2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日南キャンプレポ 内田コーチの存在は大きい!! 紅白戦は宮崎・天谷が好材料

本日から日南入りです。
さっそく天福球場に行き紅白戦を中心にじっくり見てきました。
伝えたい事はたくさんありますがとりあえずは紅白戦の結果を書きます。

紅 4-1 白

紅スタメン

8 中東
7 天谷
5 シーボル
3 栗原
D 森笠
6 梵
2 石原
9 井生
4 松本 
特 上村

白スタメン

8 赤松
6 木村
9 アレックス
7 松山
D 緒方
5 尾形
4 山崎
2 倉
3 末永 

紅投手 宮崎-横山-林
白投手 青木高-青木勇人-梅津 

野手ポジションは自信ないけどおそらくこうだったと思います。
試合の詳細は書いてますので文末Moreからご覧ください。

球場についた時から今年は去年と違った空気がチームに流れてるのを感じました。
シートノックの時の選手の声がとにかく大きかったです。
特に喜田が大きく、東出・山崎あたりと笑顔を見せながらプレーしていました。
ミスしても「ああーーー!!」みたいな苦笑いのリアクションをとっていてそれは良い表現で言えばとにかく明るい職場、また悪く見れば緊張感がない職場と取られてるでしょうね。

今年は内田コーチが戻って来た事が去年と比べてガラっと雰囲気が変わった感じがします。
去年のキャンプではリブジーコーチとブラウン監督が中心で指導をしていたんですが今年は完全に内田コーチが中心です。
内田コーチの円陣の中に入り、指示を与える、その図式が出来ています。

しかしこの内田コーチ、サングラスをかけてる事でピーコに似てる事から激しいイメージもあったのですが実際に真近で見てみたら全くというほどそんな事ありませんでした。

紅白戦後、内田コーチが球場奥の打撃練習場で赤松と森笠に徹底打撃指導をし始めました。
去年はこの練習場、選手がマシンに向かって居残り特打をしたり、ストレッチルームとして使われていたんですが今年はここに内田コーチが入ります。
内田コーチは自ら打撃投手になり、赤松と森笠に指導をし始めました。
するとどうでしょう。
内田コーチの口からは
「良し!!良いぞーーーーーーー!!!! 」
「良し!!今ので掴んだなーー!!!!」
ととにかく褒める言葉ばかり出てきたのです。
赤松に対してアドバイスをしては褒めるの繰り返しで赤松の表情もギリギリに追い詰められた選手のモノではなく、まるで少年のように野球が楽しくてたまらないような表情なのです。
それは一球・一球打つたびに力を入れる事であげる「フッ!!」という赤松の声からもわかり、見ているファンも気持ち良くなりました。

さらに驚いたのが森笠を指導してる時の事です。

「良し!今度カーブ行くからな!」

なんと、内田コーチは左投げでカーブを投げ始めたのです。
去年までの打撃マシンだけとは訳が違います。
さらに、時間がたつと今度はワンバウンドのカーブを打つ練習です。
どおりで森笠が内田コーチのいた2年間の中で右投手よりも左投手の方が強い年が2年もあったわけです。
森笠はもう慣れてる感じの表情でしたが、赤松は本当生き生きしていたなぁ・・・。
きっと今の赤松のように内田コーチに鍛えられてた4年前の岡上もそうだったのでしょうね・・・。
怪我を我慢してしまうほど打撃練習をしてたかったのでしょう(泣)

内田コーチは若手選手の後ろでもくもくと打撃練習をする前田にも指示を出していました。
まさに統括コーチですね!!

