2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日爆発したワダンも封じ高橋建今季初勝利! 苦しい守護神起用法

高橋建らしいフラフラになりながらもなんとか抑える投球で今季中日戦初勝利です。
試合スコアはこちら

1 左 天谷
2 中 赤松
3 右 アレックス
4 一 栗原
5 三 シーボル
6 遊 梵
7 捕 倉
8 二 東出
9 投 高橋


【投手】
【中】小笠原(5回) - 川井 (2回) - 中里 (1回)
【広】高橋 (6回) - 梅津 (1回) - 横山 - (1回1/3) - コズロースキー(2/3)

新社会人生活が始まっており平日はかなり忙しい日々を送っています。
疲れが抜けきれず今日も横山が登板したあたりで途中で眠ってましたね。
先ほど今週録画しといた試合も含めババっと振り返って見てみました。

本日の試合ですが前田を外して赤松を2番にスタメンにしてきましたね。
おそらくただの休養日でしょうが個人的には石原2番よりかは遥かに良いと思います。
ただ、今年カープ勝ちにいくならそこまで積極的に赤松を使う必要はないとも思います。

シーボルは選球眼がとても良い選手ですね。
ただカウント有利なカウントでも自ら手を出して凡退してるケースも目立ちます。

ちょっとナイターのヤクルトの試合を見ていて思ったのですが、現在セリーグの首位打者である田中浩と5番を打ってるガイエル、この二人って去年のシーズン序盤は全くというほど結果が出なかったんですよね。
田中浩はセリーグの規定打席到達者の中でずっと最下位の時期が続いてましたし、ガイエルはこれでもかってくらいインサイド攻めをされ2割前半の低打率が続きました。
しかし田中浩は飯原と共に古田監督が我慢に我慢して使い続け、最終的には3割に近い打率でシーズンを終了しました。
ガイエルも日本野球に慣れていき、シーズン終盤には本塁打争いをしていました。
でも思うのですが、去年ヤクルトが最下位になった原因の一つでもこの起用法は十分あったとも思うんですよ。

これと同じような事が今日のカープにもプンプン臭うんですよね。
赤松を使い続ければ、数年前打てる雰囲気が全くなかった山崎や倉が後半戦になり突如打ち始めたような実績がある内田コーチがいる事からもそのうち打てるようになるかもしれません。
またシーボルももともとスロースターターなうえにガイエル同様選球眼もある事から十分そのうち打ち出す要素は多く持ってると思います。
しかし、それまで我慢して使う事が今年勝負をかけるチームがする采配なのか。
現時点で彼等よりも好調で好結果が望めるような選手は何人もいる。
そしてそこ以上に補強しなきゃ今シーズン勝ちにいけないポジションがまだ他にある。

開幕して12試合経ちますが投手陣は全体的に見て去年の12試合が経った時よりも質もレベルも起用法も下だと思ってます。
去年の12試合までは先発は1試合神宮でフェルナンデスが崩れた以外は皆好投、中継ぎは抑えの永川は完璧、横山・梅津・林・河内などが好調で球も凄く良い球を投げていました。

始まってまだ12試合です。
今のカープの状況は正直今年Aクラス争いをしていくチームになっていく要素は全く見えないですね。

試合コラムはMoreからです。



~赤ヘル眼~
苦しい守護神起用法

現在のカープの守護神は誰なのか。
そう問われるとはっきりと答えられない現在のカープの守護神事情である。
この試合、セーブをあげたのはコズロースキーであり、前回セーブをあげたのが横山であった。
しかしその起用法が今年のカープの中継ぎ事情の苦しさを鮮明に現している。

横山が投げたイニングは1回と1/3と回をまたいでおり、コズロースキーは左打者しかこの日抑えられなかった。
横山はカープ投手陣の中でも少ないロングリリーフも出きる安定感のある投手である。
しかし横山は去年の終盤にそれまでの好成績が嘘のように崩れ始めた事からも決っしてタフな投手ではない。
またコズロースキーも去年左打者の方が圧倒的に抑えているデータがあるように、理想は左キラーの中継ぎ投手であろう。
おそらく、首脳陣も本来ならば横山もコズロースキーも中継ぎで起用したいのであろう。
しかし守護神不在というチーム状況から今の起用法が生まれ、私はこの起用法は例年のようなリリーフ陣将棋倒し現象を臭わせる前景のような気がしてならない。

2年前ベイルを守護神から先発にした事によって投手陣が崩れていったように、1つの守護神の穴はとても大きいものである。
それと同時にロングリリーフが出きる中継ぎ・左キラーの中継ぎも大事なポジションである。
その3つが確立出来ない現状は、雨天中止など試合日程に余裕があり、毎年カープ中継ぎ陣が調子良い時期の今だからこそ目立たないが、試合日程が厳しい夏以降にあからさまにその穴が見えてくる気がしてならない。
早急にフロントが抑えタイプの投手を獲得する、2軍首脳陣が抑えタイプの投手を万全の状態に仕上げる、1軍首脳陣が配置転換をしない限りは気づかないまま対策がたてられない時期を迎えてしまっても全く不思議ではない。



コメント一覧

昨日の……

大竹さんは可哀想でしたね。
今までの好投を無駄にさせ続けられて、
いざとなるとあんなハゲに……
大竹さんに1日でも早く、白星が付いて欲しいですね!

厳しいねぇ。

でも仰る通りで。
僕が前に梵を外しては?と書いたのも
勝つには特定の選手と(例え栗原であっても)
心中するわけにはいかないというつもりでした。
調子が上がってきたからよかったけど。

去年に比べてやっぱり中継ぎ以降が薄いですね。
今日も梅津の後、どうするんだ?なんて少し悩みましたし。
林がもう一つだし、何よりペローンが全く投げてない。
敗戦処理のロングリリーフのつもりなら
起用法が完全に間違ってるような。
広池と二人、何かおかしなことになってるように思います。

外せば良いと言ったシーボルが打った、赤松が守ったことに関しては触れないんだ……。

ノライヌ さんコメントどーもです。

大竹が好投しながらも勝ちがつかない試合が続くのは一昨年もそうでしたね。
中日のハゲですが首位打者も獲った事のある球界を代表するようなハゲ好打者です。
1つ勝ちがつくだけで気持ち的にも違ってくるでしょうから早く勝ちがついて欲しいですね!

MERCURY さんコメントどーもです。

投手陣は薄いのもありますが、現状メンバーで去年以下の調子の選手がそれなりにいるのが痛いところです。
永川・河内は言うまでもなく、林・梅津・高橋建も去年のこの時期より良くは見えませんね。

青木高が投げないのはたまたまでしょうが、GWあたりに彼がどのように使われているかは結構見ものですね!

nanaさんコメントどーもです。

シーボルについてはこの記事の中でも触れてますが意味がわからなかったみたいですみません。
厳しい見方ですればシーボルがこれから良くなろうがなるまいがしばらく結果が出ない時がこれからも続くようならば2軍に落として廣瀬と交換して、新外国人投手を抑えで獲得した方が良いと思ってますよ。

赤松の守備の事を前から触れています。
1試合、1試合、すべての事を書いてたら長くなるだけですのでそれくらい許してくださいね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/189-6489c704

 | HOME | 

Calendar

08 « 2017/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。