2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜-広島オープン戦 機動力野球爆発する 大竹は順調な仕上がり

横浜とのオープン戦を内野席で広島から遠征して来られたおなじみ海田Kさんと最近当ブログのコメンテーターとしても味を出してきた氷結ストッパー君と観戦してきました。

まず、昨日の試合ですがスタメンを結構イジっていましたね。
個人的には梵2番は大反対なので昨日のスタメンでイジるなら
天谷-東出-アレックス-栗原-前田or緒方-梵-シーボル-石原or倉の方が良いと思います。
梵-天谷-アレックス-栗原-前田or緒方-シーボル-石原or倉-東出でも悪くはないと思います。
本日のオープン戦の詳細はMoreからです。

広島スタメン
1 8 赤松
2 7 天谷→緒方
3 9 アレックス→中東
4 3 栗原→喜田剛
5 5 シーボル
6 2 石原
7 6 木村
8 4 東出→山崎
9 1 大竹→嶋→林→前田→岸本→コズ→広池

横浜スタメン
1 4 仁志→1ヒューズ→マッドホワイト
2 6 石井→4野中
3 8 金城
4 5 村田→斉藤
5 3 佐伯→石川
6 9 吉村
7 7 小関
8 2 鶴岡→相川
9 1 寺原→ウィリアムス→那須野→山北→4ジェイジェイ→6

【投手】
(広)大竹(6回)-林(1回)-岸本(1/3)-コズ(2/3)-広池(1回)
(横)寺原(3回)-ウィリアムス(2回)-那須野(1回)-山北(1回)-ヒューズ(1回)-マッドホワイト(1回)

内野席で観戦したのですが浜スタの内野席って驚くほど良いですね!
ネットが前に全くなく、グラウンドの選手との目線の位置も一緒でまるで日南キャンプに来てるようでした。
新球場の内野席の一部にもこのような席はあるみたいですがこれは間違いなく成功ですよ。
それを知ってたのか横浜ファンは外野席より内野席に多く入ってましたね。

本日は試合内容を戦評以外でもここで書きたいと思います。
まず岸本ですが正直予想通りの結果でしたね。
岸本の場合、ストレートは速いのですがコントロールがなく荒れ球で、特別鋭い変化球もない投手なんです。
今日の試合の中では金城を2ストライクまで追い込んだのですが、その3球目のストレートをライトにキッチリミートされたファールを打たれてたんですよね。
これを見て岸本に大きな期待をするのは厳しいと思いましたね。
この日は球が中に入る事も多く、2軍レベルの選手や1軍選手がオープン戦の調整時期ではまだ通用するでしょうけど今日の横浜メンバーのように仕上がっている1軍選手にはなかなか通用しません。
カープで言えばマルテやフェリシアーノと同じタイプでしょう。
開幕ベンチには入るかもしれませんが大事な場面ではまず使えないですね。
金城のファーストゴロもきっちり捕われていました。

それとキャンプから思っていたのですが木村の守備はメジャーリーガーのような捕り方をしますね。
5回に鈴木尚がセンターにタイムリーヒットを打ったのですがこの打球梵ならおそらく捕れてました。
逆に7回の三遊間に抜けるヒットゾーンのゴロをファインプレーにできたのは木村だからだと思いました。
この選手、割と正面の打球でもグラブから捕りにいくんですよね。
そしてとんでもなく強肩なんです。
5回の打球処理で「正面に入れよ」と思いましたが7回の打球処理でビビデバビデブーになりました。

あと、広島の方は本日の元気丸をよく見といてください。
今日の試合の最後の野中のサヨナラタイムリー、シーボルのエラーと言ってもいいような3塁線のゴロの打球です。
このての打球処理はA選手が上手かったですね。
ここも小さいようで大きな穴だと僕は思います。

試合戦評はMoreからです。


<1回表>
横浜先発は寺原
赤松 ショートゴロ
天谷 ショートゴロ
アレックス ライト前ヒット
栗原 ライトフライ

<1回裏>
広島先発は大竹
仁志 ショートゴロ
石井 センター前ヒット
金城 四球
村田 センターフライ ランナー3塁へ
佐伯 四球 満塁
吉村 見逃し三振

<2回表>
シーボル フルカウントから空振り三振
石原 ライトフライ
木村 セカンドゴロ

<2回裏>
小関 レフト前ヒット 天谷肩激弱
小関 盗塁失敗
鶴岡 ライトフライ
寺原 ショートゴロ

<3回表>
東出 ちょこんと上手くミートしレフト前ヒット
大竹 ピッチャー前送りバント成功
初球 鶴岡球弾いたところ東出ナイスラン 3塁へ
赤松 レフト線綺麗なタイムリー2ベース
天谷 三振
アレックス セカンドフライ
横浜0-1広島