他にもルイスのフリー打撃の登板、さらにはシュールストロムスカウトとブラウン監督が長く話し込んでる姿が印象的でした。

さて、本日はここでおしまいにします。
本当は写真・動画もたくさん撮ったあるのですが、本日だけ自分のノートパソコンが使えない関係でUPが出来ないんですよね(泣)
でも明日以降には出来ますので期待しててください。

今回もう一つ思った事は長期移動って本当に体が疲れるという事ですね。
僕は始発で羽田から来たのですが、そこからさらに宮崎から天福球場までの移動だけで正直もうフラフラでした。
それをカープの選手達や記者の方々達はシーズン普通にやってるわけですからプロって凄いと思います。

では明日に備えても休む事にします。
明日からは画像・動画も出来ると思うのでより頑張りたいと思います。

<1回表>紅の攻撃
白組先発は青木高。

中東は打ち上げたライトフライ
天谷は青木高の内角高めのストレートを逆方向に打ち返してレフトオーバーの2ベースヒット
シーボルはボテボテのセカンドゴロ 天谷は3塁へ
栗原は青木高の外の抜いたチェンジアップに合わせていったがレフトフライ

<1回裏> 白の攻撃
紅組先発は宮崎

赤松はサードゴロ
木村は3塁線を綺麗に破るヒット
アレックスは外角低めのストレートを上手くミートしてライト前ヒット
松山はフォーク2球で追い込まれてからストレートをセカンドゴロ
緒方は低めのストレートを引っ掛けてショートゴロ。

<2回表>

森笠は初球をボテボテのピッチャーゴロ
梵はレフト際へ大きく打球を打ち上げる・これをレフト松山がラミレス以下の動きで2ベースにしてしまう
石原はショートゴロ
井生はライトフライ

<2回裏>

尾形はセンターへクリーンヒット
山崎はバントを1球ファールにした後、真正面の強いバントをする。これを宮崎がもたつきセカンドに投げない。さらにファーストに投げた球がワンバウンドでカバーに入った井生も油断して捕球体勢にも入っていなかった。ベンチから罵声が飛ぶ
倉は空振り三振

<3回表>
白組投手は青木勇人

松本 サードフライ
上村 セカンドゴロ
中東 ショートゴロ

<3回裏>
紅組投手は横山

赤松はライトフライ
木村はレフトフライ
アレックスはフォーク2球で追い込んだ後高めのストレートで空振り三振

<4回表>
白組投手は梅津

天谷ストレートの四球 この後 2盗・3盗を決める
シーボルも四球で梅津連続四球
栗原カウントノーツーからセンター前タイムリーヒット
森笠 バント失敗
梵 四球 梅津は3四球
石原は初球狙ってたかのようにライト前にしぶとく2点タイムリー
井生はライトへきっちり犠牲フライ
松本はセカンドファールフライ・山崎のファインプレー

<4回裏>

松山は横山に内角のスライダー・外のストレートで簡単に追い込まれたが3球目の内角のスライダーをセンターに綺麗にミートする。
結果センターフライであったが横山の球が良かっただけに松山の打撃のセンスも感じた。
緒方はセンターフライ
尾形のファーストライナーを栗原がジャンピングスーパーキャッチ!

<5回裏>
梅津があんな状態なので5回表はパスして5回裏へ
赤組投手は林

山崎はセカンドゴロ
すいません、ここからメモがないんですがこの後無難に林が後続を抑えてたと思います。

試合終了!!

戦評

宮崎が左打者に対して落ちるボールを有効に使っていた。
去年のフォークボールよりも格段と落差があり低めからワンバウンドになる球が特に効果的に見えた。
サイド気味の投手なだけに落差のあるフォークボールの習得出来れば宮崎が先発枠から外れる事はまずないであろう。
横山・青木勇人の中心リリーフ陣も持ち前の力を出していた。
特に横山のコントロールはストレート・カーブ・スライダー・フォーク何においてもほぼパーフェクトにいっていた。
青木勇人も独特の間と見事なくらいの荒れ球は今年も健在のようだ。

打者では天谷が目立った。
青木高広の内角高めのストレートをレフトオーバーまで飛ばした。
小柄ながらパワーもある選手で持ち味の俊足でも2盗・3盗と決めた。
さらに言うならば尾形の足の状態が良さそうだ。
見ていて去年と違って足が軽いのがよくわかる。
持ち味のミート力は健在でサード守備も無難であった。

