2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉マリン 雨の中のカープファン 3

最近忙しくてなかなか更新出来ず今月2回目の更新です。
前回前々回に引き続き千葉マリン&ロッテのレポートになります。
今回はロッテのファン倶楽部の特典・そして千葉マリンスタジアムでのウィークデーサービスについて書きたいと思います。

まずは2008年度のマリーンズのファン倶楽部特典をご覧ください。
上記の内容を初めて見た人は2008年度のカープファン倶楽部の特典との差に驚いた事でしょう。

ロッテはファン倶楽部会員がランク別に別れていて無料のコースから1万円のコースのものまで6種類もあります。
それぞれの細かな特典は上記のサイトで見て欲しいのですが、その中で注目すべき特典を何個かピックアップして書きたいと思います。

まず何よりもすべてのコースの会員が千葉マリン開催試合の外野自由席のチケットを会員になっているだけで通常の1800円から1200円で買えるという特典がある事です。
これがあるだけで他球団のファンでもロッテのファン倶楽部会員になりたいと感じてしまっても不思議じゃないですよね。
そして全会員に1回目の来場で記念品抽選会を行っていて2回目には記念品を全員にプレゼントとするという特典もあります。
これだけでも無料会員になってもかなり楽しめるという事実がわかりますよね。
さらに注目したいのは2007年から引き続き2008年も有料会員になると限定グッズがもらえます。
継続メリットがあるのも良いですよね。
さらには指定試合限定のピンバッチがもらえるというサービスもしています。
そして僕が一番のメリットに感じるのは千葉マリンに足を運べば運ぶほど貯まる会員ポイントシステムです。
球場に行けば行くほどポイントが貯まりそのポイントで試合チケットやグッズと交換出来るというサービスで、常連になればポイントでもらった無料チケットが余ってしまうほどのサービスのようです。

ここまで書いただけで「カープファン倶楽部には入れないよ」という気持ちになってくる人も多いのではないでしょうか。

カープファン倶楽部は会員になってもチケットは安くならない・ポイント制もない・継続メリットもない・特典のジャージは去年のモノの袖をカットした感じのものとロッテとこれでもかってくらいの差がありますよね。
ちなみにファン倶楽部特典で外野席チケットが安くなるというものはロッテに限らずほとんどの球団が会員特典としてやっています。
ここまではファン倶楽部特典の違いを書きました。

次は千葉マリンスタジアムでのサービスデーについて書きます。
千葉マリンスタジアムでは去年一週間の曜日ごとによって違うサービスデーという企画がありました。
それをパッと紹介したいと思います。

火曜日  花火デー  
試合の中に花火があがる

水曜日  サラリーマンデー 
試合後に球場外のステージで「サラリーマンの主張」をしてくれた先着200名に千葉マリンスタジアム内にある有料マッサージの無料券がもらえるなど

木曜日  レディースデー

女性は内野自由席チケットが1000円になる。
木曜だけ内野席の一部に女性専用エリアがある。

金曜日 ワンコインデー
金曜だけは球場内にある店の飲食のメニューなどが500円・または100円に値下げされる。

土曜日 キッズデー
マリーンズマスコットのぬりえをキッズにプレゼント。
試合前にグラウンド内で選手の練習風景を近くで見れる。
試合後にグラウンドでベースランニングに参加出来る。

日曜日 ファミリーデー
ファミリーにぬりえ・オリジナルカードをプレゼント。


さらにシーズン中に指定日でアロハシャツを着てくれば特典がつくアロハデーやサングラスをつけてくれば特典がつくサングラスデーなど企画デーもたくさんあります。

ちなみに木曜日のレディースデーの女性専用席はファンの声を聞いたサブローが提案をしたものです。
サブローの個人ブログのメッセージに女性ファンが意見を書いてそれを見たサブローが球団に提案したところ実現したというものです。
カープで例えるなら廣瀬のブログにファンがコメントした意見から球団サービスが生まれるといった感じでしょうか。

今のサブローの例だけでなく、ロッテという球団はファンの声を大事にしていて一昨年の契約更改では小野投手が球団ホームページから寄せられたファンの査定により大きく球団が評価を変えたという事もありましたね。
ここまで書いただけでファンを大事にするチームというのがよくわかるのではないでしょうか。

ロッテがここまで変わったのはバレンタイン二次政権になった2004年に大きく組織を変えたからです。
球団代表・企画・広報など大きく一新し改革が始まりました。
球団代表は元ホークスの球団代表で福岡ドームの改革を成功させた実績のある瀬戸山氏を採用します。
そして球場のボールパーク化計画をするのにあたって野球界以外で活躍するそれぞれの専門のプロを10人以上採用という改革に乗り出しました。
よくロッテの変貌はバレンタイン監督の存在がメディアでは大きくあげられていましたが、調べていくうちに実はそれ以外の組織の改革の方が大きかったのではと思うようになってきました。
その改革は成功し2007年のロッテの球団売上高は2006年よりも約10億円増収で2002年から比べれば5倍の増益になるそうです。

