2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神-広島オープン戦 速報してきました すいません戦評辛口です

阪神-広島のデーゲームのオープン戦を昨日と同じように試合速報してきました。
大竹・長谷川・青木勇人・横山・永川と今シーズンのカープ投手陣中心投手になるであろう顔ぶれが登板した試合です。
両チームスタメンです。

広島
8 赤松 →9森笠
7 天谷 →松山
6 梵  →4木村
3 栗原 →喜田剛
9 アレックス →8中東
D 緒方
5 シーボル →尾形
2 石原 → 倉
4 山崎 →6

阪神
8 赤星
4 関本 →5
3 新井 →4藤本
D 金本 →桧山 →高橋→坂
5 今岡  →9浅井
6 鳥谷
9 フォード →葛城 →3
7 桜井 → 庄田
2 矢野 →野口

投手
【阪神】下柳(2回)-アッチソン(2回)-ボーグルソン(2回)-江草(1回)-久保田(1回)-藤川(1回)
【広島】大竹(3回)-長谷川(2回)-青木勇人 (1回)-横山(1回)-永川(1回)

この試合は島野さんの追悼試合でもありました。
試合詳細はMoreからです。

試合内容は一言で言うと情けない、もっと言うならカープの弱さが全面に出た試合でした。
戦評がかなり酷評になっているので、辛口が嫌いな人はMoreは見ないでください。




<1回表>
阪神先発は下柳
赤松 初球特大レフトファール
赤松 サードゴロ
天谷 センター前クリーンヒット
梵 天谷スタート ショートゴロ ランナー2塁
栗原 レフト前タイムリーヒット 
アレックス ショートゴロ

阪神 0-1広島

<1回裏>
広島先発は大竹
赤星 センター前ヒット
関本 レフト線ヒット ノーアウト1 3塁
新井 空振り三振 関本盗塁失敗 ランナーそのまま
金本 ど真ん中ストレート逆転レフト2ランホームラン
今岡 ライトフライ

阪神 2-1広島
メモ:大竹ストレートのキレはない コントロールもない 変化球は高い

<2回表>
緒方 レフトフェンス最上段直撃 2ベース
シーボル ショートゴロランナーそのまま
石原 セカンドゴロ ランナー3塁へ
山崎 レフトフライ

<2回裏>
鳥谷 四球
フォード 2・3から空振り三振 鳥谷盗塁成功
桜井 ピッチャーゴロ2塁ランナーアウト 桜井1塁のまま
矢野 空振り三振

メモ 大竹手投げになってる

<3回表>
阪神投手はアッチソン
赤松 センター前ヒット
赤松 盗塁成功
天谷 ピッチャー野選 ノーアウト1・3塁
天谷 盗塁成功
梵 ファーストゴロ ランナーそのまま
栗原 ファーストゴロ 新井本塁に投げたが赤松余裕でホームイン 野選
アレックス ライトに大きな犠牲フライ カープ逆転
緒方 空振り三振

阪神 2-3 広島

<3回裏>
赤星 ファースト内安打
関本 サード犠打成功
新井 良い当たりのサードゴロ
代打桧山 インコーススライダーに空振り三振


<4回表>
シーボル センター前ヒット
石原 ヒットエンドランショートゴロ ランナー2塁
山崎 空振り三振
赤松 センター前に落ちそうで落ちなかったセンターライナー 

<4回裏>
広島投手は長谷川
今岡 センターフライ
鳥谷 センター前ヒット
フォード ど真ん中ストレート逆転レフト2ランホームラン
桜井 ライトフライ
矢野 空振り三振

阪神 4-3 広島

<5回表>
阪神投手はボーグルソン 捕手野口 レフト葛城 ライトへ桜井
天谷 セカンドゴロ
梵 ピッチャーライナー
栗原 セカンドゴロ

<5回裏>
セカンド木村 レフト松山 ファースト喜田剛 ショートへ山崎
赤星 ファーストゴロ
関本 ショートゴロ
新井 センター前ヒット
桧山 センター前ヒット
今岡 レフト前タイムリーヒット
鳥谷 センターライナー

阪神 5-3 広島

<6回表>
セカンド藤本 ライト浅井 サードへ関本 ファースト葛城
アレックス 空振り三振
緒方 セカンドフライ
シーボル サードゴロ

<6回裏>
広島投手青木勇人 センター中東 サード尾形 ライト森笠
葛城 フルカウントから惜しい四球
桜井 センターフライ
野口 ライト前ヒット 1アウト1・2塁
赤星 セカンドゴロダブルプレー

<7回表>
阪神投手は江草
石原 レフト線2ベースヒット
山崎 ショートゴロ ランナー3塁へ
森笠 サードベースに当たるサード内安打 ベースに当たらなければ長打だった ランナーそのまま
松山 ワイルドピッチ 森笠2塁へ 2・3塁 
松山 外のスライダーに空振り三振
木村 ライトフライ

