2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の日 長谷川の非 ロングリリーフの起用法を細かく考えよ

本日は鯉のぼりの日、子供の日でした。
横浜戦の結果はこちらです。
本日のカープのスタメンです。

1 中 赤松
2 左 天谷
3 右 アレックス
4 一 栗原
5 三 シーボル
6 捕 石原
7 遊 小窪
8 二 東出
9 投 長谷川


先発長谷川が3回6失点KOでした。
去年の安定感がなく、なによりコントロールがないですよね。
序盤からツーシームのコントロールがなく、途中カーブ中心のリードに切り換えましたがそのカーブもコントロールできずと良い所が全くありませんでした。
今後の長谷川は明日・明後日と先発がルイス・大竹でしょうから2試合はブルペンに置いといて欲しいです。
9連戦の真っ最中ですし、万が一一方的なビハインドの試合になった時のために保険で置いとくって感じですね。
打撃陣は横浜投手陣のアシストもあり6点差から1点差まで迫る猛攻を見せました。
1点及びませんでしたが本塁打なしで5得点挙げたのも良いですよね。
相手の弱さもあるのでしょうけど打撃陣が波に乗ってきてるのは間違いなさそうです。
1・2番が今日も2安打と活躍してるところが良い感じに思える最大の要因でしょうか。

篠田初登板でしたけどキャンプと見違えるほど良くなってきましたね。
投球フォームのバランスが良くなってきました。
投球リズムさえ出れば良いカーブとフォークを持ってるので結構使えそうな感じはしてたんですよね。
確実に先発タイプに見えますし、もしかしたら9連戦の最後に先発登板があるかもしれませんね。

横浜の小山田がブラウン監督の前で好投しましたね。
あと、オリックスから来た大西が1番で大活躍です。
大西・平野・阿部健太、ちょっと前には早川とオリックスフロントのアホさがはっきりと最近見えてきてますよね。
試合コラムはMoreからです。



~赤ヘル眼~
ロングリリーフの起用法を細かく考えよ

鯉が昇っているところに先発長谷川が序盤から崩れそれにストップをかけたこの試合、横浜の勝ち投手になったのは4イニングのロングリリーフをした小山田であった。
序盤から大量失点するなど先発が調子の悪かった時に起用されるのがロングリリーフである。
カープではこの日、ルーキー篠田が3イニングのロングリリーフをした。

その中でこの2試合、個人的に気になる継投場面があった。
それは昨日の宮崎と本日の篠田の起用位置である。
昨日の試合、3点ビハインドの中で3回表から宮崎が登板したが裏のカープの攻撃は8番からの打順であり、例によって宮崎に打順が回り代打が出された。
本日の試合では4点ビハインドの4回表から篠田が登板したが、その裏に2アウトランナー1塁で篠田がそのまま打席に立った。
この二つのシーンをもっと効率良くする事ができるのではないか。
それは交代する投手を入れる打順の場所である。

昨日の試合では宮崎に代打した喜田剛がヒットを放ち、そのイニングで2点を返した事で綺麗な継投に見えたが本来であれば先発もやるような宮崎には出来る限り長いイニングを投げて欲しいものであろう。
9連戦の2戦目、先発が早い回で降板した時は1人でもリリーフ陣の負担を減らそうと考えるのは大事な事である。
その中で昨日の試合では宮崎をそのまま9番の打順に入れてしまった事で、宮崎に代打を送る展開になってしまったが、宮崎を5・6・7番あたりの野手と代えていればそのような展開にはなっていなかったであろう。
本日の試合でも4点ビハインドの展開でランナーが1塁に出しながらも投手の篠田をそのまま打席に立たせるという展開になってしまったが、これを篠田を登板させる際に、打順が1番遠い5番シーボルと交代させていれば、このような場面は見られなかったであろう。
ちょっとした事で効率の悪いシーンを省くことは出来たのではないだろうか。

長いシーズンを考えれば、早い回で先発が崩れた試合では極力登板投手の数を使いたくないものである。
その中でロングリリーフを期待する投手をどこの打順に入れるか考えて起用する事は攻守にとても大きいと言えるだろう。
細かい事かもしれないが長いシーズンを考えればこのような細かい采配が大きな力になる。


コメント一覧

こんにちはノッシーです
確かにブラウンはピッチャー9番固定ですね
コレは次のイニングの打順とかまったく無視です
打撃コーチとかなにも言わないんですかね?
長谷川はとにかく一回の失点が多すぎですね
先発任せられて調整して・・・長谷川先発落ちですねロングリリーフ
すごく良い案ですね 特にこの9連戦は!!
しかし前田・大島・篠田去年と違って先発困りませんね(数だけは)

後最近東出・栗原がよくマウンド行くようになりました。コレはいいことです
続けていって欲しいです。

あとはシーボル守備がいいといわれてますが最近はシーボル取れるよ!っていうエラーみたいなシーンが多いで思います(記録はヒット)
そろそろ外して欲しいですね チャンスに初球打ちポップフライが多いような・・・
小窪サード無理かな?喜田でもいいし!

