2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中日戦惨敗 セイバーメトリクスの失敗

本日の試合ですが中日に完敗でした。
昨日の試合もカープは精一杯戦ってるのに対して中日はなぜか余裕を感じるんですよね。
栗原とウッズどちらも不振で得点圏打率も低いですが、それでも良い戦いが出きている中日の方が遥かに戦力が上なのでしょう。
チェンという外国人投手が良い内容を見せていますが去年はクルス、一昨年はなんとかスキーとかいう左の長身投手が前半は中日の中継ぎ陣の中で登板が多かったですね。
即戦力投手数人とチェンのような投手を前半に多く投げさせ、後半になれば2軍でじっくり貯めている投手層が出てくる、これが中日の近年の傾向に見えます。
すでにギリギリの中継ぎ陣を1軍に多く置いていて、2軍から上げる投手もほとんどいないカープとはかなりの差がありますね。

正直、中日・阪神とはかなりの戦力の差があります。
ここはもう開き直って巨人・ヤクルト・横浜には勝っていくと決めた方が良いかもしれませんね。
戦力はあるがチームがバラバラの巨人、2軍も含め投手層は厚いが貧打のヤクルト、打撃だけの横浜なら交流戦までの内容次第では微かですがチャンスはあるかもしれません。
それまでにチーム力を作る事が大事な気がしますね。

本日の試合ですが、大竹はやはりエースではないですね。
黒田はこういう苦しい展開での試合では決まったように完投してました。
黒田のように調子は悪くても試合を作る事はやはり大竹には無理なのでしょうね。
勝ち運がなく、負ける時は一方的に負けるって数年前の大竹でも見たような・・・・・。

あと、シーボルですが打てないのはともかくあの覇気の無さを見てるとイラつきますね。
今日も岸本がボッコになってる時、内野陣が皆集まってるのに一人だけサードの守備を動きませんでした。
こういうのってすっごい嫌な光景ですね。
小窪は新人なのにマウンドに行きますし、梵も抹消前からよく投手に声をかけていましたから、経験がなくても小窪をサード、同じスロースタ-ターでも梵をショートで見たくなりますよ。
本当に外国人選手なのかと疑いたくなるほどのウジウジさです。


昨日携帯アスリートの記者さんのコラムの中で以前当ブログでも書いたセイバーメトリクスについて書かれていました。
僕がこの記事を書いたのはブラウン監督の起用を見て、もしかしたらセイバーメトリクス的な考えで起用してるのではないかと思ったからでした。
この記者さんのコラムに寄ると、事実ブラウン監督はセイバーメトリクスを用いて采配をしていた時期があったようです。

1年目の1番緒方・2番前田はその典型的な例だったようです。
おそらく梵2番・石原2番もこの考え方から少なからず来たのかなとも思っています。

コラムの中でこの記者はセイバーメトリクスの弱点を見事に書いています。
盗塁・犠打は数字には表れない、そして何より数字だけで日本人打者を采配するという最大の弱点を指摘しています。
就任1年目、どれだけ1番東出が塁に出た時、2番梵がヒットエンドランを空振りして東出がアウトになったでしょうか。
前田が開幕してから2・3度ブラウン監督に「2番はやめてくれ。」と直訴しました。
打撃が好調な石原を2番に起用して、その後石原が打撃の調子を崩す展開も2年連続です。

当ブログを開幕前から読んでる人はわかると思いますが僕は梵2番も石原2番も失敗した結果が出る前に予言しています。
あと、某カープ掲示板で僕の事を昔から知っている人はわかると思いますが2年前の前田2番も開幕前から強烈に批判していました。
その根拠は、セイバーメトリクスのようなものではとても表わす事の出来ない、日本人選手には1人1人の個性・考え方があるものであって、打順という影響が無さそうなものでもそれがとても大きく関わってくると思ったからです。

開幕前、ブラウン監督は今季のカープの「機動力野球」を明言しました。
しかしセイバーメトリクスな考えをやろうとしてきた監督に機動力野球を実践していく事なんて出来るのでしょうか。
僕は今日のスタメンにシーボルと小窪に代えて、アレックスを緒方に代えるならば毎日かなりワクワクして試合を見ると思います。
それは石原と栗原以外は皆盗塁が出来るメンバーであり、2塁ランナーにいたらワンヒットで返ってきやすいメンバーだからです。
しかし1年目のヒットエンドラン多用、今季のこれまでの全くと言っていいほどの機動力野球の有言不実行具合から本当にそんな野球が今年のカープには見えてくるのかと強く思ってしまいます。