<3回裏>
仁志 ライトフライ
石井 レフトフライ
金城 見逃し三振

<4回表>
横浜投手はウィリアムス
栗原 サードゴロ
シーボル ショートゴロ
石原 風に乗って乗ってレフト本塁打
木村 ショートゴロ
横浜0-2広島

<4回裏>
村田 大きなレフト本塁打
佐伯 ショートゴロ
吉村 ショートフライ
小関 ショートゴロ
横浜1-2広島

メモ 大竹尻上がりに良い カーブ効果的

<5回表>
代打山崎 高めのボール球空振り三振
大竹 空振り三振
赤松 投手前セフティーバント 投手エラー 赤松2塁へ
代打緒方 ライト前タイムリーヒット!
アレックス ライト前ヒット1 3塁
栗原 ショートライナー
横浜1-3広島

<5回裏>
ファーストに喜田剛
鶴岡 レフト線2ベース
代打鈴木尚 センター前ヒット 梵なら捕ってる打球
仁志 四球
石井 レフトライナー 緒方肩やっぱ強い!
金城 センター犠牲フライ
村田 空振り三振
横浜2-3広島

<6回表>
横浜投手は那須野
シーボル セカンドゴロ
石原 ライトフライ
木村 セカンドゴロ

<6回裏>
佐伯 セカンドゴロ
吉村 大ファールの後ライトライナー
小関 レフトライナー

<7回表>
投手は山北 捕手に相川
山崎 ショートゴロ
代打嶋 ピッチャーフライ
赤松 フルカウントから空振り三振

<7回裏>
広島投手は林
相川 ショートゴロ 木村ファインプレー
代打ジェイジェイ 三遊間ショートゴロ 木村ファインプレー
仁志 ライトフライ

<8回表>
横浜投手はヒューズ
緒方 レフト線緒方らしい2ベース
アレックス サード内安打 村田送球エラー緒方ホームイン
代走中東
喜田剛 セカンドゴロケースバッティングランナー3塁
シーボル サードゴロランナーホームイン
石原 四球
ボーーーーーーク ランナー2塁
木村 セカンドゴロ
横浜2-5広島

<8回裏>
広島投手は岸本
石井 センター前ヒット
金城 ファーストゴロ 喜田剛ベース踏んでセカンド投げるがレフトに飛び3塁
村田 レフト2ランホームラン
佐伯 センター前ヒット
吉村 センターオーバー2ベース 23塁
投手交代 コズロースキー
ボーーーーーーク! 横浜同点。
代打大西 サードゴロ ランナーそのまま
相川 見逃し三振
横浜5-5広島