最後にアレックスの守備について意見を聞きたいのですがライン際よわいですよね? ライト緒方見たいですね

ノッシーさんコメントどーもです。

東出は前からマウンドによく行ってましたが最近は栗原も行くようになったみたいですね。
シーボルは全く行かないのでここを考えるならばサードに小窪を回してショートに梵を使った方が断然良いですね。
小窪は2軍でもサードスタメンの試合も何試合かありましたからサードは出来ると思いますよ!

アレックスのライト守備は年老いたのかたまにイージーミスをしますよね。
波に乗ってく意味では強烈なキャプテンの存在も欲しいので僕も今はアレックスより緒方スタメンを強く希望します!!

ご無沙汰してます。
投手の打順の件ですが、若干反論が。
篠田に打順が回ったのは若い回でしたよね。
そこで5番に代えてというのはどうかなと思いますよ。
一番遠い打順に置くことが効率的では無いですし、
そもそも、2アウト無走者で8番打者を迎えたら、バッテリーは何に注意しますか?
勿論HRですよね。普通に考えてヒットはいいですよというリードをします。
次の投手を抑えればいいんだから。
それよりも若い回にクリンアップを引っ込める方が大問題ですよ。
前の回に4番で終わってたら、4番や3番に投手を入れますか?
僕がむしろ問題だと思うのは、ここで具体的に代えるべきだと
言われてるシーボル自身や、彼を5番に置かざるを得ない
打線の現状のように思いますよ。

長々と失礼しました。

MERCURYさんコメントどーもです。

今回の反論は納得いく部分と納得できない部分が大きく分かれてますね。

まず、投手の打順についてですがこれはご指摘のように打者によって見極める必要はあると思います。
例えば栗原・前田あたりだったら必ずしも一番遠い打順に入れる必要はないと思いますね。
今回は「シーボルレベルだったら代えても良い」と書くべきでしたね。

で、

>>そもそも、2アウト無走者で8番打者を迎えたら、バッテリーは何に注意しますか?
>>勿論HRですよね。普通に考えてヒットはいいですよというリードをします。
>>次の投手を抑えればいいんだから。

勿論と言われてますが、僕の中での常識にこの考え方はないです。
むしろ、8番打者で抑えて次の回投手の打順からと考える方が妥当のように思います。
余程重量打線でもない限り、8番打者に打者としての恐さなんてありませんよ。
例えば東出レベルにホームランを恐がる理由なんて全くないと思います。

それと次の打者が投手を抑えれば良いと書いてますが、通常3点くらいのビハインド時にはこないだの宮崎のように代打を出す事が普通です。
それはまず点を返していかないといけない展開でしたからね。
その展開の中でベンチが出来るだけ長く一人の投手に回を投げて欲しいのなら交代時にその投手の打順を遠くするのは賢い策だと思います。

今回の篠田のケースでは4点ビハインドの展開でランナーがいる場面でも篠田をそのまま打席に立たせる展開にしてしまったのですよ。
これがリードしてる展開ならともかく早い回のビハインド時の展開だったからこそ防げた場面だとより強く思うんですよ。
今回の場面も8番打者との流れも含めて通常なら篠田にも代打が出ますが、今回はチーム事情で打席にそのまま立たせたといっても過言じゃないでしょう。

あーあ(涙)

昨日一生懸命、長々と熱ーく書き込んだコメントの
投稿に失敗しました(泣)

どうやら赤ヘルマンさんが更新されてる時間とかぶったみたいで。
失敗するとコメントが消えるのはどうにかなりませんかね?

8番打者に対する僕の考えを書いたのですが
端的に結論を申しますと、一度お会いしたいですねと言う事で(笑)

今回のケースは、長谷川交代のタイミングが一番の問題でしたね。
打席に立たせたからには踏ん張る事を期待したのでしょうが
6点目で見切りをつけたのでしょう。
かといって前日に大盤振る舞いしてるから小刻みに行くわけにもいかず・・・
先発が仕事できないと苦しいですね。

MERCURYさんコメントどーもです。

>>端的に結論を申しますと、一度お会いしたいですねと言う事で(笑)

じゃあ日南で会いましょうか(笑)

先発が崩れるとカープ投手陣の弱さが全面に出ますね。
まあ、これは開幕前からわかっていた事でそれがこれまではそこまでなかったのに今になって出てきてしまったという事でしょう。
2軍と入れ替えれる投手の駒ず少ないからこそ、調子が悪い時に早めに2軍に落とすのは悪い策でもないかもしれませんね。
良い策とも言えませんが・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/199-31580856

 | HOME | 

Calendar

06 « 2017/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。