブラウンを評価し、リブジーの采配を糞だとしてますが、正直ブラウンでもやりかねない采配だったと思うのでこの比較には疑問があります。

やりかねないと言うか今シーズンの前半戦おもいっきりやっていました。
岸本がボッコボコにされてても全然代えませんでしたよね。
しかし今は岸本に限らず調子が悪いと見るやすぐに他の投手と交代します。
これはシーズン途中での変化です。

>僕はあの試合、篠田の起用を見てリブジーは意外と機転が利くのかもと感じました。

上野を引っ張り過ぎたのも篠田を登板させたのも梅津を最後に登板させちゃ糞以外なんでもないと思います。
敗戦処理に梅津を使うのなら、始めから梅津を出しとけよって話ですよね。
しかも3連戦の初戦、この起用が翌日以降に響いてきます。

>この部分は議論の余地があると思いますが、この展開でのブラウワーは何と
>か乗り切る事を信じるしかないようにも思います。
>あそこでブラウワーを早々に諦めるとなると、まだ1点リード~若干のビハインドの展開で使える投手の選択肢は前日打ち込まれた岸本・上野か梅津です。

この考え方ってもの凄く投壊に繋がると思います。
前日打たれた投手は使えないと言う考え方で明らかに絶不調の投手をずっと代えない起用法。
岸本・上野はともかく梅津も前日打たれただけでボッコボコのブラウワーを代えないのですか。
というか上野も梅津も前回試合で打たれても信頼されてきたから今があると思うんですがね。
で、

>それから結果的には炎上せずに済んでますが、ブラウンのブラウワーの起用>に関しても一歩間違えば大炎上という采配は多く見られます。

これが大事なんじゃないですかね。
一歩間違える前に交代をする事ですよ。

別にブラウワーに限らずこれは先発投手でもそうです。
いくら中継ぎの層が薄くても明らかに調子の悪い投手を続投させる采配が良いとは全く思えません。
前日打たれた投手よりも、当日ボッコボコに打たれてる投手の方が信頼はないですよ。
近年のカープにはこういう起用が多くあった事も投壊に繋がった大きな要因だと僕は思いますね。

長くなりましたが投手起用法に関しては本当奥が深いのでシーズンが終了したら当ブログで特集を組んで記事に書こうかなと思っています。

MERCURYさんコメントどーもです。

いやいや前から批判的な事を書く時は汚く事も僕はありますよ。
ゆういちさんの影響ではなく舛添氏の影響です。

中日3戦目誰が先発するんですかね。
朝倉も2軍で投げていますが、全く調整が順調に見えないので朝倉でも無さそうですね。

今日は会心のゲームでしたね。
そんな時にこんな話というのもあれですがもう少し。

>しかし横山が離脱した時についてはそこまでヒドい起用をしたとは思ってません。
僕も離脱まで考えて酷いとは思っていませんでした。
赤へルマンさん同様登板過多になると内容が悪くなる投手だと見ているので、
勝ちゲームでも同点でもビハインドでも使われる状況に疑問を持ってました。
で、離脱。
離脱は結果ですが、やはり使い過ぎた面がある以上、良くはなかったわけです。
そして見逃せないのは一度離脱した後、明らかに状態が戻ってないのに
連投などさせた事です。
これは明らかにミスだったと思っています。

>敗戦処理に梅津を使うのなら、始めから梅津を出しとけよって話ですよね。
ここはもう本当にその通りだと思うのですが、
最初から梅津を使えば良かったかと言うと結果がかなり理想的な方向に転がらなければやはり拙い采配だとなったと思いますし、
ブラウンならそもそも篠田を使わなかったような気もするんですよ。

ブラウンはわりとよくやってくれてますが、開幕からずっと不満なのは
今で言うと大島の枠に入っている投手を使わな過ぎる点です。
前田健太や一番いいときの大島はローテの都合で長く当番間隔が空いて
2軍に落ちたりしました。
その間先発があっさりつかまる試合も大量にあったのに、です。
この傾向は今も改善されていませんし、そのブラウンが先発投手である篠田をあそこで使ったかどうかは疑問です。

僕はあくまでリブジーの采配だけをみて良かったかどうかを言っているのではなく、
ブラウンとの比較でそんなに差はありましたか?という話なんです。
あの場面は篠田で投げきるのが理想だったと僕も思います。

>前日打たれた投手は使えないと言う考え方で明らかに絶不調の投手をずっと代えない起用法。
>岸本・上野はともかく梅津も前日打たれただけでボッコボコのブラウワーを代えないのですか。
これは誤解です。

