2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻撃的ベストゲーム

本日の試合は投手陣は別として打撃陣としてはベストゲームだったのではないでしょうか。
1・2番が機動力を使う、4番・新外国人が打つとシーズン前に期待したかった事が存分に出来た試合でした。
これまでの試合では俊足の1・2番を走らせない、4番が打てない、新外国人が打てないって試合が本当に多かったですからね。

最後の天谷・木村のダブルスチールは下手すれば相手に流れを与えるくらいのギャンブル的采配なので調子に乗ってこれからも使うような采配は止めて欲しいですが、序盤の赤松・東出の盗塁成功はこれからのカープの戦い方に大きな力を与えてくれた気がします。
好投手グライシンガーのリズムを機動力で大きく狂わしましたね。
特に赤松の存在が大きいですね。
この日で6盗塁になりますが盗塁成功率は100%で、去年も阪神で8/8の100%であり、これで14回連続1軍で盗塁を成功しています。
守備でもその走力が生きており、この日の試合でも倉が5回表に同点本塁打を打った直後の5回裏の巨人の先頭打者木村拓が打った左中間の打球を赤松にしか捕れないような快速捕球でアウトにしました。
これが抜けていたら2ベースでしたでしょうから隠れたスーパープレーでしたね。
開幕前から赤松を2軍レベルと言ってた人は相当なアホだったのでしょうね。
赤松の場合テレビの前からではわからないような部分での力が本当大きい選手ですよ。

昨日は前田が本塁打打った後に手を叩いて嬉しそうに笑顔でベンチに帰ってましたし、今日は梵が犠飛を打った後に嬉しそうに笑顔を見せていました。
決勝打の栗原の表情を含め、チームの雰囲気は良くなってきたと思います。

ただ、現実を見てみると相手が今の巨人だからというところもあり、今の中継ぎ陣の現状じゃ苦しい戦力である事は間違いありません。
その中で問題であった打線が嘘のように活発になったきた今です。
弱い投手陣を補うくらいに打線が打ち・・・そして走りまくる。
明日が終われば交流戦になりますが、交流戦は比較的に日程が楽な事と、パリーグのレベルが去年より全体的に低いので、去年までカープが苦手な交流戦ですが、今年は逆に貯金を作って欲しいですね。
というより、交流戦でそれが出来なければ今の投手層じゃまず3位は厳しいと思います。

打順・機動力・そして団結力。
当ブログでも開幕してから指摘してきた事がかなり今は良くなってきてると思います。
投手力が弱い事は開幕前からわかりきっていた事なので、ようやく打線がカタチになってきた今、明日も今日のような打撃陣の活躍を見たいですね。

コメント一覧

こんばんは。
開幕前から投手陣に課題がある事は解っていただけに
「足を絡めた」攻撃陣の奮起に勝機を見出すしかない事も解りきってましたが、
ようやく形として見えてきた試合でしたね。
惜しむべくは巨人戦限定という点ですが・・・。

赤松選手が守備面と走塁面で期待通りの活躍を見せてくれている上に、
ようやく打つ方でも形になってきた分、センターで固定できる目処が立った点は
実に大きいと感じています。

もっと足で仕掛けて相手に嫌がられる試合運びができれば、
あわよくばAクラスに手が届くかもしれませんね、期待しましょう。

こんにちは久しぶりに興奮しました
やはり足を絡めた野球は相手ピッチャーにはすごいプレッシャーですよねえ
コレからどんどんやって欲しいですね

でも中継人やはり・・・・疲れでしょうか?そろそろ入れ替え含めて再編成必要でしょうね
でも永川良い感じですね。
自信を持ってフォーク投げてるし
ただ10回のソヨギの犠牲フライシーボルなぜ3塁に走らないの?
と思ったのは私だけでしょうか??

守護神クルーンから同点劇→アゴ魔人から逆転劇でお腹が一杯ですね
結構足を使って揺さぶってグラシンやクルーンを惑わせたのは
高評価ですね。

9回裏のダブルスチールですが
あれは本当に勝つか負けるかの賭けでしたね
あれが1・2塁で赤松→東出なら多分負けてました
1・2塁を2・3塁にすることによってフォークを投げにくくした
(あの日フォークは決まってなかったが投げないよりはマシ)
1・2塁ならばフォークを交えて投げれば赤松は簡単に三振
東出も当てるだけで精一杯のバッティングで終わっていたと思います。
(めっちゃ結果論ですが)
勝負どころは打者だけにあらずで
走者にもあるってことですね
同点打の東出もさすがですが1番の殊勲はあの場面で臆せず走れた
天谷だと思います。
タイミング的にはアウトでしたがタッチが弱いおかげで助かりました
前にも荒木の盗塁でタイミングアウトなんだけど
梵のタッチが弱くてセーフになった事がありましたが