<7回裏>
広島投手は横山 捕手に倉
関本 三遊間に抜けるゴロを山崎スーパープレーでアウト
藤本 レフトファールフライ 松山好捕
代打高橋 ショートゴロ山崎エラー
代走 坂
浅井 イージーサードゴロ尾形エラー
鳥谷 2・3からセンター前タイムリーヒット いらない失点
葛城 ライト前ポテンタイムリーヒット
桜井 ショートゴロ

阪神 7-3 広島

<8回表>
阪神投手は久保田 レフトに庄田
喜田剛 セカンドゴロ
中東 セカンドゴロ
緒方 セカンドゴロ

緒方の打撃の調子は良い

<8回裏>
広島投手は永川
野口 ライト前ヒット 
赤星 ライト前ヒット
関本 ノーツーから倉キャッチャーファールフライをポロリと落球
関本 大きなライトフライ ランナー3塁へ
藤本 セカンドダブルプレー

メモ:永川2ストライク追い込んでから三振がとれない 球威は戻ってきている

<9回表>
投手は藤川
尾形 2・3から四球
倉 ライトフライ
山崎 センターフライ
森笠 ファーストゴロ  試合終了

阪神 7-3 広島


長い戦評

これまでの試合はカープの良い所が随所に見られたがこの試合は去年までのカープの悪い所ばかりが出た。
まず先発大竹・2番手長谷川と黒田の後のエース候補の二人が情けない内容であった。
大竹が金本に打たれた2ラン、長谷川がフォードに打たれた2ランをどちらも真ん中の棒球。
打たれた相手が今シーズン初打席の金本とこれまで不振であった新外国人選手のフォードであった事が、ただ失投で打たれた1発で片付けられるようなモノではない。
長谷川に関しては病み上がりだからまだ仕方ないにしても情けないのは大竹。
よく2失点で済んだなという内容で、下半身が使えておらず、手投げになっているようにも見え、球に重みがほとんど感じられない投球内容であった。
毎回調子が良いわけないが、黒田のように悪い時には悪い時なりの投球が出来なきゃいけないのがエースというものである。
今日の大竹の内容は去年までのファンをイライラさせるような投球をしていた大竹と全くというほど変わらなかった。
早く一皮剥けて欲しいものである。

この日カープの弱さがもっとも出たのが7回以降である。
7回マウンドには横山があがったが、先頭打者を山崎がファインプレー、そして次の打者をレフトフライで片付けた後の3人目から流れである。
代打高橋の正面のショートゴロを山崎がまずエラー。
山崎はショートの守備は抜群に上手いが、時よりなんでもないゴロをエラーする場面もある選手である。
自分が守備が上手い事をわかっているのだろうが、その心がそのまま油断というものに繋がってしまう選手なのであろう。
要は集中力の問題である。

続いて尾形がなんでもないサードゴロをエラー。
この時の尾形の守備は顔が逃げていて、捕球の時に正面にすら入れず単純にサード守備にまだまだ慣れていないのがわかるシーンであった。
もともと守備が上手い選手ではなく、尾形がブレイクした2005年も怪我で離脱する5/28までに失策を12個していて、この時期ダントツのセリーグの失策数であった。
2005年尾形は5/28まで47試合、全試合に出場して打率303.本塁打6本 打点21盗塁9個と打撃では素晴らしい成績を残していたが、守備では12失策をしていた選手なのだ。

新外国人のシーボル・これからサード守備を徹底的にやるだろう松山も守備は下手な部類に入り、去年新井がゴールデングラブ級の守備をしていた事から、新井の穴は仮に打撃で埋まったとしても、守備の穴を埋める事は現時点ではまず不可能であろう。

さらに永川が登板時にノーアウト1・2塁で関本がノーツーから打ったキャッチャーファールフライを倉が落球したという場面があった。
苦しむ永川を関本が助けてくれた場面なのにそのチャンスを自ら逃してしまう。
実は倉、ここ2年くらいからファールボールを落球や風を計算にいれず捕れない場面が結構あるのだ。
僕の記憶では去年は横浜スタジアムと甲子園でそれぞれそれが間違いなくあった。
それが得点に繋がるシーンもあり、失策も含めその後失点に結びつく倉の守備のミスはここ2年、珍しいプレーなのにもかかわらず本当に目立つ。
今シーズンはそういうミスは無くして欲しいものである。

中継ぎの横山と青木勇人は今日の内容的には問題はない。
ただ、今日横山がエラーから崩れたように、味方の予想外のエラーから球数が多く降板などした場合、当たり前だが次回登板する際の疲労度が全然違うものである。
横山には阪神の久保田のような頑丈のスタミナはない。