大改革をさせた瀬戸山代表の今年に入ってからのインタビューがここに書かれています。
さらに球団経営について興味のある方に是非読んで欲しいのがが千葉ロッテマリーンズ変革の300日―プロ野球を変えたキーマンの証言という野球書籍です。
この書籍読んだのですが大改革の中で球団代表・企画長・応援団・チアリーダー・花火師・ビールの売り子・古くからの1ファンなどそれぞれの立場からロッテの大改革にあたっての事が書かれています。

今回僕が3回にわたって千葉マリンのレポをこの時期書いたのは他でもない広島カープの本拠地が来年から新球場に移るという事実があるからです。
新球場が完成された時、新しいファン層を獲得をする大きなチャンスだと僕は思います。
その時にいかに初めて来場した新しいファンをリピーターに出来るかがカープの未来の明暗を分けると思っています。
それを成功するのに今の千葉ロッテと千葉マリンスタジアムはとても参考になるものだと僕は思います。

しかし残念ながら今のままのカープ球団のファン倶楽部サービス・球場演出・球場サービスでは3・4年後にはかなりヤバい状況に追い込まれると思います。
今のカープ球団組織の実状や千葉マリン完成当時のロッテの例や新球場になるにあたっての現状の条件などを考えてもカープの未来が本当に怖いです。
そうならないためには球団がどう変わっていくのか、メディアがどう報道していくのか、そして我々ファンがどういう行動を取っていくのかがとても大事になっていくと思います。


次回はカープ球団そのものについての現状、またそこからの打開策について個人的に感じる事を書いていきたいと思います。

コメント一覧

こんばんは。ご無沙汰してます。

いろいろ分かりやすく書いていただいてありがとうございます。
大変勉強になりました。

仰られるように 組織の改革無くしてこの現状はありませんでしたね。
私も2005年に一度ブログに書いた記憶があります。

それにしても、まさに天と地ほどの差がありますね。
ロッテの球団スタッフの方々が、本当にロッテのファンなのでしょうね。
だからフェンの気持ちが分かるのだと感じます。
かたや、我が球団のお粗末この上ない現実・・・。
ファンの気持ちになれば、
入場列整理の管理、入場券の販売、カルピオの場所の再考等々、
とっくに変化があってしかるべきなのでしょうけど・・。

新球場の立派さがソフト面の陳腐さで恥をかかなければ良いのですが。
いまからほんとに心配ですね。

あと一年と迫った新球場開場には
普通の企業ならプロジェクトチームが立ち上がり
準備がドンドン進んでいくのでしょうが、この球団の現状はどうなのでしょうか。おそらく我々が想像することに大差ないのでしょうね・・。

我々ファンはそれを見守るしかないのでしょうかね。
何かできることがあれば と、マジで思いますね。
次回の記事、お待ちしてます。

よしだけんたさんコメントありがとうございます。

ロッテの大改革は千葉マリンが設立した当初に失敗してる事も大きいかもしれませんね。
今のカープを見てるとその一時のロッテの失敗と同じ道を進んでる気がしてなりません。
しかし今のカープの組織システムでは失敗は許されません。

>>我々ファンはそれを見守るしかないのでしょうかね。
>>何かできることがあれば と、マジで思いますね。

この辺は次回以降の記事で少し僕の考えを書きたいと思います。
でもよしだけんたさんはすでに「夢スタジアム~広島新球場~」のサイトで十分もうすでに大きな貢献をしていると思いますよ!
もし「夢スタジアム~広島新球場~」の新球場完成までの内容が写真付書籍として発売されたら僕普通に買いますもん(笑)

インターネットが普及したこの世の中だからこそブロガーという立場だから出来るアクションを起こす事って大事な事かもしれませんね。
僕もそこは日々色々と考えています。

ロッテはすごいね。
スタッフの洗練されたセンスを感じます。
正直、ファンクラブ会員全員に内野の2階席のチケットを
無料配布したらいいのにと考えてます。
年に1度満員になるかどうかの為だけに存在するあの粗大ごみを
有効活用できるのにと思います。
客が入れば飲食費用だけでも単純増益になるのにね。
それに客が入れば選手のモチベーションも上がるのでは。
まさか売れるかもしれないなんて妄想をまだ抱いてるのでしょうか?
そうだとすれば、若干痛いですね。

