2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープ投手陣再生考案とヤクルトの今の強さついて

昨日久しぶりに神宮で現地観戦してきました。
去年のカープの野球をやっていましたね。
宮崎が6回明らかに捕まっているのに、2失点した中でもカープのブルペンは誰も投げてはいませんでした。
それが今のカープの苦しさを顕著に現していると思いましたね。

現状投壊真っ只中ですがまだまだ3位と3ゲーム差です。
その現状の中で「カープ試合分析」の名にかけて、懲りずに投手陣再生プランを提案したいと思います。

長くなりそうなので結論から書きます。

先発  ルイス 大竹 高橋建 前田健太 コズロースキー 斉藤(宮崎)
中継ぎ 上野 森 梅津 青木高 広池(宮崎) 大島
抑え  永川


最近の中継ぎの起用を見ると勝ってても負けてても同じような投手が出てきますよね。
役割が無く総動員といった試合も見受けられます。
それが昨日の宮崎続投の采配に繋がったのでしょう。

とりあえず1軍で使えない投手は下げましょう。
今なら間違いなくシュルツはいらないです。
調子も悪くランナーを出せば確実に相手は走ってきます。
ルイスを待つまでもなく、直ぐに広池・林あたりと交換するべきです。
先発では昨日斉藤が2試合連続となる先発で好投してますので宮崎と交換しても面白いと思います。

現状安定している中継ぎは上野だけという状況です。
その中で上野は文句なしにセットアッパーです。
そこにもう1人加えたいですが、梅津は例年通りの打たれだしたら止まらない現象が始まってますし、岸本は5回に1回くらいしかコントロールが定まりません。
その中で消去法でいって昨日敗戦処理で好投した森です。
今年からシュートボールを覚え去年よりは確実にレベルが上がってます。
上野がツーシームを覚えて見違える投手になったように森にもその奇跡を信じるしか今はないでしょう。

これから夏本番、前半戦雨天中止も多かった事から連戦が続きます。
その中で何より中継ぎ陣に大切になってくる要素は体力です。

その体力が中継ぎの中心的存在である横山と梅津にない事は今年でも証明済みです。
その中で逆にその要素を見せていない上野や森はタフネスの可能性も無くはないはずです。
上野に出来る限り接戦リードの試合でフル回転して今は踏ん張ってもらい、森も2軍で中継ぎ最多登板している事からフル回転を期待したいです。

この二人に先発で短いイニングしか投げてない青木高が中継ぎで内容あるピッチングを見せれば、中継ぎ陣再生の可能性もあると思うのです。

仮に横山が返ってきた時に

セットアッパー 横山
接戦・リード 上野・梅津・森・青木高
ロングリリーフ 広池・大島
抑え 永川


こんな布陣が出来ていたら面白いと思います。
そのためには今は上野・森という新しい風に踏ん張ってもらい、横山が戻ってきた時に彼等にある程度の力と体力に期待が出来れば、横山に体力の不安がある事から考えても、良いカタチが出来ると思います。

とりあえず、長谷川・シュルツで言えますがダメなら放置せずにすぐに1・2軍の交代をしましょう。
彼等で何度も失敗するより新しい光を探す事の方が100倍意味があります。


話変わりますがこの3連戦の相手のヤクルトですがもの凄い良いチームになってきていますね。
僕は開幕戦に今年のヤクルトは去年より強いと書いたのですが、その通りに投手陣がカタチになってきています。
ヤクルトの現状の投手陣構成は次のようになっています。


先発  石川 川島 館山 村中 増渕 松井(ゴンザレス)
中継ぎ 松岡 押本 五十嵐 吉川 萩原 鎌田
抑え  林


これ以上ないくらいバランスが良いです。
松岡・押本の今年からのヤクルトの勝ちパターン防御率1点台コンビにかつてのセットアッパー五十嵐と吉川が調子を上げてきています。
ロングリリーフ・敗戦処理にはタフネス男萩原が開幕から支え、松井・鎌田も基本はその役でしょう。

先発はエース石川にエース格川島の完全復活、館山が一皮向け、村中・増渕は高田監督が我慢して育てている感が強いです。
一時期ヤクルトが連敗して下がってきた時、村中・増渕が早々ノックアウトされる試合が多かったです。
それでも我慢強く彼等を高田監督は使っています。
ヤクルトの強さはここに2軍で先発で木田・ゴンザレス・高卒ルーキー由規が結果を出していますし、中継ぎにもまだ去年の中心だった遠藤、そして石井弘も近々復活予定です。
この条件の中でさらに最近ダグラスの獲得の発表がありました。