岸本も上野も梅津も前日投げました。
長期的に見れば、ちょっとピンチを招いたくらいですぐに彼らにスイッチすべきかどうかは迷う場面だと思うんです。
で、それを乗り切っても永川まではもう1イニング誰かが投げなければなりません。
失点前の段階でブラウワーが乗り切ってくれる事に期待するという選択肢が明らかなミスだとは言えないはずです。

調子が悪ければすぐスイッチするのが常に最善であるならば、
そこそこのレベルの投手がそこそこの枚数いるという今の中継ぎ陣は
毎日大量に投入する必要があるという事になりそうですが。

僕はあの試合で問題だったのはブラウワーの場面よりも、
シュルツが1人に投げただけで交代という事だと思います。
ブラウワーを引っ張る判断も結局そこが響いた形です。

>これが大事なんじゃないですかね。
>一歩間違える前に交代をする事ですよ。
説明が拙くて申し訳ないですが、ここは完全に僕の意図と違っていて、
交代せずに結果的に大事に至らずにすんでいる場面が
とくにブラウワーは多いという事です。

交代させて良い結果が出てる場面も確かに最近はよく見られますが、
中継ぎ陣への負荷は大きくなりますし
前後の試合のバランスまで考えなければならないので
その試合だけを見て単純な比較はできません。

僕はブラウワーをセットアッパーとして起用している事自体議論の余地が大いにあると思うのですが、
チーム方針としてはそうなっていますよね。
そして、あと1本出れば炎上というギリギリのところで踏みとどまったという場面が
何度もあったと思います。

リブジーの時はたまたま炎上しました。
ブラウンの時はたまたま抑えてます。

リブジーは糞采配でブラウンは良いですか?

梅津を、横山を、シュルツを、登板過多にしない為には
調子の悪い投手を敢えて続投させて
その試合を捨てる事になっても投げさせないといけない場面が
シーズンの中にはたくさんあると思います。

赤へルマンさんの書かれている事は他のサイトと比べて
結果論での批判が少ないと感じる部分に好感を持ちますが、
ブラウンを評価してリブジーを糞扱いするのは
結果論と言われても仕方ない部分が多く含まれている気がしてしまいます。

Re: タイトルなし

ボボコフ さん長いコメントありがとうざいます、
返信が遅れてすみません。

今回のボボコフ さんのコメントのように、僕は去年の3月までこのような長文のやりとりを何年も掲示板等でやり続けていました。
長くなければ書けないような深い内容ですし、そういう内容を論議する事が大好きな僕は大好きなんですよね。

ただ、社会人一年目の今、普段の生活の中で長文で深い内容をやりとりするような時間、またカープの事を集中して考える時間が嘘のようになくなってしまったというのが、今の僕の現状です。

すみません、本当は早くにこのコメントに返信を返したかったのですが、ストップをかけていた自分がいました。

本題のブラウンとリブジーの違いですが、おっしゃりたい事はよくわかります。
実際ブラウンも今回のリブジーと同じような起用法をしていた事も間違いないでしょう。

しかし、ブラウン支配というのは結構コロコロ起用方角が変わる傾向があるんですよね。

少なくてもこの頃にはリブジーのような采配をしていなかった、それが僕の率直の感想でした。

というより、リブジーのままいったら本当にヤバいなと感じたのが凄くあったんですよね。


酷使に関しても阪神の中継ぎ起用法を見ていると「これは酷使です」と言える基準って何なんだろうなぁと思ったりもします。
特に横山や梅津の起用あたりを見るとですね。

ただ、横山は横山、阪神の中継ぎ陣は中継ぎ陣である事は間違いありません。
それでも去年の横山の起用法は慎重に使われていたのは間違いなかったでしょうし、その中で横山の離脱が大きかったわけですが、今年もある程度去年くらいは横山に投げてもらわなきゃいけないと思いますよ。

それくらい山本監督時代に比べれば大事に使われていると思いますし、横山の離脱がカープにとって大きかったからこそ、登板過多という言葉が大げさに言われている感はちょっと感じましたね。

結局長いコメントレスになってしまいましてすみません。
本来ならこの時期の試合のDVDを振り返って詳細に書いたり、というよりも早くにコメントレスすべきでしたが、こういうやりとりが自分が好きだという事と、こういうやりとりが一回のコメントを作るのに時間がかかるという事がわかっていたからこそ、返信がなかなか出来ませんでした。

もうちょっと私生活にゆとりが出来るなら、毎日でも語りたい内容ですが、そうもいかない日々が続いているのが最近の自分なんです(泣)

本当に返信が遅れてすみませんでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/222-f471edb6

 | HOME | 

Calendar

08 « 2017/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。