2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バランス良い勢いのあるカープ

快勝です!
3位です!


いやー、ホームゲームで圧倒的強さを誇る楽天・日本ハムに2勝2敗は出来すぎですよ!
特に最後の試合がダルビッシュに勝つってどれだけ勢いのつくような勝ち方なんですか!
涌井にもダルビッシュにもドミンゴにも勝ちました!
ここ近年のカープは鯉のぼりの季節まででしたが今年は交流戦に入っても好調です。
というより交流戦をダシに使ってチームが整備されていってます。
ここまでの結果はたまたまではなくチームが整備されてきた事が要因でしょう。
攻守・・・そして采配とこの短期間にここまでバランス良くなってくるとは想像もできませんでした。
まずは投手陣ですが

先発  ルイス 高橋建 大島 長谷川 篠田 
中継ぎ コズロースキー 青木高  横山 シュルツ 梅津
抑え  永川
崖っぷち  1人


と開幕頃から考えるともの凄くバランスが良くなりました。
その最大の理由はキャンプでは絶望的状況であった永川の早期復活でしょう。

開幕前はコズロースキー・横山のダブルストッパー構想でスタートしました。
しかし横山は丈夫とは言えないタイプのうえに唯一ロングリリーフが出来るようなタイプ、コズロースキーは左キラーのリリーフとして使うのが理想と当ブログでも強く書いてきました。
それが今、現実の構想になっています。
左のリリーフがいなかった時期がありましたが、今はコズロースキーに加え青木高もリリーフに回っています。
高橋建・篠田・大島が完全な先発向きのタイプという事から、青木高は先発が理想ですが今のチーム状況なら中継ぎに回るべきでしょう。
ブラウン監督が開幕前に発言していた「右サイドリリーフ1人だけ発言」も実現しています。
この永川に開幕前から帰国も心配されていたシュルツ、さらには同じくキャンプで出遅れていた篠田と開幕前には計算できなかった投手が今1軍で良い状態で投げれている事がとにかく大きいですね!

あとはやっぱり打線采配の変化でしょう。
今はとにかく打線のカタチが綺麗です。
梵・石原2番・東出8番が懐かしく感じてしまうほどの打線のバランスです。
そして開幕頃は見られなかった機動力野球の実現化もしています。
俊足の選手だけでなく、アレックス・栗原あたりも盗塁するチームなど他球団は本当脅威でしょうね。

これからの打線采配の事で指摘するならば今のカープならば調子の悪い選手を我慢して使う必要はないと思います。
ただしその中で、スタメン交代するなら同じタイプでするべきだと思います。
2番の仕事を完璧にしている東出は固定、他に代わりがいない栗原は固定せざるえないでしょうけど他の打順は固定する必要はないと思います。
1番は赤松・天谷の超俊足のどちらか、3番はアレックスか緒方、5番は前田か緒方か喜田剛、下位にショートに梵か小窪、捕手は下位で石原か倉と調子の良い選手を使いつつも、打順のタイプのカタチはある程度決めてた方が良いと思うんですよね。
打順のタイプのカタチが出来れば今のカープの打線ならこれからも本当に面白いと思います。

それと開幕前同様外野手枠の激しい争いが交流戦でも繰り広げられそうですね。
基本投手枠13のところ交流戦の日程から現在は12枠ですが交流戦が終わればまた戻るでしょう。
そうなった時に野手枠のバランスから間違いなく落ちるのは外野の1枠です。
おそらく嶋・森笠・廣瀬のうちの誰かでしょう。
カープは外野のスタメンレベルはともかく外野層に関しては間違いなくセリーグ1番でしょうね。

ただ交流戦のゆとりある日程とパリーグが例年よりもレベルが全体的に下がってる事も大きな要因な気がします。
特に日程に関しては例年になくこれまで雨天中止もあり、後半戦は日程がかなり厳しくなっているので今の現状戦力に満足せずフロントには投手陣の補強をまだまだして欲しいです。
この2試合日本ハムが野手が足らなくて足らなくて仕方ない状況に見えたのは僕だけでしょうか。

しかし、今のカープの現状を見てると本当にカープ試合分析をやってきて良かったと強く思いますね。
最近は仕事が忙しくなかなか更新出来ませんが、少しでも何かまた指摘したくなったらこれからも厳しく書いていきたいと思います。
それがあるからこそ「カープ試合分析2008」だと思いますしね。

コメント一覧

快勝 解消 改称

すっきり勝って、交流戦の苦手意識を捨て去り、負けグセから勝ちグセへ・・・
快勝 解消 改称ですね。

今日は今シーズンの中で一二を争う好ゲームでした。
起承転結もあり、ドラマチックに観戦できました。

またホームですね。
尾道も福山同様ガラガラならば、来年からの遠征はなしにしていいのでは?と思います。

あと、質問です。
そよぎって守備での併殺取れませんね。
6-4-3の場合は補給位置が後ろすぎることが気になります。
4-6-3の場合はスライディングに異様に反応しすぎるような。
そんな感じがするのですが。
赤ヘルマンさんの見解を教えてください。

大竹…(´・ω・`)
確か開幕投手だったのに…w


いやー、去年僕が応援幹事やっていたときに、今日のようなゲームだったら、どんなにもりあがっていたことか…w


カープ、いい感じですよね!
千葉マリンではよろしくお願いします!

