2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからのカープの分析

この「これからのカープの分析」の記事と「カープ試合分析を分析」の記事にてしばらく新規更新を止めにします。
その中で「これからのカープの分析」の記事は状況に合わせて追加・修正もしていく予定なので、この記事を当分頭に置いておきます。
更新がなかなか出来なくなる理由に関しては「カープ試合分析を分析」の記事でご覧ください。
この記事ではこれからのカープに対しての僕が思う不安点、そしてその解決策を書いていきます。
そして今後のカープの戦いの中でどうしても僕が指摘したくなった時はこの記事に随時追加していきます。

まず野手に関してですが正直ブラウン政権になってからは突っ込みどころ満載でしたが、最近はかなり良いカタチになってきたように思います。
その要因は開幕から問題であった2番に東出が固定できた事と機動力野球がここに来て存分に使えている事でしょう。
その中で要望を出すとしたら赤松の盗塁がまだ足らないような気がします。
100%の成功率なのですからもっと初球から大胆に走らせても良いと思います。

捕手に関しても石原と倉の併用で問題なし、第三の捕手なんて要りません。
現在多少問題なのは三遊間の層の薄さでしょうか。
ここは梵が調子を上げてくれれば解決する問題なので、他の選手が割と今当たってきているので今しばらく我慢して梵を使っても良いように思います。
木村はサブだからこそ生きる選手ですし、状況によっては松本高明を上げれば良い事でしょう。
シーボルは要りません。
全体的に野手は代打陣も含めここに来てメンバーが出来上がってきてる要素が強いので、2軍との入れ替えもこれからもほとんど無くて良さそうです。
僕が思うに今の1軍メンバーに怪我人が出なければ松本 井生 中谷 松山以外の野手は今シーズン必要ないように思います。

一方投手陣は交流戦が終わればまたすぐにでも崩れていってもおかしくないような状況になっています。
その最大の理由は先発投手陣の不安定以外なにものでもありません。
ルイス以外の投手は投げてみないとわからない状況で、かなりこの交流戦の4連戦という日程に助けられた感が強いです。
先発が早い回に崩れると言う事は必然的に中継ぎに負担が多くかかるわけであって、その中で横山・梅津といった比較的試合間隔が狭く使われ始めると崩れやすいようなタイプの投手が、交流戦前にはキレがなくなって来ていた状況の中で、交流戦のゆとりある日程によって復活した事は大きいですね。
しかしそれ=6連戦が始まってからはまた去年の夏以降の中継ぎ陣と同じような状況が来ても全く不思議ではないようにも思います。

僕がここ何年かのブラウン采配を見ていて気になるのが中継ぎ投手陣の「平等過ぎる」扱いです。
たとえば先発が早い回で崩れた試合が何試合か続いた中で、中継ぎ陣を連戦投げさせなきゃいけない状況で、ブラウンはこれまで平等に中継ぎ投手を使い分けてるパターンが多いように思います。
今シーズンの中でもそれを感じたのが5月7・8日の中日戦です。
5/7、8回裏3点ビハインドの展開のなか岸本が5失点と打ち込まれ試合を決定付けます。
その翌日の5/8、またもや一方的な展開になり7回を終わって0-7、ここで8回裏にカープは梅津を起用します。
いやいやここは岸本でしょう。
横山・梅津と安定した投球を開幕から見せている投手ですが使い込めば崩れやすいという事は交流戦が始まる前を見ればわかります。
今後のカープが戦っていく中でこの二人の存在は必要不可欠、だからこそ崩れる傾向がわかりやすいだけに考えて使って欲しいです。
そして逆に敗戦処理的な役割にいる投手は少々ハードに使うべきだと思います。
去年の阪神の橋本や序盤の渡邊あたりの起用法は極端ですけど、層の薄い勝ちパターンの中継ぎ陣を守っていくには「リリーフ陣の差別化」は絶対に必要です。
このへんは中日の落合監督は抜群に起用分けがうまい。
逆にブラウン監督は、1年目にシーズン途中から先発に回したベイルを無失点ながら4回で降板させたり、中継ぎ兼先発をやっていた広池も無失点ながら3回・4回で交代という温情的な采配が見られました。
今の時期に3位の位置が見える今季はこういう温情的な采配はいりません。

たいした投手層も無いのに、「皆♪皆♪」ってやっていたらまた今年も投手陣総崩れになりますよ。
これに付け加えて言うなら先発投手陣もそうです。
例えば先発で失敗が続いた投手はすぐに2軍に落とすのではなくて、中2日だろうが中3日だろうが一方的な試合になった時の為のロングリリーフ要因として1軍にしばらく残留させる。
このへんは罰ゲームのような感覚で位をつけて良いと思いますね。

また今の勝ちパターンの中ではシュルツは試合間隔を詰めて登板させても問題ないと思います。
逆に横山・梅津は極力間隔が詰めすぎないようにする。
横山に関しては絶対に敗戦処理的な展開では登板させてはいけないような投手です。
それくらい永川と同じくらい今後のカープの中では心臓的投手です。
これでもかってくらいこれから横山には気を使って起用していって欲しいです。

そこでここまで書いた中で改めて現在の投手陣構成を書いてみると

先発 ルイス 長谷川 高橋建 前田健太 おおたけ? /大島
中継ぎ 横山 梅津/ シュルツ 青木高 /上野 ○○
抑え  永川


とこんな感じですよね。
高橋建が登録抹消され現在は投手枠なんと11ですが、4連戦の交流戦が終わればまた交流戦前同様に13枠になるでしょう。
先発と中継ぎを/で分けましたが先発6番手と中継ぎの1番右側にいる2投手、この投手達は厳しく使われる投手であるべきです。
6番手の先発は敗戦処理をやったり中3日や4日で先発も時として使われる便利屋、中継ぎの1番右は3連投・4連投関係ねぇとチーム縁の下の力持ち的な役割です。
この使い方がここ2年ブラウン監督は出来ていないなと個人的に感じるので、ここを考慮して今後は采配をしていって欲しいです。
またこの酷のポジションは1・2軍の入れ替えも頻繁にやってくべきだと思います。