<9回表>
横浜投手はマットホワイト セカンド野中 サード斉藤ファースト石川
山崎 ライト2ベース
代打前田 ファーストライナーダブルプレー
赤松 セカンドゴロ

<9回裏>
広島投手は広池
ジェイジェイ ショート内安打
代打内川 犠打成功
野中 三塁線サヨナラタイムリー 試合終了

横浜6-5広島

戦評

先発大竹は立ち上がりは不安定だったものの尻上りに調子を上げ開幕に向け順調な仕上がりを見せた。
この日も前回登板同様カーブが効果的に決まっておりそれで投球リズムに乗っていったようにも見えた。
石原とのコンビも全く問題ない事もこの試合で証明された。
一方打撃陣は4回の石原の本塁打以外の得点イニングにおいて今年のカープのテーマである「機動力を使った野球」での得点が効果的に取れた。
3回は東出の好走塁からの得点・5回は赤松のセフティーバントからの得点・そして8回はアレックスの全力疾走が得点に繋がった。
特にピックアップしたいのがアレックスの全力疾走からの得点である。
緒方の2ベースの後、アレックスは叩きつけるようなサードゴロを打つと見るやすぐさま1塁に全力疾走をした。
それからかサードの村田が慌てたのか送球エラーをして3塁ランナーがホームインしたのだ。
アレックスはキャンプの紅白戦時からゴロを打てば全力疾走しており、去年から次の塁を狙う走塁姿勢がチームの中で際立って目立っていた。
こういう姿勢はいろんな意味でチームに大きく貢献してるように思える。
アレックスがカープに来た事によって生まれるメリットは決して打撃や守備だけではないだろう。
一方、ベテラン緒方の打撃も絶好調だ。
緒方らしい腕をたたむようなレフトへの2ベースに走塁も若手のように動きが良い。
また、守備でもしばらく強肩の外野手を見てなかったせいか久々に緒方の強肩を見て驚いてしまった自分がいた。
願望ではなくて現実に緒方の開幕スタメンの可能性が十分に今出てきた。
僕等が長く聞きなれた「3番センター緒方」というコールが開幕戦で聞こえてくるかもしれない。
あの緒方孝市が今、ここに戻ってきた。

コメント一覧

いつも楽しみにしています。

いつも速報楽しみにしています。今日も多くの情報をありがとうございます!良い天気で良かった、応援頑張ってくださーい。前田いないのは残念ですが・・・。

5回の点の取り方は赤松の足が生きてますね。
シーズンに入ったら、栗原にもエンジンがかかり、この回で試合が決まるようになるといいな。。。

速報お疲れ様です。ここの所よく見させてもらってます。
それにしてもあまり東出が出ませんね。今日も途中交代ですし。
横浜から来た木村は、守備走塁は良いみたいですが打撃はまだ
厳しそうですかね。
頑張れ、岸本!!

永川から…

永川選手が炎上して以来ながれが悪い気がします。

岸本はエラーから崩れましたが…

ドリューさんコメントありがとうございます。

なにげないそういう言葉が凄く嬉しいです。
ありがとうございました。

かーぷFAN さんどーもです。

今日は機動力野球が存分に出てましたね。
試合を決めるには試合を締める強いリリーフ陣は必須ですね^^;

ともかーぷ さんどーもです。

東出は固定しても良いと思うのですが最近の起用は確かに変ですね。
木村はバックアップ要員としては最高ですね。
岸本は・・・う~ん。。。。

お疲れ様でした☆

観戦&実況お疲れ様でした~!

先日見た時に木村の守備に対して感じた事が、赤ヘルマンさんの意見を読んですっきりしました。
的確な指摘ありがとうございます。なんだかもやもやしてたんですよ~!
そういえば今日ローカルニュースで、「カープと地域」という題目で迫さんの講演会があったとやってました。ゲストが大野さんだったようです。
こういうのチェックしていけるときは行くようにしなきゃですね~。

今日の観戦は海田Kさん共にお疲れ様でした。
ここ3試合の敗戦はオープン戦だからこそよかったといえる試合でしたね。岸本の考察に関しては赤へルマンさんと同意見です。正直、2日の西武戦、ヤクルト戦、今日の横浜戦と投球内容は全く同じなんですよね。抑えられる球はほぼ直球のみで、この直球が少しでも悪い(コントロール含む)ともう駄目という感じです。現状ですと移籍前と同じ使い方をしないと非常に怖い感じです。ストレートには物凄い魅力を持っているので、この球をより効果的にできる変化球の早期習得が急務でしょうね。
赤松も同様に1番スタメンは怖いですね。もう少し打撃を改善しない限り福地の二の舞になりそうです。緒方のスタメン(1番でも3番でも!)が今日を見てもベストのような気がします。いやぁ、本当に緒方には頭が下がります。

こんばんは。

昨日マスコミがこぞって持ち上げた途端に
古巣相手に炎上した岸本投手。

キャンプの頃からご指摘のとおりの結果に
勢いだけじゃ通用しなくなってきたのは、
チーム同様ですね。

オープン戦とはいえ開幕目前で目を覆いたくなる失速ぶり、
本当に勘弁してほしいです。

攻撃陣により一層の奮起をお願いしたいですね。

ノライヌさんどーもです。

永川・岸本とブラウン監督の好きなパワーアーム派が崩れてきましたね。
今年もリリーフには苦しみそうです。

たすっこさんどーもです。

木村の守備を見て上手いんだけど違和感があったのは僕だけじゃなかったんですね。
ポジション適正としてはサード>ショート>セカンド かもしれませんね。

ローカルニュースネタとかバンバン書いて欲しいです!
広島県外のカープファンは広島でやってるテレビ情報とか知りたくても知れませんから、そういう事を書けばアクセス数も間違いなく増えていくと思いますよ♪
まあ、そんなのなくてもたすっこさんの記事はスゴいけどね^^♪

