2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島-阪神オープン戦 広島 4-5 阪神 高橋・青木高に好材料 

阪神とのオープン戦をしてきました。
ある意味良い敗戦だと思っています。

広島スタメン
8 赤松
7 天谷
6 梵
3 栗原 → 山崎
D 前田智
9 アレックス
5 シーボル
2 石原
4 木村 →喜田剛 →東出

阪神スタメン
8 赤星
4 平野
3 新井
7 金本 →桜井
5 今岡
6 鳥谷
9 フォード →葛城 →藤本
2 野口 →1アッチソン →桧山
1 ボーグルソン →2矢野

投手
【広島】高橋(4回)-青木高(2回1/3)-青木勇(2/3)-広池(1回)-永川(2/3)-林(1/3)
【阪神】ボーグルソン(5回)-アッチソン(3回)-阿部(1回)

(本塁打) 新井ソロ(1回) 鳥谷ソロ(2回) 新井ソロ(8回)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

13時30分から速報してきました。
まずはじめに思ったのは今年の阪神は去年以上に強いという事ですね。
去年怪我で離脱していた赤星が完全復帰、そしてオリックスからトレードで獲得した平野との1・2番コンビは新井・今岡以上の去年からの戦力UPです。
この平野という選手、12球団のセカンドの中でも3本の指に入るほど優秀な選手ですよ。
俊足でミート力もあり、内野守備は非常に上手くまさに2番タイプの選手です。
というかオリックスが阪神に平野を出していたという事実をすっかり忘れていました。

この試合の阪神は広島相手に完全にナメているような采配をしてましたね。
スタメンでDHを使わないのは別にして2点ビハインドの展開の中、アッチソンにバント練習させ、競った展開の中で昨日雨で試合が流れてるのにもかかわらずJFKは完全に温存し、同じくオリックスからトレードで獲得した阿部を9回に登板させる余裕ぶりです。
その阿部もなかなか良い投球を見せ、岡田監督の嬉しそうな表情がテレビに映ってましたね。

と、考えた中で非常に僕が怒りを感じたのは予想通りの永川でもなく阪神の1打者の新井でもなく、オリックスのフロント・特に元監督で今オリックスの球団本部長をやっている中村勝広氏の取ってきた行動ですよ。
仰木さんが3位争いをするような状態にチームを作ったなか体調面から退団して、次期監督に就任・そして結果が出なかった中で今度は球団本部長になりました。
監督時代は現阪神の平野が怪我をしたのを見るとフロントにすぐさま「二遊間選手の補強」を要望します。
しかし当時の二遊間の水口・塩崎・後藤あたりが結果を残してる中での発言でした。
その一方で、中村ノリ・外国人選手は結果が出なくても我慢強く使っていました。
その中で結局フロントから「ノリと外国人選手をなんとかしてから言ってくれ。」と補強を断られました。

そして監督から球団編成本部長に異動してからは生え抜きの谷をまず放出、ラロッカ・ローズなどの実績ある外国人選手を補強しました。
そして今シーズン前には生え抜きの平野と阿部を阪神に放出、さらに地元関西の若手外野手大西を横浜に放出してインパクトのあるカブレラ・浜中・古木等を補強しました。

はっきり言ってコイツ(中村勝広)のやってきた事は最低だと思う。

つぼみが咲き始めている旬の生え抜きの若手などを次から次へと放出し、名前が知られているような選手ばかりを獲得する。
ある意味パリーグの巨人化ですよ。
そして、その出された平野と阿部が今年の阪神の大きな補強になっている。
それだからカープファンとしてもますますムカつくんでしょうね。
すみません、ちょっと言わせてください。

プロ野球界から中村勝広は消えろ!!
パウエルじゃなくてお前が消えろ!!



育った選手が自ら出て行くカープと、育ち始めている選手を球団フロントが次から次へと放出するオリックス。
まだ、前者の方が良いかもしれません。

本日のカープの戦評はMoreからです。

<1回表>
広島先発は高橋
赤星 セカンドゴロ
平野 セフティーバントピッチャーゴロギリギリ
新井 レフト先制ホームラン
金本 ショートゴロ
広島 0-1 阪神

<1回裏>
阪神先発はボーグルソン
赤松 死球
天谷 ファースト方向ピッチャー前セフティーバント成功
ダブルスチール成功
梵  セカンドゴロ ランナーそのまま
栗原 見逃し三振
前田 新井弾くもファーストゴロ

<2回表>
今岡 ショートゴロ
鳥谷 ライトポール際本塁打
フォード ファーストフライ
野口 サードライナー
広島 0-2 阪神

<2回裏>
アレックス レフト線2ベースヒット
シーボル ライト前タイムリーヒット
石原 センターオーバー2ベース 2 3塁
木村 ショートゴロランナーそのまま
赤松 フルカウントから見逃し三振
天谷 ショート内安打ランナーホームインカープ同点
梵   ピッチャーゴロ
広島 2-2 阪神