走って走って走りまくるカープ伝統の機動力野球をたくさん見たいです。
しかしこれまでの戦いの中では中日の捕手もカープの機動力に神経をほとんど使ってないでしょう

ここ何試合かのスタメンを見るとデータから判断するハズれたスタメンというのはもう無くなったように感じます。
あとは開幕前から大きな目標を明言してるんですから、今のチームが大きな力になるようにそれを有言実行して欲しいです。
それが出来るようになるなら1つの盗塁失敗も成功に繋がっていくと思います。

何度も言いますが今後もっともっと走るカープ野球を見たいです。

コメント一覧

こんにちはまったく赤へルマンさんの言うとおりです
普通に考えればシーボルはもうあきらめでしょ
小窪の調子がいいのに外すし・・・
大竹は例年通りだし
これなら前健や宮崎、大島ローテーでいいんじゃないかなと思います
スタメンにDH松山、ライト緒方、サード小窪って感じかな?
栗原パットしないなら一度外すか6番くらいにして喜田を使ってみて欲しいですね
最近天谷三番はいいと思います。ただ赤松、ソヨギはポップフライ多いですね
転がして走ってファーボールで出塁など泥臭い昔の正田・山崎・高橋・長島
・西田の頃が懐かしいですね 代走スペシャリストの今井みたいな選手も欲しいな とにかく負けてもいいから走りまくって欲しいです

わしも走りまわる野球がみたいです。
最近1986年の日本シリーズ、対西武戦を見る機会あったのですが、
どちらのチームも走りまくっていました。
とてもおもしろかった。
ホント正田・山崎・高橋・長島 など最高でした。
今のカープは、ただ足が速い選手を使っているだけ。
足の速さがいかされたない。
陸上選手を使っているのと同じだ。
あー胃が痛い。

選手を変えていろんなオーダーをやってきましてけど、シーボル、アレックス両選手はずっとスタメンをはっています。シーボルのダルさ、アレックスの脱力守備ヒヤヒヤもんですよ。松山でも一回ぐらいスタメンで出してくれてもよかったのに・・・。
外国人監督だから、外国人選手には・・・ってこともあるんですかね?
緒方のプレーがみたいよーーー。

僕も同感です。

(開幕直後の)ヤクルトみたいに、これでもか!ってほどにやってほしいのですがね。
シュルツにも投げてもらわないと、勝てなさそうですしね。

シーボルがラロッカ級になる可能性は低いですよね。

小窪も使われませんねぇ・・・
そよぎは相変わらずの守備ですし・・・

完全にリフレッシュするのも効果的かもしれません。
一軍を見てイライラしている選手も多くいるでしょうからね。

ノッシーさんコメントどーもです。

39本塁打打った年のリグスの今の時期の成績は今のシーボルよりヒドかったですから新外国人野手は簡単には判断し辛い事はあると思います。
しかし、今のシーボルを見てると成績が出ないだけでなく今年のカープ野球に当てはまってるも思えない。
天谷を見てもわかるように去年までと違い明るい選手が中心になってる現状であの一匹狼&弱虫に見えるシーボルのキャラクターはチームに良い影響を与えるとは思えません。
我慢するのが嫌になってくるキャラをシーボルはしてますね。

確かに松山と緒方を加えた打線はすごく見たいですね!!
まあでも打線に関しては一時期に比べればかなり改善されたと思いますよ。

kurisuteru65さんコメントどーもです。

そうですね、僕もカープ野球の魅力を感じたのはやっぱり機動力野球ですよ。
特に打って走れる左打者がカープには多かったですよね。
そういう意味では天谷あたりにはかなり期待してしまいますね。
まだまだ伸びしろもたくさんあるでしょうから。

走れる選手がスタメンに多くいても機動力野球を実践しないならば宝の持ち腐れですよね。


名無しのカープファンさんコメントどーもです。

松山はポジションの兼ね合いが強いんでしょうね。
キャンプで見ましたが外野守備は使えるレベルではないです。
現在サードを2軍で本格的に始めてるようなのでここには大きく期待したくなりますね。

シーボルのダルさよりもアレックスの時より見せるなんでもない守備ミスは驚きましたね。
年齢からの衰えなのか、単にライトが合っていないのか。
緒方は僕ももっともっとスタメンで使うべきだと思うんですけどね。

ひろ さんコメントどーもです。

シュルツにも期待はしてますが、もう一人中継ぎで新外国人投手を補強して欲しいですね。
とりあえず、当たり前ですが打者より投手の方がカープの場合は問題ですよ。
一人でも力のある投手がチームに欲しいです。