この試合、後に登板した永川もそうだが、横山と久保田、永川と藤川、そして阪神守備陣と広島の守備陣を比べると悲しいくらい阪神と広島の差が見えてきてしまう。
横山には久保田のようなシーズン通したスタミナや何連投も出来るスタミナは無く、永川には藤川ほどの安定感がなく、広島守備陣には阪神守備陣ほどの守備力は去年以上にない。
仮にコズロースキーがウィリアムスになれたとしても、結局はそこ以外の部分で阪神との力の差が悲しい事だか見えてきてしまう。
青木勇人と渡邊、佐竹・広池と江草も比較対象に入れればさらにそれが見えてくる。

守備の問題はどうしようもないにしても、1年間カープのリリーフ陣が力を出せるような環境を作らない限りは、今年のカープのAクラス入りはまず不可能であろう。
そのためには、大竹・長谷川のエース候補の先発あたりは調子が悪くても7回くらいまで試合を作れないといけないが、今日の内容ではまず無理である。

悪い事ばかりが目立ったこの日の試合だが、その中でも良い所も少しはあった。
3回の得点シーンは新しいカープが目指すスタイルがそのまま結果に出た。
赤松・天谷がそれぞれ盗塁、また彼等の足で野選を選んでおり、それが得点に結びついた。
こういう得点は相手に与えるダメージも大きいので今年のカープの武器にしたいところである。

さらに緒方の打撃の調子が良い。
悪い時の緒方は難しい球に手を出したり、速いストレートについていけずカットで精一杯な打撃になるが、今日の緒方は甘い球をしっかり捕らえ、久保田の速球も対処が出来ていた。
開幕控えが濃厚な現状から、もしかしたらアレックスの状態次第では十分レギュラーもありえる状態になってきた。

小さな事では森笠が左投手の江草から結果を出した。
もともと井川に強いなど左投手は苦にしなかった森笠だが、一時期スイッチにしたりと苦労した中でこの春季キャンプでは内田コーチが左投げで変化球も含め打撃投手をする中、連日打撃練習をしてきた。
キャンプで取り組んできた事がそのまま結果に出る。
喜田剛のフォーム改造や東出の引っ張る打撃もそうだが、キャンプでやってきた事がそのまま結果に出ることは見ていてすごく気持ち良いものである。

敗戦でも前日の西武戦は天狗になっていた前田健太に強烈なプロのダメージを与えられる事ができたり、永川が復調の兆しが見えたりと良い内容の負けであったが、今日の負けに関しては本当にカープの悪いところ・弱いところばかりが出た。
明日以降のオープン戦では、負けるにしても内容のある負け方をして欲しいものである。


コメント一覧

初めまして!
日々、お邪魔させて頂いてますが、いつも詳しい分析を楽しませていただいています。
恐らく今年も厳しい戦いが続くと思いますが、よろしければお付き合いさせてください!
因みに私のブログは全く野球と関係ないので、悪しからず・・・

今日の試合は3回までしか生で見られていないので後半の拙い部分に関して自分のコメントをすることができないのが残念です。
ただ、今のイケイケ新打線に関して、ブラウンのやりたい野球をしたいのであれば、やはり2番に頭の使える選手が必要であるとつくづく思った試合でした。
守備や実績を考えれば東出もいいのですが、東出の考える2番に固執してしまう傾向があるので、もう少し柔軟に動ける2番がほしいです。まだ主力級と多く対戦していないために言いづらいですが、木村昇吾が当てはまるのではと考えます。
ブラウン的には井生のポジションであると思いますが、であれば尚のこと入れてほしいです。
あとは、サードの問題がやはり出てきたという感じですね。尾形の不安要素が一気に出てきたと感じます。

やっぱりサードが一番ネックですね…
ラロッカ級の活躍をシーボルがしてくれたらいいのですけどね(><)

うかれぽんちさん はじめまして

いつも当ブログを見てくれてるとの事でありがとうございます。
これからよろしくお願いします。

クワガタのブログですか^^
小学生時代はクワガタ・カブトムシに一時期ハマってた事が僕もありましたね♪

氷結ストッパー 君 コメントどーもです。

>>ただ、今のイケイケ新打線に関して、ブラウンのやりたい野球をしたいのであれば、やはり2番に頭の使える選手が必要であるとつくづく思った試合でした。
>>守備や実績を考えれば東出もいいのですが、東出の考える2番に固執してしまう傾向があるので、もう少し柔軟に動ける2番がほしいです。まだ主力級と多く対戦していないために言いづらいですが、木村昇吾が当てはまるのではと考えます。