投手層という意味ではもしかしたらセリーグ1かもしれません。
そして育成しながら投手陣のカタチが出来あがっていってます。
本来なら松岡あたりを先発に回したい考えが出てもおかしくない中で、あえて高田監督は失敗を続けても増渕・村中を我慢強く先発で使ってきました。
そこには現代野球でどれだけ中継ぎが大事な要素を締めているかという事をよく監督が理解しているからだと思います。

ヤクルトはオリンピックで青木・宮本という打の柱が消える事になりますが、おそらくその代わりにスタメンで起用されるのは飯原・川島慶あたりでしょう。
盗塁数がセリーグトップのヤクルト、機動力野球を存分に今年出来ています。
達川氏は青木・宮本が抜けたらヤクルトはチームにならないと言ってましたが果たして本当にそうなんでしょうか。
スロースターターのリグス・ガイエルを早めに見切りをつけ、打線もおもっいきり育成モードが混じっているヤクルトですが、リリーフ・抑えは磐石です。
仮にオリンピックの期間戦力が抜けなくても、リリーフ陣が投壊してれば、カープの方が例年通りチームにならなくなると感じるのは僕だけでしょうか。
投手層が薄いのに、大砲の外国人を獲ろうとしたカープフロント・投手陣にカタチが見えてきて、青木・宮本がオリンピックで離脱する事がわかっているのに、野手ではなく先発のダグラスを獲得したヤクルトフロント。
機動力野球というテーマも含めヤクルトと広島、去年ダントツの最下位争いをしたうえに投打の柱が抜けた両チームですが、この2チームの最終順位はどうなっているでしょうか。
仮にヤクルトが広島より上に行ってたとしたら、これは完全にチーム戦略とチーム監督の差と言っていいでしょう。
要はフロントと現場のチームの再生力の差です。
中日・巨人に負けるのはともかく、カープ以上に主力が退団したヤクルトに負けたら何も言い訳は出来ません。

そうならないためにも投手陣・特にリリーフ陣の再構築は急務です。
なんとかヤクルトに差をつけられないように、カープには頑張って欲しいです。
ダグラスみたいな投手がカープにも今必要なはずです!!
まだまだ3位と3ゲーム差、諦めたらそこで試合終了です!!!

コメント一覧

まったくもって同意見です。
これがブラウンならびに球団関係者に伝わることを祈ってます(><)

あと、シーボルにもそろそろ…
サード小窪なら、今日の高橋建は完封もありえたのに(><)

大事に大事に2年かけて故障させないで貯めこんだ中継ぎ陣も
ヤクルト中継ぎ投手陣の前には・・・・・霞みますね。

球に力があるし無駄な四球を出さないんですよね
これはカープの中継ぎ陣に必要なモノです
横山が戻ってきたとしても
打たれてから自信無くしてる梅津と
上野・森・青木高・大島・広池が形成する
ノーコン、ヘロボールクインテッドでは
これからの6回以降を抑えていくのは不可能かと思います

今日は建さんが限界を超えて7回139球まで頑張りました
しかしそんな建さんの力投に打線は応えることができず
2番手の上野があっさりと決勝点を献上しました

建さんはわかってたんだと思いますよ
自分が降りたら負けるんだって
もう中継ぎを酷使することもしたくないし
だから7回も志願したんだと思います

あと大嫌いな解説者ですがエモヤンが良い事を言ってました
中4日で投げるわけじゃないんだし
100球目処に簡単に代えすぎるって
確かにカープの先発陣で長いイニングを投げれる投手は
ルイス・神竹(良い大竹)・建さんくらいですね

コズは5回が限界っぽいしマエケンも6回が限界
宮崎にいたっては5回が限界ときたもんだ

これじゃあ中継ぎをどんなに整備しても1年間持たないし
カープの投手陣は豊富ではないです

今のカープで勝つには
先発が8回まで頑張って9回永川で逃げ切るしか道は無いと思います

横浜みたいに永川2イニングで勝ちを拾いますかね?

もう上がり目はないッス(´д`)

確かにヤクルトが強いですね~

シーボルへの野次が凄かったです。

死ね 帰れ 体で当たれ などと言われていました。

まぁ働きを見れば当然だと思います。

僕が言える事は、二軍へ行って来い!!

くらいです

クライマックスは諦めたほうがいいですかね?最下位にはならないですよね?これから一生勝てないんでしょうかね?市民球場の最後はどうなるんでしょうかね?