悪い意味で目だってしまったのが松山の守備である。
とにかく足が遅く、落下点に着くまでがモタモタしすぎる。
その遅さは前田とも比べ物にならなく、ラミレスよりも遅く見えた。
音で例えるならドテンっドテンっと言った感じだろうか。
左利きでレフトでは逆シングルになるため余計に遅く見えた。
末永同様、打撃は良いが守備は穴というタイプの選手であろう。
とにかく絞る必要があるだろう。

梅津の状態には驚いた。
コントロールもバラついてたがそれ以上にキレが全くなかった。
際どいコースに投げても簡単に打者に見極められてしまう。
試合後ブルペンで何球も投げ込みを行いフォームを確認していた。

投手では宮崎・横山、打者では天谷が目立った試合であった。

コメント一覧

紅白戦で松山の守備機会を一回見ましたが、それだけで「ん~なるほどね(^^;)」って思いました。
やっぱ下手っすよね。

にしても、現地で見れるなんてうらやましい限りです。

はじめまして。初めてこのブログにきました。
興味深く拝見させていただいてたんですが、
<5回裏> 林は1失点ですよね?誰が打ったかわかりますか?

キャンプレポートありがとうございます。

宮崎投手は結果だけ見ると「パッとしないなぁ」とがっかりでしたが、
なるほど進化しているようですね、今後も注目していきます。

あと青木勇、横山両投手が順調そうで安心しました。

野手陣では尾形選手の足の具合良さそうで何よりです。
頼みのシーボルがどツボにはまってるようなので、
ひょっとすると尾形スタメンもありそうですね。
こう言えるだけ層が厚くなったのはうれしい限りです。

松山選手の守備・・・ラミレスよりも遅いですか(涙)
何かますます「西田選手」にダブってきましたね。
「代打の切り札」的匂いがプンプンするような(笑)

また貴重なレポートお願いいたしますm(__)m

むのんさんどーもです♪

松山の守備は要チェックですよ!!

>>にしても、現地で見れるなんてうらやましい限りです。

じゃあ是非来年は一緒に行きましょう(笑)
初日から目の前に前田が通ったら世界観変わりますよ(・ ・)

たけさんはじめましてコメントありがとうございます。

>><5回裏> 林は1失点ですよね?誰が打ったかわかりますか?

すみません、ここだけ一緒に来た友達と話し込んでたのかメモがないんです><
役に立てなくてすいません、明日は頑張ります;;

赤むらさきさんコメントどーもです。

>>あと青木勇、横山両投手が順調そうで安心しました。

この二人は順調間違いないですね。
だからこそ、あの守護神がちゃんとしてれば良いんですけどね。
個人的にシーズン途中でも横山が抑えをやった時点で終わりだと思ってます。

>>松山選手の守備・・・ラミレスよりも遅いですか(涙)

バックネット裏からだったんでよく見えました。
神宮でラミレスはたくさん見てきましたがラミレスよりも鈍かったですね(泣)
でも、、もしかしたら昨日だけ調子が悪かったのかな?
また注目してみます。

気になったのはペローン
打たれたのは天谷だけですか。
ということは、対左は今年も苦労しそうですか?

>MERCURY さん どーもです

>打たれたのは天谷だけですか。
>ということは、対左は今年も苦労しそうですか?

確かに天谷に打たれた球は昨シーズン多くの他球団の左主力打者にジャストミートされていた球と同じでしたね。
ただ、この日のペローンはカーブが全くというほどなかったです。
正直なんとも言えないというのが感想です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/153-d22b75cb

今日は「ルイス」と「青木高」と「天谷」でした。

広島は厳しい寒さが続いてますが、 日南は今日も好天気に恵まれたようで 2度目の紅白戦が行われたようですね。 まず圧巻だったのは「ラン...

2/19 球団の本気度

本日は 二度目の紅白戦が行われたようです。 先発は 2年目の宮崎と 自分の今年の注目選手 青木高広。 宮崎は 常々言ってる細かい制...

 | HOME | 

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。