<3回表>
ポーグルソン 空振り三振
赤星 フルカウントから四球
平野 空振り三振
新井 外のシンカーに空振り三振

<3回裏>
栗原 セカンドゴロ
前田 ライト2ベース
アレックス サードフライ
シーボル ショートゴロ

<4回表>
金本 空振り三振
今岡 セカンドゴロ
鳥谷 空振り三振

メモ: 高橋開幕問題なし

<4回裏>
石原 ライト前ヒット
木村 ファースト前犠打
赤松 左中間オーバータイムリー3ベース
天谷 空振り三振
梵   ファーストフライ
広島 3-2 阪神

<5回表>
広島投手は青木高
フォード ショートエラー
野口 犠打 
代打矢野 2 2からカーブで見逃し三振
赤星 外のスライダーで見逃し三振

メモ:青木高カーブ良い

<5回裏>
阪神投手はアッチソン
栗原 死球
前田 ライト前ヒット
アレックス センターフライ
ボーーーーーーーーーーーーーク!! 2 3塁
シーボル ライト犠牲フライ
石原 空振り三振
広島 4-2 阪神

<6回表>
平野 センター前ヒット
新井 サードゴロ1塁アウト
金本 ピッチャーゴロランナー3塁へ
今岡 ライトフライ

<6回裏>
阪神レフトは桜井
代打喜田剛 見逃し三振
赤松 フルカウントからセカンドゴロ
天谷 サードゴロ

<7回表>
セカンドに東出
鳥谷 ファーストゴロ
広島投手は青木勇人
フォード 四球
代走葛城
アッチソン 犠打
矢野 四球
赤星 セカンドゴロ

<7回裏>
梵 四球
栗原 ショートゴロ ファーストアウト
前田 レフトフライ
アレックス サードゴロ

<8回表>
広島投手は広池
平野 ショートライナー
新井 レフト上段ホームラン
桜井 ショートゴロ
今岡 ショートゴロ
広島 4-3 阪神

<8回裏>
シーボル 見逃し三振
石原 ライトライナー
東出 セカンドゴロ

<9回表>
広島投手は永川
鳥谷 センターオーバー2ベース
永川球が抜け大暴投 鳥谷3塁へ
葛城 四球 1・3塁
代走藤本
代打桧山
ワイルドピッチ2・3塁
桧山 レフト前タイムリーヒット 阪神同点 1・3塁
矢野 ライト前ヒット 阪神逆転 なお無死 1・3塁
赤星 ショートゴロファーストアウト 1死2・3塁
平野 空振り三振
新井 四球
永川→林
桜井 空振り三振
広島 4-5 阪神

<9回裏>
投手は阿部
赤松 ショートゴロ
天谷 四球
梵  ライトフライ
栗原 ライト前ヒット
代走山崎
前田 セカンドゴロ 試合終了

広島 4-5 阪神


戦評 

不安視されていた先発高橋・二番手青木高の両左投手が良い内容の投球を見せた。
高橋は先発当確であろうが、青木高に関しては開幕から中継ぎで起用するような気がしてきた。
去年も終盤に中継ぎで起用されており、横山と共に接戦試合のロングリリーフに使うのではないだろうか。
そうする事によってコズロースキーの抑え配置もしやすくなるからである。
青木高は先発向きの投手であって去年は左打者に完璧にホームランを打たれるシーンも多かった。
しかし、それは昨シーズン前半の直球主体のチーム方角の配球も大きく関係していたように思える。
この日の青木高の左打者への配球はスライダーとカーブが中心にになっていたものでストレートはボールにもなっていいような際どいコースも多く投げていた。
このスタイルでいけばリリーフでも十分通用するのではないだろうか。

打線は梵の3番をやめ、6番・7番に配置転換して欲しいものである。
去年の終盤それで結果を出していたのだから、今年に限っては下位で使うのがベストではないか。

それと采配面では1点ビハインドの9回ワンアウトから天谷が四球で出塁したのだが、そこから盗塁のサインが出なかった事が凄くひっかかった。
今年のカープは機動力野球を全面に出すスタイルではないのか。
相手投手阿部のモーションもゆったりの中で、梵の打席でも栗原の打席でも盗塁のサインを出さなかったのは正直よくわからかった。
なんのためのオープン戦なのか、阪神があれだけ好き勝手選手を試してるのに今年のチームの売りである機動力野球をどうして大事な場面で試せないのか。
ここに阪神ベンチと広島ベンチの気持ちのゆとりの差を正直感じてしまったものである。

