2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天谷が決めた!! 天谷・東出の1・2番で機動力野球を確立すべき

横浜にサヨナラ勝ちです。
試合スコアはこちら

1 中 天谷
2 捕 石原
3 右 アレックス
4 一 栗原
5 左 前田
6 三 シーボル
7 遊 梵
8 二 東出
9 投 前田健太


【投手】
【広】前田健太(5回)-青木高(1回)-梅津(1回)-林(1回)-コズ(1回)-横山(1回)
【横】ウッド -(6回) - マットホワイト (1回) - 横山 (1回)- ヒューズ (2/3) -木塚 (1/3) -那須野 (2/3)

最近更新が出来ていなくてすみません。
社会人生活が始まりバタバタした生活を過ごしておりました。
そんな中本日は数日ぶりにカープ野球観戦をゆっくり見れました。

先発は注目の2年目前田健太でしたね。
インコースをズバスバつく気持ちの良い投球を見せてくれました。
2年越しでキャンプから注目して見てたので、ハラハラドキドキしながら見てしまいましたね。
守備に足を引っ張られた場面もありましたが先発として十分の内容を見せてくれました。
ローテはこれで確定でしょう。
ただ、個人的にフォークを投げてなかったのが気になりました。
キャンプではフォークのコントロールが抜群であったのに今日は落ちる球はチェンジアップを多く使ってましたね。
カーブが大きな武器なだけにフォークをなんとか使っていって欲しいものです。

打線は拙攻・拙攻拙攻の嵐でストレスがたまる展開でした。
特に新4番の栗原、完全に自分の世界に入り込んでかつての新4番新井状態になってますね。
栗原が仕事をしていれば楽にカープが勝っていましたよ。
まあ、これは相手の4番村田にも言える事ですけどね。

そんなイライラする展開の中天谷がサヨナラ打で決めました。
開幕から打席の中で凡打でもタイミングが合ってる事が多かったので今年は多少我慢してでも1番・2番で置いときたい選手ですね。
時々アホさが目立ちますが、良い意味でのそれが多いです。
ヒーロインタビューでファンに対して「そろそろ6時ですし美味しいお酒を飲んでください」って言ってたけど、土曜だし子供もたくさん来てるぞ天谷!!!

テレビ解説の大下さんも言ってたけど今のカープにはリーダーがいませんね。
今日の試合に限っては石原がリーダーに見えましたよ。
それで良いなら良いんですけど・・・・。

しかし、今日の試合はまさに下位にいる弱いチーム同士の戦いといった感じでした。
横浜は森監督の力で3位になったが翌年主力の谷繁が抜けて最下位になった数年前の流れとそっくりですね。
思った以上に横浜はクルーンの穴が大きそうですし、ヤクルトと違って新外国人もハズレ雰囲気、イキの良い若手投手も全くいないので戦力層が苦しいです。
今のままいけば、戦力層で考えればこの2チームが数年前のように5位争いをしていく展開になっても全く不思議じゃありませんね。

試合コラムはMoreからです。

~赤ヘル眼~
天谷・東出の1・2番で機動力野球を確立すべき

延長10回、天谷の劇的な一打でカープはサヨナラ勝ちをした。
サヨナラをした瞬間は歓喜な気持ちでいっぱいであったが少し時間が経ち冷静に考えるとイライラするような展開が多かった事実に簡単に気づかされる。
それは15安打4得点という数字を見るだけでもわかる事であった。

今の打線では15安打を打てる。
しかし、それで4得点しか取れなかった事実を軽視してはならない。
その中で気になるのは4安打の大活躍をした2番石原の存在である。

ここ何年かの石原を見ていると石原の打撃は早打時の引っ張るような打撃の時に好結果が出る事が圧倒的に多いように感じる。
ファーストストライクの甘いストレートをレフトやセンターに打ち返す姿ばかりが石原のヒットのシーンでは思い出す。
その中で俊足天谷の後の2番というポジションはどうなのか。
石原は初球打ちが上手いのと同時に追い込まれてからの当てるだけの併殺打もこれまでよく見かけてきた。
策という意味でもこれまでの傾向から考えても石原2番は長い目で見れば良いとは正直思えない。