かーぷFAN さんどーもです。

小窪が使われていくのは時間の問題のような気がします。
梵は毎年この時期は悪いですね。

僕は大きく考えればやっぱり梵の存在は必要かなと思います。

赤星-平野の1・2番コンビには状況に応じていくつかの攻め方があるようですね
1・赤星が盗塁 2・平野がバント 3・平野がエンドラン
赤星が盗塁した後は1赤星が三盗 2・平野がバント 3・平野がエンドラン
と状況次第でこれだけ動けます
赤星は5月に入るとヒットが出なくなりましたが
それでも出塁率が高い、逆に平野は出塁率は低いですが
犠打の数がトップですね。
一方カープの場合は1番打者が出塁した場合
1・2番打者がエンドラン
ほぼこれだけですね(たまにバントもありますが)
機動力というには程遠い
これじゃあ相手バッテリーを翻弄なんてできやしません。

あと気になった事が
1~8番打者の東出化ですかね
最近打撃好調な東出ですが1~8番まで東出ならなんの魅力もありんせん
昨日の試合もそうですが
主軸も含めてみんな当てるだけのスイングになっています
あんなスイングで打ち上げたら外野の頭は越える事はまず無いですね
カラクリ球場ならHRもあるんでしょうが・・・。
もっと力強くスイングしても良いと思うんですが
ケースバッティングがそうさせてくれないんですかねぇ

あと最近の東出のバッティングは一皮剥けた感じがありますね
引っ張る時はちゃんと引っ張るし
センターに打つバッティングも心がけているようだし
レフト側に合わせる感じでレフト前に落とすこともできています

だけども

栗原が当てるだけのスイングしたら~
4番の意味がないですね。

お、ちょうどこの記者のコラムについての批評を自分のブログで時間ができたらしようとしてたところでした(笑)
もちろん、赤ヘルマンさんとは逆の立場でですけどねw
なんで、同じとこに注目しながら見方は真逆ってのがおもしろいなーと思いました。

東出8番のコラムについても、ひとつは俺への挑発でもあると思うのできちんとコメントしようかと思ってはいるんですけどね。
赤ヘルマンさんと野球議論を交わすのは楽しいんですが、時間とあとは他のことに対する集中力がそがれてしまうと仕事をしている今は若干危険かなとかも思ってしまっていますw

東出8番についての文章を見て思ったのは、少し前は同じ道の上で互いに意見を交わらしてたけど、今は違う道の上にいるなと。
赤ヘルマンさんではなくおれが違う道を歩き始めたんだと思います。
俺は冒険中ですね。今の道を歩いて元の道で合流するかもしれませんし、もっと離れるかもしれません。

ただただ今は野球というもののいろんな側面を学びたいと思い自分で考えて自分の中で一つ一つ答えを見つけていければなと思っています。

全ては『カープが勝つため』ただそれだけなんですけどね。



そう考えるともしもカープがなくなったらどうなるんでしょうかね。
赤ヘルマンさんは野球をどう見るようになると思います?
他の球団(NPB以外も含め)のファンになるか、適度な距離で見るか、それとも完全に見なくなるか…

おれは、『完全に見なくなる』を選択になるような気がします。
それほど今他の球団の試合には同じ野球なのに興味がもてないんですよね。
カープが好き。だから野球のことを学びたい。。自分の中ではいつの間にかカープありきなんだなと、コメントしながら思いました(笑)

お久しぶりです。
東出2番について質問し、返事もいただいたのに、コメントもせずすみません。
五反田記者の記事、チェックするようになりましたよ。

今のところ、機動力野球とは呼べない野球ですよね。
思えばブラウンは就任当初から盗塁に関しては評価が低かったですよね。
福地を放出したりとか。
野球ゲームじゃないんだから、もっともっと走ってバッテリーに揺さぶりを掛けていってほしいですね。
走力のある選手が多いのだから、宝の持ち腐れだと感じます。

ゆういちさんコメントどーもです。

阪神の赤星の復帰・平野の加入は本当大きいですね。
阪神好調の要因にこの2人の活躍が大きく関わってる事は間違いないでしょう。
カープも開幕前指揮官からあれだけ高々と機動力野球復活宣言が出たのですからきっとこれから走る野球が見られていくのでしょう(願)。

ブラウン政権になり確実に前政権より打撃力が前政権時に比べて下がってますよね。
去年も含めてこの時期打撃陣が機能してれば随分カープの勝率も上がってるんでしょうけどね。
逆に投手采配は前政権に比べれば遥かに良くなってるとは思うのですが、いかんせんこの投手層じゃやっぱり苦しいですね・・・・。

松山早く見たいですねーーーー。

むのん さんコメントどーもです。

今回のコメントは深いですね(笑)