永川の結果に関しては正直予想通りである。
キャンプ滞在時に永川徹底分析をした記事の中で書いた事がそのまま的中した。
投球フォームを変えスライダーをマスターしかけていたが、それによりストレートの球威とフォークの落差がなくなる。
結局それからかフォームを去年に近いものに戻すが今度は覚えかけたスライダーが投げれなくなる。
フォームも去年までのダイナミックなものではないためストレートの球威が出ない。
本日の永川はフォークの落ちはあるが、ストレートの球威がないため相手打者がフォークを振ってくれなかったのだ。
またキャンプから習得を目指していたスライダーは全くというほど投げれないものになっていた。
残念ながら今の永川は2軍での投球フォーム作りが濃厚であろう。
カープの運命を握るのは間違いなく1シーズン投手陣が力を出せる環境が出来るかどうかである。
そのためには永川が良い状態で戻ってこれるかこれないかという事はチームにとっても大きな鍵となるであろう。
永川頑張れ。


コメント一覧

9回表

永川・・・ポスターでユダがよかったんじゃない???怒怒怒

永川がどうにもなりませんねぇ。
去年の横浜戦で1試合だけ見せた
幻のカットボール(2シームでしたっけ?)は
どこへ行ってしまわれたんでしょうねぇ?

永川選手

永川選手 心配です。
調整も精神的にも。
なんとか自信を取り戻して、中継ぎ抑えを安定させて欲しいです!

永川について

かーぷFAN さん・MERCURYさん・ノライヌさんコメントありがとうございます。

まず、納得がいくまで投球フォームを徹底的に直す事が先決でしょうね。
そうしないまま登板すれば結果は出ず、ファンの怒りも増え、新球種習得も中途半端のままになり、自信もなくなっていくだけでしょう。
永川が良い状態で戻ってくる事を期待しています。

永川やっちゃいましたね(´・ω・`)

テレビちょっとだけ見れましたが、新井に対してもっとせめてほしかったですね。
シーズンにとっておいたのでしょうかね?
まあ本番に期待しましょう(><)


オリに関しては同感です。
若手がかわいそうですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ひろさんコメントどーもです。

>テレビちょっとだけ見れましたが、新井に対してもっとせめてほしかったですね。

新井に対して攻めているよりまるで自分を責めているような投球でしたね。
正直復活には時間がかかると思います。

>オリに関しては同感です。
>若手がかわいそうですよね。

実績のない若手ではなくて、実績がついてきた若手を出しますからね。
大西がトレードを発表された時のコメントが「地元の関西に愛着があったし正直複雑な気持ちです。」というものでしたからね。
去年まで1番打者として活躍もしてたのに、まあいろんな意味で凄いフロントです。
そういえば歌藤も日ハムに出してたなぁ・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます
昨日は映像を見れなかったんですが
永川は本当に残念です。
フォームでバレてるとか、川口氏がそういったコメントをしていたとか
ありますが
自分が思うにフォームでバレる云々よりも
ストレートとフォークの質が悪すぎるのが1番の原因かと思います
今はフォークがかなり手前で落ちるのと
フォークを見極められる程度のスピードのストレート
ウイニングショット2つの精度が悪すぎるのが原因かと思います

あと去年、2軍落ちしてから今日まで球速は戻っていないですね
投げるのを怖がっているという感じに見えます

最近は絶好好調時に良く見られた、投げた後に左に体が流れて
右足を高々と上げる仕草が見られなくなったし

コントロールを重視するのは結構なんですが小さくまとめてしまった
ように感じます

大げさかもしれませんが
今回の不調は、今シーズン戻れるかどうかではなく
永川の選手生命がかかっていると思います

2軍に落ちればナガカー劇場は見られなくなりますが
2軍で永川を見てやれる人がいるだろうか?
そもそもカープのスタッフに永川を見れる人がいるんだろうか?
今は永川自身もわからない状態だと思います

永川に必要なのは優秀なコーチと心のケアをしてくれる人

ナガカーの復活は遠いと思います・・・・・

ゆういちさんコメントどーもです。

>>ストレートとフォークの質が悪すぎるのが1番の原因かと思います
>>フォークを見極められる程度のスピードのストレート

ここ全くの同感です。
こないだのソフトバンクとのオープン戦では無失点に抑えましたが2ストライク追い込んでから三振が取れず何球も粘られてたんですよね。
パリーグの2軍レベルの打者に粘られるような球威じゃセリーグの主力どころと対戦したらまず通用しないと思ってました。
フォークの落ちは昨日は良かったですが、威力あるストレートがあってフォークが生きてくるんです。
昨日の球威のストレートじゃまずセリーグの1軍では通用しませんよ。