ああいう細かいところも大事なんですよね

逆転劇でうかれてますが
中継ぎ投手の疲労+層の薄さが浮き彫りになってきましたね
大体カープには火消し役という投手がいない
満塁のピンチで梅津・林と結果を出せませんでした
(中継ぎ用のルイスをダビングしてほしいくらいだw)

大ピンチでマウンドに立って抑えて帰ってくるような・・・・・・
こればっかりはトレードでは得られない選手だと思うので
今年のドラフトでなんとか獲得してほしいですね

今年は巨人戦限定でカープはノビノビプレーしています
他のチームでもこれくらいノビノビやれればいいんでしょうが・・・・・
他のチームだと巨人ほど隙がないんでしょうねぇ
他のチーム相手でも昨日くらいのノビノビ感が出せれば
頼もしいチームになれるんですよね
このチームじゃ優勝できないと出て行った選手を見返すためにも
阪神戦でもノビノビやってほしい!!
金本と新井に意識・遠慮しすぎ!!

本当は4点で勝負ありの試合にしないといけないのですが。
林は崩壊する事無く頑張ったと思いますよ。
この試合がもつれた伏線は篠田、倉の左打者に対する配球が
外角一辺倒だったことだと思いますよ。
そこを阿部に読みきられていいようにされましたからね。

それと赤松は守備範囲が広いですねぇ。
昔「守備範囲は地球の1/3」という触れ込みの外人がいましたが
彼はそれくらいの事を言っても良さそうです。
ただ、打撃は5回がお粗末でしたね。
あそこできっちり内野ゴロを打って、
篠田とランナーが入れ替わる事が出来ないようではまだまだですね。
そこができてればもう少し楽な展開に持ち込めたかもですね。
強いチームとの差はここにあると思ってます。

赤むらさきさんコメントどーもです。

そうですね。
投手陣というより投手層が苦しいだけに今ようやくカタチになってきましたが、正直ちょっと遅すぎた感じもします。
交流戦は阪神と中日とも当たらないので今の勢いでそのまま突き進んで欲しいですね。
そうは言ってもやっぱり野球は投手陣が第一ですので交流戦の期間にどこまで不調の投手陣が回復できるかもポイントになりそうです。

いつもブログの方も楽しみに見させてもらっています。
これからもお互い頑張っていきましょう。



ノッシーさんコメントどーもです。

シーボルの件同感です。
永川は開幕前からは信じられない復活劇でカープ投手陣の救世主になってますね。
機動力野球は見ていて楽しいですね!!

ゆういちさんコメントどーもです。

そうですね。
細かいプレーは大事ですよね。

なにげに目立ちませんがアレックスのゴンザレスのタイムリーエラーを誘った1塁への全力疾走、こういう事も大きいと思います。

中継ぎ投手はまず使い勝手が効く投手が1人入るだけでも全然違いますよ。
とりあえず不調な投手を2軍に下げやすくするためにも補強は必須だと思います。
去年の秋のように中継ぎ全投壊してる中で2軍で上げれそうな投手がマエケンだけみたいな状況が今年も来れば何も語れない日々がまたやってきますよ。

まあ、今のカープの力では相手は巨人・ヤクルト・横浜なのでしょう(笑)

MERCURYさんコメントどーもです。

配球に関してはよほどじゃない限り自分は言及しないスタイルです。
だいたい配球論が出てくる時というのは打たれた時にしか出てこないものだと思ってます。
配球が極端に偏って失敗が続く時は別ですけどね。

赤松の守備範囲の広さは生観戦するとビビリますよ。
赤星より足が速いというのも納得できる脚力です。

まー、赤松に荒木や井端の打撃をすぐに求めるのはちょっと酷ですよ。
そのうち出来るようになるんじゃないでしょーか^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/205-bab9c8b3

☆対巨人8回戦「仕掛けてつないで4番が決めた至上の赤紫丼」

勝負の世界では、つくづくメンタル面が結果を左右する という事を痛感させられた試合。 中日、阪神相手だと呆気なくねじ伏せられる攻撃陣...

 | HOME | 

Calendar

08 « 2017/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。