今の布陣では2番には東出を置くべきだと思う。
初球を見逃す傾向が多い打者で細かい打撃も出き、ミート力もそこそこある。
そして何より俊足選手で石原と正反対のタイプの打者と言っていいだろう。
オープン戦から使われない事も多かったが、10回に左投手の那須野からクリーンヒットを打ったのを見ても東出は他のセカンド候補の選手と比べれば一枚実力が上の選手である。

今の打順でこれから勝っていっても、開幕前チームがあげた「機動力野球復活」というテーマが無くなってしまってるように見える事からファンの気持ちもいまいちすっきりしないものである。
そこには石原2番という強烈なインパクトがあるからであろう。
10回に左投手から天谷・東出がクリーンヒットを打った事を考えても左右のバランスを気にせず、天谷・東出の1・2番を作るべきだと思う。
昨日のスタメンメンバーでも打順を変えれば十分機動力野球は出来る。


コメント一覧

賛同

調子のいい石原を2番に置くのはわかる。
が、今後のことを考えると足の速い天谷を1番に、小技の利く東出を2番に、足もありパンチ力のある梵を3番に、4番栗原は固定、5番にはチャンスに強い前田、6番アレックス、7番シーボル、8番石原がベストだと思う。

鯉党さんコメントどーもです。

そうですね。機動力野球を今のメンバーの中でやって欲しいですね。
僕は東出を2番・石原を6番・シーボルが8番が良いかなと思っています。

素晴らしい観点

こんばんわ、いつも拝見させてもらってます。
私も東出の使い方に関して完全賛同です。カープの選手の中では安心して犠打も任せられるし、ある程度あるミート力。
また、昨シーズンに比べて引っ張る意識が見られるようになってきたので石原よりもエンドランがかけやすくゲッツーの可能性が減る東出を2番に置いたほうがいいと思う。
私は総合力で東出に勝るセカンド候補は今の広島にはいないと思います。
ショート時代の印象でずっと東出のことを評価する風潮が多い中で、セカンド東出をしっかり見て評価する赤ヘルマンさんに好感を持ちます。
これからも、ちょくちょくお邪魔させてもらえればと思います。

carpestさんはじめまして コメントありがとうございます。

そうですね。
過去のイメージだけで東出を判断する人って多いでしょうね。
東出はそれに加えてファンに対する態度でも問題になった選手ですからね。

イメージとか昔の事実だけで今を判断する人って多いですよね。
カープで言えば東出以外にも石原の守備と倉の守備の比較評価です。
よくディフェンスの倉とイメージする人も多いですが、ここ2年の倉はディフェンスでは盗塁阻止率は極端に悪いし大事な場面でのポロポロも珍しくないくらいしてましたよ。
これは一例ですが、でもまあ学生でもない限りじっくり野球観戦を出来ないという事実もありますがね。
また、是非コメントお願いします。

ご無沙汰してます。
カープもようやく開幕した観がありますね。
東出の2番起用には大いに賛成なのですが
それをすると下位で右が続くのであまり面白みが無いかと。
今の現状だと天谷の1番が外せそうにないので、
個人的にはシーボルの代わりに井生を入れて
2番に置いてはどうかな?と思ってます。
シーボルが覚醒するなら話は別ですが
今の所はそんな気配は無さそうですし。

後、下らない質問なのですが
市民球場のスピードガンおかしくないですか?
自分の感覚よりも5キロは数字が出てるように思うのですが。
目が悪くなったのかな?(涙)

MERCURYさん コメントどーもです。

シーボルを外す案でしたら僕はその代わりは喜田剛を断然推しますけどね。
7番喜田剛でシーズン通して使えば結果を出すと思いますよ(守備は別として)。
まあでもシーボルはスロースターターのようなのでリグスの例もありますしもう少し様子を見るでしょうね。

スピードガンは球場でバラバラですよね。
浜スタも凄くスピードが出る球場ですよ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/187-44b2b52f

【試合結果】vs横浜(2回戦)

福井県に足を向けて寝れない。      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R  H E 横浜  0 1 1 0 1 0 0 0 0 0  3   9 0 広島  1 0 0 0 0 0 0 0 2 1  4  15 1 1天...

4/5 結果のみ。

横浜2回戦 1勝1敗0分 通:2勝5敗1分 広島市民球場 観衆:15387人 累計:77628人 平均:15526人 CARP 4x-3 ...

 | HOME | 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。