>>コントロールを重視するのは結構なんですが小さくまとめてしまった
ように感じます

ここもその通りだと思います。

>そもそもカープのスタッフに永川を見れる人がいるんだろうか

2軍の山内コーチが見る事になりそうです。
ただ現役時代おもいっきり二段モーションのフォームだった山内に永川を見れるのだろうか・・・・。
去年の終盤、2軍から高卒の前田健太くらいしか上げれるような投手がいなかった事実からも非常に心配です。

>大げさかもしれませんが
>今回の不調は、今シーズン戻れるかどうかではなく
>永川の選手生命がかかっていると思います

これ言い辛くて書きませんでしたが全くの同感ですよ。
もし仮にフォームの癖がバレているようなら、最悪1シーズン戻ってこれないかもしれませんね。
早期復帰してくれる事を強く願いたいです。


永川のフォーム

間違いなく癖はありますよ。
去年で言えば谷や小笠原、
この試合で言えば平野と
パリーグから来た選手はフォークを振りますから。
セリーグの選手はピクリともしない。
これから推測すると何かあるとしか考えられないです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんわ☆

議論吹っ掛けるわけでも、揚げ足をとるわけでもありません。
赤ヘルマンさんの考え方を、聞きたくて失礼します。

>つぼみが咲き始めている旬の生え抜きの若手などを次から次へと放出し、名前が知られているような選手ばかりを獲得する。

>育った選手が自ら出て行くカープと、育ち始めている選手を球団フロントが次から次へと放出するオリックス。
まだ、前者の方が良いかもしれません。


育ち始めているからこそ選手としての価値があるのでネーム先行しているような選手とトレードが成立するのですよね。
そして、どういう形のチーム作りをするかは、カープではないのでおいといて少なくとも彼にとってそれが勝つチームをつくるためにとった行動ですよね。
強くすることを生業としている人間が弱くしようとしているわけは到底ないでしょう。
結果がどうなるかはそれはわかるわけもありません。ただ、そのチームを強くしようとしての行動は悪なのですか?


>僕はですね、廣瀬・広池など選手本人のブログを見てファン心理的に入っていってしまえば入ってしまうほど全体的なモノが見えなくなってしまうと思うんですよね。

私のブログでこのようなコメントをされました。
『生え抜き』というのは戦力として考えるときには不必要な部分であり、またまさにファンの心理だと思います。
そういうフィルターが全体を見えなくするものだとおっしゃっているのではないのでしょうか?
そして、チーム作りをするにはそういうフィルターは余計なものとは考えていないのでしょうか。

むのんさんコメントどーもです。

返信が遅れてすみません。
内容が内容だっただけに集中出きる時に書こうと思ってました。

>>結果がどうなるかはそれはわかるわけもありません。ただ、そのチームを強くしようとしての行動は悪なのですか?

強くしようとしてるからこそしてる事だとはわかりますよ。
しかし中村勝広氏が思う中のその行動がオリックスをダメにしたと思っています。
言ってしまえば昔はともかく、今現在の野球界において監督・編成部長として全く向いてない人だと思ってます。

>>そういうフィルターが全体を見えなくするものだとおっしゃっているのではないのでしょうか?
>>そして、チーム作りをするにはそういうフィルターは余計なものとは考えていないのでしょうか。

これは言ってる事はわかりますよ。
個人的に清原やラロッカやローズの補強は間違ってなかったと思います。
しかし、3位争いをしてた仰木監督時代の中心戦力を外に次から次へと出したり隅に置いたりする中でしかも弱ければ、そりゃあファンもなかなかつかないと思いますよ。
個人的にオリックスの戦力から見ても別にしなくても良かったような不可解なオリックスのトレードはありましたね。


こんばんわ☆

返信どうもです。週末しか見れていないので遅れても大丈夫ですw
中村氏に関しては、擁護するつもりも評価しているつもりも毛頭はないんです。
ただ、どことなく自己矛盾がないかなと思い訪ねさせていただきました。

簡単にいえば、中村氏は無能だから最低、消えろということでしょうか。
結果を出せさえすれば、このようなことも認めるということでいいですか?

むのんさんコメントどーもです。
返信が遅れてすいません。

仰木さんから中村氏に変わってからの中村氏の監督しての実績も含めてオリックスを考えると中村氏の責任がかなりあると思いますね。
楽天よりも優先的に近鉄・オリックスの選手が取れた事実も考えればなおさらそうだと思います。
その事実がある限り中村氏を僕が認める事はないでしょうね。
そして今編成フロントに入り、これでもかというくらい生え抜きを放出。
これでまだ弱ければさらに人気は衰退していくと思いますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/179-9f6a396f

3/20 オープン戦@ひどい。

昨日は雨で流れたオープン戦。 場所を倉敷に移しての虎戦。 内容は、オープン戦とはいえ 結果的にはかなり酷いことになりました。 確...

 | HOME | 

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。