奥の深い分析、いつも楽しみに拝見しています。
今年の交流戦は楽しみが多くてとてもいいです。

気になるんですけど、ダルビッシュ投手は2段モーションじゃありませんか。私の思いこみ過ぎでしょうか。分析をお願いします。

いやぁ今年は永川次第と予測通りになってますね
永川が帰ってきてから投手陣の活性化が手に取るようにわかります
(崖っぷち1人を除いて)
これでコズと横竜のWストッパー構想もなくなり
コズと横竜は中継ぎに戻りました
右サイドも青木勇が落ちたため現在は1軍に1人
2軍で林と青木勇が控えているのって
去年では考えられないレベルですね
あとは梅津が燃料切れ起こす前に林をしっかり調整させなくてはですね

昨日の試合σ(゜∀゜は超攻撃的布陣でいくのかと恐れていました
日ハムは試合巧者で正攻法で打てないとバントや足を使ってでも
出てきます、現に普通の内野ゴロでもギリギリアウトが目立ちましたよね
紺田のバントや稲田のボテボテもそうですが
日ハムの選手は全力で走ります、ファンブルしたらもう間に合いません
だからこそ昨日の守備体系は良いと思いましたねw

サードファールフライをフェンスまで追いかけて
目測誤って飛んで右手で捕ろうとしたキムショーwwwww
危ないからヤメテwwwww

確かに去年に比べてかなりいい感じですね。

ダルビッシュがそろそろ乱れるという僕の予想も当たり、尚且つ、ルイスの安定感ある投球!
そして何より永川!!
欲を言えばキリがないのですが、やはり三人でピシャリとしてほしいですが(笑)
去年の今頃は梅津が日ハム戦敗戦後に泣いていたのが嘘のようですね!

まだまだ、交流戦一位を狙えるので頑張って欲しいですね!

確かに層は厚くなりました。
去年と違い、一選手と心中する必要が全く無くなりましたね。
一軍半の選手がかわるがわる与えられたチャンスで結果を出してるのが
今の好調の原因だと考えてます。

永川の奇跡の復活も大きかったですし(本気で諦めてました)
後はトップバッターの確実性が増せば
十分にAクラス入りできるんじゃないかと考えてます。

最後に、野手が足らない日本ハムが昨日のルイスから
2点もぎ取った野球が出来るようになれば
毎日安心して観戦できるのですが。

しばらく更新されていないうちに
書いた記事が絵に描いた餅になってしまいましたね(´д`)
昨日は篠田が炎上し今日は建さんが燃え尽きました
そしてコズと篠田が2軍に落ちて上がってきた上野とマルテがダメ
これでバランスの良い投手陣が崩壊しました

やっぱり期待すると負けですね
少しでも期待したσ(゜∀゜が馬鹿でした。

かーぷFAN さんコメントどーもです。
返信が遅れてすみません。

今シーズンは去年と違ってドラマチックな展開での勝利が多いですね。

梵の併殺処理は去年は梵-東出の二遊間がセリーグで1番併殺処理成功が多かったですよ。
今年は梵は怪我でキャンプではほとんど守備練習してませんでしたから、それも影響してるのかもしれませんね。

ひろさんコメントどーもです。

千葉マリンではお世話になりました。

札幌ドーム・千葉マリン・西武ドームと去年まで相性の悪かった場所でも良いカタチで今年は勝てましたね。
逆に交流戦が空けてからの暑い暑い広島連戦の方が心配になってきました。

愛 さんコメントどーもです。
返信が遅れてすみません。

いつも当ブログを見てくれてるとの事でありがとうございます。

ダルビッシュは個人的には二段モーションには感じませんでした。
特にセットポジションでは全く問題ないですね。
ダルビッシュくらいの間でアウトなら梅津あたりもアウトになってしまうと思います。

ノライヌ さんコメントどーもです。
返信が遅れてすみません。

ルイスと永川の存在が崩れかけているチームを救いましたね!
精神論とか全く無意味になってしまうのが投手力です。
そういう意味でこの二人の充実ぶりは沈みかけたチームを立て直すほどまで大きいです。

MERCURY さん コメントどーもです。
返信が遅れてすみません。

>去年と違い、一選手と心中する必要が全く無くなりましたね。
>一軍半の選手がかわるがわる与えられたチャンスで結果を出してるのが
>今の好調の原因だと考えてます。

これ全くの同感です。
半レギュラーの選手で調子の良い選手が結果を出しているのが大きいですね。
チャンスをものにした選手が使われている感じがします。
あとはやっぱり機動力野球が使えている事でしょう。

まあ、投手層は厳しいですがそれを補うくらいの打撃力で後半も踏ん張って欲しいですね。

ゆういちさんコメントどーもです。
返信が遅れてすみません。

確かに期待すると崩れるがカープですね(苦笑)
しかしルイスと永川の存在が崩れかけたチームを再び立て直しているように見えます。

篠田はともかくコズロースキーはチームにとって必要不可欠なタイプの投手なんで再び良い状態で1軍に上がってきて欲しいですね。

上野は見ましたけど去年よりも球のキレでヒドいですね(苦笑)
マルテはノーコメントで。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/211-ec2616c4

 | HOME | 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。