氷結ストッパー 君 

本日は観戦お疲れ様でした。
岸本は本当その通りだと思います。
僕も今日が結果に出ただけで投球内容レベル的には神宮と全く変わってません。

これは氷結ストッパー 君と神宮のバックネット裏から話していたのですが、岸本のストレートとその後ヤクルトで登板した元オリックスの萩原のストレートは球速自体はそんなに変わらないのにノビや角度が全然違うんです。
その比較対象は残念ながら萩原が良い方です。
言うならばちょっと前までのコントロールが定まらない日の長谷川にも近い感じですよ。
パリーグのように広いドーム球場が多いリーグならまだ生きてくるでしょうが、セリーグ・特に狭い広島市民球場を本拠地にするカープではパワーある打者に外野前列に持っていかれるシーンが安易に浮かんできてしまいますね。
結局は横浜時代と変わってないんですよね。

赤松は現状では力不足でしょうね。
ただ、内田コーチは巨人の矢野のようにアホみたいな少年タイプほど育てるのが上手いコーチですからね。
山崎がまだ1軍にいるのも内田コーチの存在が大きい気がしてなりません。
緒方はベンチでも大声出してて今キラキラしてますね!

観戦

実はハマスタの三塁ベースの真ん前(高コーチの背中の目の前)で観戦しました。

木村の守備は、確かに違和感がありました。でも、結構かっこいい感じでした。

何より良かったのは、緒方さんが三塁ベースに来た時と前田さんが目の前をアップをしているのを見れたことです。

緒方さんが打点を上げた後、守備に着いた時の歓声がすごかったです!緒方さんも帽子をとって手を振っていました。
勝ちゲームだったらもっと良かったのに(笑)

赤むらさき さんどーもです。
いつも記事の方楽しく見させていただいております。

岸本の場合実績が全くないような投手ですからね。
青木勇人は西武時代にセットアッパーをやってた年もありました。
結局は短期で大きく変わる事というのは難しいのでしょうね。
今の岸本では市民球場で左のパワー打者にレフトスタンド前列に持ってかれるようなシーンが想像出来てしまいますよ。

>オープン戦とはいえ開幕目前で目を覆いたくなる失速ぶり、
>本当に勘弁してほしいです。

去年の9月くらいの戦いをし始めましたもんね。
去年の前半のリリーフの中心であった永川・河内・梅津が去年以下の出来というのが痛すぎますね。
横山・林・佐竹・広池あたりは去年と変わらないです。

後日投手陣構成書きますが先発の6番手に広池や森や篠田あたりから1人やらすのか面白いと思うんですけどね。
リリーフ補強が出来ないなら今のメンバーからリリーフに力を入れるしか策はないですね。


ノライヌさん

>>実はハマスタの三塁ベースの真ん前(高コーチの背中の目の前)で観戦しました。

おおお・・そうだったのですか。
僕等もそのへんで観戦してましたよ。

>>木村の守備は、確かに違和感がありました。でも、結構かっこいい感じでした。

メジャーリーガーのような感じでしたよね! あれは確かにカッコいい。

>>何より良かったのは、緒方さんが三塁ベースに来た時と前田さんが目の前をアップをしているのを見れたことです。

むふふ・・・しっかりこれ動画に撮りました^^
後日UPする予定です♪

>>緒方さんが打点を上げた後、守備に着いた時の歓声がすごかったです!>>緒方さんも帽子をとって手を振っていました。

緒方は大きな声をかけるとニコっとして手を振って返してくれたりしますね。
ファンに愛され・・・そしてチームメイトから信頼を置かれてる存在であるのがキャンプ・球場で見ていてわかります。
浜スタ内野席の選手との距離感は最高ですね!!


3番 緒方
聞きたいですね~

よったん さんコメントどーもです。

>>3番 緒方
>>聞きたいですね~

激しく同感です!!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/180-3c1f9560

 | HOME | 

Calendar

08 « 2017/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。