不安がいっぱいで寝られない感じです。

ひろさんコメントどーもです。

シーボル・シュルツ要りませんね。
負けるにもしても彼等を今使う事は何も未来もありません。
スタメンで小窪、1軍で広池が見たいですね。

ゆういちさんコメントどーもです。

「その通りですね」以外コメントが見つかりません(笑)
まあ、誰が監督しようとこの中継ぎ層でしたらAクラスは厳しいですよ。

僕は正直1ヶ月前にはこの現象が来るかなと予想してたのですが、永川の復活と交流戦の日程が助けてくれたおかげでここまでもったという感じでしょうかね。

ブラウン1年目のベイル・そして今の横山と1人中継ぎの柱が抜けると誰もその穴を埋められない投手層なんでしょうね。
1年目のベイル先発転向は、首脳陣自らした事ですが(笑)

まあ僕はほんの少しだけ上野と森の大覚醒に期待してみます。
横山が帰ってくるまでの間に何とか彼等に光を見せて欲しいです。

しかし書いたそばから打たれ出したら止まらない病の梅津と、現在打たれて当然の状態なのにまだ1軍にいるシュルツが打たれているシーンを見ると、もう笑うしかないですね。

毎年こんな野球ばっかしてるから他球団のファンに「カープファンはドM」と言われちゃうんですよね。

ノライヌさんコメントどーもです。

ヤクルト良い野球してますよね。
機動力野球・ボロボロの中継ぎ陣を立て直すと、今シーズンカープがやりたかったを実現しています。

シーボルは残念ですね。
もうさすがにシーボルが残念な選手という事にベンチも気づいたのではないでしょうか。

次の質問の答えですが、はっきりとお答えできる事は「最下位にはならない」と思います。
そこは安心してください。

どうしても眠れないのでしたら、生放送では観戦せずに試合を録画し後で振り返るスタイルを何日か取ってみてはどうでしょうか。
この6連敗のすべての試合を試合開始から生放送でバッチリ見れる人は、相当な精神的にタフな人だと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おっしゃるとおりです
交流戦で日程が開き開きでルイスをフル回転させて
勝ち越しをもぎ取りましたが
今回は貼ったメッキが豪華版なだけで
中身は・・・・・・・・・・。

横浜やヤクルトがカープ戦になると俄然張り切るわけがわかります
ちゃんとやってれば負けない相手なんだから。

赤ヘルマンさんお久し振りです。
カープ崩壊寸前ですね。
シーボルは流石に限界でしょう。
たらればですが、松本奉文がいたら…。
てか比嘉、甲斐、山本芳彦らがなかなか一軍レベルに達してくれないのが頭が痛いッスね。
岡上を切るのは一年早かった気がします。
それよりも投手層の薄さが深刻で牧野には期待したいところですが、先発の谷間かロングリリーフってところでしょうかね。
トレードや新外国人でピッチャーがまだまだ欲しいところですね。
でもカープフロントに期待は無理ですから。
現有戦力でこの絶不調を乗り切るには若手の勢いかベテランの力だとは思うのですが…。
若しくは、赤松や天谷といった明るいキャラの勢いでしょうか?
守りが下手でも松山を一軍に持ってこれないですかね?
他にも、二軍のピッチャーで齊藤以外に誰か出てこないんですかね?

自分はヤクルトがこれだけやるとは思ってませんでした。
前田健や齊藤に実績がない様に、村中や増渕に実績がなかったし、他も病み上がりばかりで開幕前は計算できなかったです。
でも、今の働きをみたら素晴らしいですね!
ヤクルト投手陣の調子が上がっていく要因は、役割の固定でしょうか?


そろそろ大学の夏休みになるんで、地元開幕以来の市民球場へ観戦に行こうかと思います。

前田健や齊藤にかなりの高いハードルを設定して、そのレベルに達してないと上げはないけど、
ヤクルトは 投げさえてみて悪かったら落とす また上げるをやってる。
投手本人も上で投げて課題を持って下で調整できる。
それが若手の成長につながり、ヤクルトの原動力になっているのでは。
(しっかし、宮崎あたりは1軍レベルでなくても最初から上だったような気がする)

オリックスからサード候補の田中内野手がトレード入団。
以前、ここで シーボル不要で小窪と書かれてましたが、
どうやら小窪サード可能性は低そう。
自分は二遊間レギュラー目指してほしいのでかまいませんが、
梵が2軍落ちしている間にどれだけの存在感を示せるかが正念場。
また、梵がどれだけ下で立ち直れるか、今だ手薄なサードと比べ二遊間が熾烈な競争になりましたね。

カープはなぜ横浜に弱いのでしょうか?
いまいち理由が掴めません。

それよりルイスはどうなっているのでしょうかね……
オールスターに出れるのでしょうか?