そしてそれをやっていくのにちょっと疑問に感じるのが2軍の投手陣の構成です。
先発陣に安心が出来ない中、現在2軍の先発陣で1軍に上がれるレベルなのは宮崎くらいです。
相澤・今井・中村が先発してるようですが、正直今年1軍に上げれるレベルじゃないでしょう。
もちろん育成は大切な事ですが、現状1軍で先発やロングリリーフの要素が心配である中、この配置は効率が良いとは言えません。
現在順位が3位を狙える位置なのだからこのへんは今年は1軍の条件に合わせて欲しいです。

そしてその代わりの2軍の先発には1軍先発実績を残した経緯がある広池・森・小島に状況によってはとこの4人の中から2人は先発で調整させた方が良いように思います。
特に広池はすぐにでも先発にさせた方が良いです。
そして彼等が1軍に上がるとしたら宮崎も含め先発6番手か中継ぎの便利屋のポジションです。
こういうポジションは「下手するとオフ危ないぞ」的投手が適任ですよ。

中継ぎの梅津・横山の起用もそうですが今の投手陣だとどうも先発が立て続けに崩れた時の処置が出来ない状態になっています。
そうならないためには先発の交代要員が何人か2軍にいる事、そして便利屋やロングリリーフの出来る投手がブルペンにしっかりいる事がとても大事だと思います。

野手陣にある程度カタチが見えてきた今、カープが上位争いに生き残る為には総薄い投手陣が崩れないようにする事が1番のポイントです。
後半戦は日程も気候も厳しくなっていきます。
それに負けないためにはあらかじめしっかりとした投手構想・対策は必要不可欠です。

それと何日か前にニュースになった新外国人選手の話題ですが、獲得するなら絶対に投手でしょう。
長打の外国人野手って今さら何をおっしゃるのですか。
マクレーンなんていらないいらない(巨人アリアスの臭いがプンプン)。
マクレーンは髪型は薄いですが、今のカープが薄いのは投手層です。
今のカープの補強に必要なのは
ルイスのような髪型の野手ではなくてルイスのような投球が出来る投手です。
トレードで完全な当たりの選手を獲得する事は難しいですが、新外国人選手なら十分ありえます。
現在の投手陣を考えれば、左のリリーフ投手か試合を作れる先発投手のどちらかでしょう。
このへんは細かくは試合を見ていないだろうオーナーに、それこそブラウンが夏以降の投手陣の成績データを資料にまとめて説得して欲しいですね。
三塁手補強したいなら、新外国人野手ではなくてトレードで獲得するべきでしょう。
新外国人投手を獲得した中で、三塁手がそれでも欲しいならトレードで種田・吉岡・塩崎あたりを狙うような方角を獲れれば良いと思うんですけどね。
即戦力のベテラン野手を獲得すれば「おおっ!球団今年に本気だ!」っ球団の下がってたイメージも大きく上げれると思いますよ!
今年もグッズがバカ売れしてるんだしちょっと頑張って見ましょうよカープフロント!!
種田獲得してグッズ作って売ったら、あのキャラだし売れるかもしれませんよ!!

現在のカープの戦力で6連戦が続く後半戦に入っていく中で3位はかなり厳しいものだと思います。
少なくても前監督の山本氏やその前の監督の達川氏が監督でしたら、まず不可能な順位でしょう。
しかし、ブラウンなら可能性はメチャメチャ低いですがもしかしたら出来るような気が僕はするんですよ。
ブラウンは色々と自分のやりたい事をやろうとする監督です。
その中で失敗は何度もあります。
しかしブラウンという人はバカみたいにやろうとした事を失敗した後にそれまでの方角がなんだったのかって言うくらい急修正するような監督なんです。
それこそがこの監督の最大の長所でしょう。

最後にもう一度書きますが、これからブラウンが考えるべき思考は「リリーフ陣の差別化」です。
1・2軍でそれが生きる投手構成を作り、現場はフロントに「新外国人投手が欲しい」としっかり意思を出し、フロントは三塁手を獲得するならトレードで獲得する。
これが出来るならば、機動力野球が使えるようになってきたうえに明るい雰囲気にチームがなっている今だからこそ、薄い戦力層という現実を打ち破って奇跡が起こるかもしれません。
これから季節は夏本番になりますが、これからのカープに強く期待します!!

コメント一覧

今後の鍵を握るのは、やはり大竹だと思います。
前回の登板と今回の登板、味方が得点した後の回とそうでない回。
この違いに大竹が一皮剥ける鍵があるのではないかと思っています。

そのためにも、関係者(倉・石原・大竹・植田コーチ・マーティーあたり)で技術面・精神面で良い時悪い時の分析をキッチリ行ったうえで2軍に半月程度落として調整すべきと思います。

今のままでは登板=負け試合となってしまいますし、後半必ず必要となる投手ですから、早いうちに手を打って欲しいと考えてます。

だー さんコメントどーもです。

そうですね、なんだかんだで大竹の存在は今後の鍵を握りそうですね。
先発層も薄いですし大竹がこのままならカープの浮上もない気がします。
ミニキャンプを張るには今は絶好の時期でしたがそれを逃してしまいましたね・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/214-8316ec0a

 | HOME | 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。