東出8番コラムについてですが別にむのんさんを挑発したわけではありませんよ(笑)
もちろん、むのんさんのブログ記事の影響もないとは言えませんが、僕自身がセイバーメトリクスの本を読んで、大リーグの数球団でもセイバーメトリクスが使われている事を知って、ブラウン監督の采配にもそれが使われているんじゃないかと思い、自分で思う事を記事で書いたんです。

>>赤ヘルマンさんと野球議論を交わすのは楽しいんですが、時間とあとは他>>のことに対する集中力がそがれてしまうと仕事をしている今は若干危険か>>なとかも思ってしまっていますw

これ僕も日々強く感じています。
以前は某カープ掲示板でもコメントで深く入っていったり、あえて挑発的な文章を書いていましたが、今はそこまでの余裕が私生活からなくなってしまいましたね(苦笑い)
このブログも一度きちっとこれまでの事を締めたいと思ってもいるのですが、その時間もなかなかありません。
しかし本来ならこのブログもこのペースでも書いてる余裕はないんですが、今カープの監督がブラウン監督だからどうしても某掲示板も含め書きたくなるんですよね。
よく「お前さん、なんでそんなにブラウンが嫌いなの?」って言われる事があるのですが僕は今ブラウン監督の事決して嫌いではないですよ。
おそらく今カープの監督が山本監督でしたらブログを更新するのも掲示板に書き込みするのも止めていたと思います。
この意味、むのんさんならおそらくわかるでしょう。

>>少し前は同じ道の上で互いに意見を交わらしてたけど、今は違う道の上にいるなと。

これは悪い事ではないと思いますよ。
前から言ってますけど僕自身むのんさんの人柄が好きですし、また色々と熱くなる気持ちもあります。
お互いにブログを始めてまた新たな方向性を開いた中で、むのんさん・・・そして自分自身の5年後がどういうスタイルになっているか結構楽しみですよ。
冒険は大事な事ですし、変わらないものには時の流れの中でいつか限界が来ると僕は思っています。

>>赤ヘルマンさんは野球をどう見るようになると思います?

これは難しい質問ですね。。
野球は見るでしょうけど他の球団のファンになる事はまずないと思います。

でも現状他球団同士の試合を見てもいつも自然とカープの事と結びつけて見てしまってますよ。
そういう意味ではやっぱり僕はカープが好きなんだなって強く思いますね。。。

カツ丼 さんコメントどーもです。

記者の実力ってやっぱり差がありますよね。
特に中国新聞の記者は記者によっての当たり外れが大きいと思います。
そういえば開幕前、練習試合を含めた数試合の防御率と昨シーズンの防御率を比べて、今年の中継ぎ投手陣は良いとか書いた経験浅そうな記者もいましたね・・・。

ご指摘の通り、走れる選手が多いだけに走る野球がとにかく見たいですね!!

「打撃が好調な石原を2番に起用して、その後石原が打撃の調子を崩す展開」とありますが、自分としてはそんな印象はなかったのでちょっと調べてみました。

石原が2番に入ったのは、4月1日でそれまでの打率は.222。
4月11日を最後に2番から外れますが、その間の打率は34打数11安打で打率.302まで上げています。
ここから見ると、石原が2番起用で調子を崩したとは思えないのですがいかがでしょう。

まあ、自分の主張を正当化するために筆に勢いがついてしまうというのは良くあることですけどね。

ぽちょむきんすたーさんコメントどーもです。

ご指摘の件ですが、確かに数字を見ればそういう風に感じるかもしれませんね。
成績だけで言えば1年目の梵も打順2番中心で新人王を獲りました。
去年の石原2番も始めはそれなりに打っていたと思います。

僕が「打撃が好調な石原を2番に起用して、その後石原が打撃の調子を崩す展開」
書いた意味はその期間の成績とかを指しているんじゃないんですよ。

前の記事でも述べてますが、2番に合わない選手の典型的な例として細かい打撃が苦手なだけでなく、細かく考えすぎると自分が出せなくなっていくタイプを指しているんです。
言うならば自由にやらせれば長所が生き、細かく考えれば考えさせるほど調子を崩していくタイプと言った感じでしょうか。
去年も今年も石原2番という打順は、その打順を止める時くらいからその後しばらくが打てなくなっているんですよ。
だから2番にした事によって調子を崩したって表現を使ってるんです。

まあでも今回は確かに書き方が良くなかったですね。
「打撃が良い事から考えて石原を2番に起用して、その後石原が打撃の調子を崩す展開」の方が的確だったかもしれません。
キャンプからずっと石原の打撃は好調だったですからね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/201-14625f97

 | HOME | 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。