ゆういちさんコメントどーもです。

弱みに付け込むのはスポーツの鉄則ですからね(笑)

あと、崩れてから立て直せるのチーム力が問われますよね。
ブラウンカープは3年連続大型連敗しています。

ヤクルトぱ交流戦頃、先発が崩壊状態になり横浜の状態に近くなった時がありました。
崩れている時にチームを立て直せる力、これも指揮官の力が大きく左右する気がします。

カツ丼さんコメントどーもです。

松本奉文・澤崎・小林幹英の3人は今でも現役選手としてカープに力になれるかもしれませんね(笑)
特に松本奉文は3割の打率を残して戦力外と訳がわかりませんでした。
チーム方角の優先順位がよくわかる戦力外の年でしたね。

現状を打破するにの1番良いと思うのが3番緒方、もちろん松山を1軍に上げるのもありでしょう。
そしてシーボルを使わない事は言うまでもありません。
シーボルは打撃力うんぬん以前にあんな弱弱しいキャラはチームが調子悪い時にはマイナス要素にしかなりませんよ。

2軍の投手では現状斉藤・篠田・広池・林・青木勇人・大島・長谷川くらいしか1軍で使える投手はいないでしょうね。
苦しい投手層です。

ヤクルトは開幕前多くの評論家が最下位予想していました。
このヤクルトの快進撃って現代野球の変化をよく表していると思うんですよ。
「先発完投型」の時代から「リリーフ重視」の時代への野球スタイルの変化。
それをとことん実践したのが今年のヤクルトです。
勝ちパターンの投手ではなく、トライアウトで獲得した萩原・高齢の松井や崖っぷちの鎌田などを敗戦処理・ロングリリーフで使ってるあたりも立派なリリーフ組織が出来ています。
注目の高卒ルーキー、由規は2軍で好成績を出しても、1軍の先発投手陣が火の車でも1軍に呼ばれませんでした。
おっしゃる通り投手陣の役割がきっちり出来てます。

このヤクルトの投手起用法は、リリーフの差別化が出来ないブラウン、高卒1年目の4・5月から河内・苫米地をバンバン登板させた達川と比較するとはっきりとその差がわかります。
達川が梅津や五十嵐を「先発に」と発言してたのを解説で聞きましたが、こういう考え方もこれまでのカープの投壊に関係してると思うんですよ。

今のヤクルトからカープは学べる事はたくさんありそうです。
去年のヤクルトは広島同様リリーフ陣は崩壊してしましたし、オフにはチームの投打の柱が移籍しました。
チームの打の柱の宮本・青木もこれからオリンピックで抜けます。

ブラウン監督も含めカープはヤクルトに負けたら何も言い訳できません。
むしろ、宮本・青木がこれから抜ける事を考えればヤクルトは1番負けてはいけない球団と言えるでしょうね。
ヤクルトに最終成績で負けたら文句なくブラウンはクビでいいでしょう。

スーちゃん さんコメントどーもです。

今のヤクルトの投手組織作りの上手さは考えれば考えるほど上手いと感じますよ。
投手陣の入れ替えは鎌田・松井のところが中心であとは先発5・6番手あたりを動かしていますね。
病みあけの川島を好投したのにもかかわらず日程が楽な交流戦で1度2軍で休ませたり、村中・増渕は試合を壊す試合が何度かあるのに育成も含めて我慢して1軍で投げさせる。
万が一の事を考えて2軍に先発・中継ぎで実績あるベテランを配置させて(木田・遠藤)、高卒ゴールデンルーキーは我慢して2軍で育てる。
本当に理想な投手陣構成です。
打撃では機動力に犠打とブラウンカープにあちらこちらで求められる戦法を見事に実践していますね。

田中が出てくるまでには時間がかかりそうですね。
僕はシーボル使うくらいなら小窪・松本の3遊間を作って欲しいです。
それくらい今のシーボルはチームにマイナスにしかならないと思いますね。

ノライヌさんコメントどーもです。

なんで横浜に弱いんですかね(笑)。
きっと、巨人にボコボコにされてしまったストレスをカープやヤクルトに全力でブツけているのでしょう(笑)

ルイスはどうなんでしょーかねー。

>田中が出てくるまでには時間がかかりそうですね。
>僕はシーボル使うくらいなら小窪・松本の3遊間を作って欲しいです。

松本登録抹消されましたね。
バントぐらいしか見せ場なく、喜田、田中を上げる前の谷間上げだったのか、
次チャンスが巡ってきた時はモノにしてほしいですね。

田中の初打席あわやホームランでしたね。
タフな中継ぎ新外国人投手も獲得しましたし、未来のないシーボル使うよりは喜田剛・田中を使った方が良いと思いますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/219-7b03c65b

 | HOME | 

Calendar

08 « 2017/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。