ここよくわかります。
僕も今のカープでもっとも頭の良い打撃が得意なのは前田を除いて考えれば木村と井生の二人だと思います。

僕が天谷の2番って構想したのは、嶋がブレイクした年の嶋2番に結構近いイメージなんですよね。
ですからイケイケイケイケ打線みたいな感じです(笑)


>>尾形の不安要素が一気に出てきたと感じます。

あそこまで下手とは思いませんでした。
廣瀬はサードを本気で練習すればチャンスありそうですね。
氷結ストッパー 君は僕のブログのカラーに合っていると思うので、これからもバンバンコメント書いてね^^♪


えーと、氷結ストッパー 君は僕のリアル友達です。
簡単に紹介するとシーズン中は観戦仲間としてカープの試合だけでなく、他球団の試合・社会人野球の試合も共に観戦するような仲です。
僕と同じ年で物事を冷静に考えるという意味では遥かに僕よりも優れている人物で、社会人野球にも詳しい野球通です。
これからの彼の発言に注目です^^


ひろさんコメントどーもです。

>>やっぱりサードが一番ネックですね…
>>ラロッカ級の活躍をシーボルがしてくれたらいいのですけどね(><)

そうですね。
廣瀬がサードに本気で回ったら面白いと思うんですけどね。
外野で争ったらおそらく廣瀬は開幕1軍から外れると思います。
シーボルはだんだん良くなってきてはいますね。
コメントありがとうございました。

概ね同感なのですが
大竹に関しては評価が分かれますねぇ。
各ブロガーさんも評価が分かれてます。
僕の感想は、金本以外はこの時期にしては満点ではないかと。
右打者へのシュート、左打者へのスライダー共に効果的でした。
審判と若干合ってないように見えたのが少しかわいそうでしたが
最後のバッターを三振に討ち取ってマウンドを降りる姿にオーラを感じたのは
僕だけではないと思うのですが・・・。
それにしても尾形の守備は終わってますねぇ。
シーボルがこけたらとんでもないことになりそうです。

前回のコメントですが、藤本の8番のイメージですか・・・。
野球を全く見てない時期だったのでどんなイメージなのか分からないです。
確か1今岡2赤星というバランスの悪い打線だったような。
どうも新しい時代のオーダーにはまだ意識が追いついてないみたいです(涙)

MERCURYさんコメントどーもです。

>>大竹に関しては評価が分かれますねぇ。
>>各ブロガーさんも評価が分かれてます。
>>僕の感想は、金本以外はこの時期にしては満点ではないかと。

大竹は去年から調子が悪い時は特にそうですが、良い球と悪い球の差が激しすぎるんですよ。
ですから、2・3ピッチングが多くなってしまう。
去年から三振の多い投手でした。
レベル的にはシュートも完全な武器になり投球の幅は広がりました。
しかし黒田が抜けた今シーズン、大竹があんな程度じゃ僕はかなり厳しいシーズンになると思います。

悪いなりに抑えたと中国新聞の記事で出てましたが、あのまま果たして7回まで投げて2失点で済んだでしょうか?
阪神がシーズン中ではまずやってこないような場面での盗塁死をしたり、新井にも芯で捕われていました。
僕には「悪いなりに抑えた」というよりも、オープン戦という時期も考えても「2失点で済んだ。」って方が断然強いんですよね。

良い球もあれば、悪い球もある。
昨日は変化球も抜けてる球も結構ありましたし、失投は金本への1球だけでは間違いなくないと思いますよ。

確かに大竹は去年よりも成長はしてます。
ただ、その中で良い球と悪い球の差があってボール先行の球数の多い去年までのレベルに近いようなエース候補大竹では、今年のカープのAクラス入りへの道はかなり厳しいものだと思います。
エースは調子が悪くても悪いなりに試合を作る。
昨日の大竹の内容はそうと言えるものだったでしょうか。
大竹が少し成長してるレベルでは本当にカープは厳しくなると思います。




なるほど、なるほど。
確かに仰る通り、大竹が最悪でも
去年の黒田に追いついてないと投手陣の
底上げにはなりませんね。
もちろんこの内容がシーズン中でしたら絶望的ですが
あくまでこの時期ですからつい去年よりも成長した部分に
目がいってしまいました。
力みの抜けたよどみないフォームで、
ランナーを出しても変わる事無く投げていたことに
大化けの可能性を感じて嬉しかったもんで
つい自分的には合格点を付けてしまいました。
これからの投球に期待しましょう。

MERCURYさん

そうですね。
次回以降の大竹にまた注目したいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/167-29703f00

3/5 内容悪すぎ。。

今季 最も注目すべきカードとなるであろう虎との一戦。 ここまでまずまず落ち着いた戦いをしていたのですが、 ここに来て一気に破綻を極...

 | HOME | 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。