まあ今年2年目なので過度の期待は禁物ですが
新球場では売れそうにない席(特に3塁側内野自由席あたり)を
特典につけるべきでしょうね。

ポイント制もあったほうがいいでしょうね。
もっと客の購買意欲を煽っていかないと。

と言いつつ、入会してるMERCURYでした。

MERCURYさん どーもです。

他球団と比べるとやっぱりカープのサービスは弱いですよね。
今年のカープファン倶楽部の特典はいかにもこれで儲けられればみたいなものが全面に出てる気がします。

2階席も内野席も同感です。
何かして欲しいですよね。
関西カープ会のレポ見させていただきましたが非常に面白かったです!
来年は関東カープ会に行って見ようかな・・・。

ロッテファンの方、あなたのおっしゃる通りです。カープ球団は客を引き付けるのが昔からヘタクソな球団です。しかし、新球場が出来れば、必ず変わります。もちろん良い方向へ。現在のカープファンはあの狭くて、ボロボロの市民球場に嫌気がさしており、「新球場が出来れば必ず年に数回は見にいくよ」というファンが圧倒的に多いのです。あと1年の辛抱です。必ず広島は変わります。

初代・毛利元就さんコメントありがとうございます。

>>新球場が出来れば、必ず変わります。

個人的にはなかなかそうとも思えないです。
それは新球場歓迎の人も多くいますが、逆に反対の人も多くいるからです。
特にこれまで市民球場で年間シートを買ってきた企業がそのまま新球場になり年間シートを継続するとは考えられません。

新球場が出来る事で広島は大きく変わるでしょう。
ただ、その変わった流れに乗っていけるかどうかは広島球団自体のそこでの行動が大きく関わってくるように思えます。

カープ球団とロッテ球団のファンサービスの格差。それは確かにあるが、私は広島人として、広島市の人の性格を考えて見たい。よく言われることだが、昔から広島市内の、特に中区に住む人は外から市内に入ってくる人のことをあまり考えていないといわれる。指摘をすると、たくさんあるのだが、その象徴的な一面として、地下鉄とJR山陽本線の結節点である白島新駅が未だにできていないことが挙げられる。通常、外から入ってくる人の事を考えたら、「ここに駅が無いと困るだろう」と考え、地下鉄開業時にちゃんとインフラ整備されておくべき新駅の工事。それを14年間もやらないいままにしておいた市、そして市に対してなかなか訴えてこなかった中区の人。「外から市内に入ってくる人が不利益を受けても俺たちには関係ない」と受け取られるような姿勢、これが広島の本質だと思う。これでお客さんが増えるはずがない。これは球団オーナーも同じ。もし、これが他の政令市であれば、外から入ってくる人に配慮するようなインフラ整備をやるし、やらなければ、すぐに地元住民が行動を取るだろう。しかし、広島市の中心部の人にはそれがほとんど見られなかった。これは遺伝的なものだと思う。そういう土地柄、人柄が多いから客の心をなかなかつかめない。特に野球という興業は遠距離からの観戦客が多い。つまり、「外から入ってくる客」であるということ。3万人を超える観客が見込める土曜・日曜はなおさら遠距離、中距離からやってくる客が多い。千葉も同じ。私は埼玉県に約5年住んだが、東京、埼玉、神奈川といった中距離からの客が土曜・日曜は多い。野球を知らないとかスポーツに興味がないという人はたとえ市内に住んでいても、週末の休日であっても野球を見に行かないだろう。逆に野球に興味のある人は少々遠くても何度も球場に足を運ぶ。しかし、広島市内の人は外から入ってくる人のことを昔からあまり考えない性格。これが広島市内の「根っこの部分」にあるような気がしてならない。

初代・毛利元就 さんコメントありがとうございます。

広島に関しては同感するところもあります。
今の球場サービスを見ていても外から来る人や他球団ファンの事を考えていないサービスもあるなと感じていました。

例えば広島市民球場のアウエーのファンの数についての考え。
広島という土地柄アウエーファンがなかなか入らない事は事実です。
しかし、そういう少ない人達をまた球場に来たいと思わせる環境やサービスがあるかといったらそれはないに等しいと思っています。

ある他球団選手が広島市民球場に初めて来た時「これは広島選手がかわいそう」と漏らした話題がありましたよね。
他球団ファン、遠くから足を運んだファンは他球団の球場の環境やサービスも知っています。
そこで今の広島市民球場の環境をどう思うのか。
それは決して口に出して教えてくれません。

小さな事で他球団ファンのリピーターを多く呼ぶものだと思います。
広島が良ければ良い、それが今の市民球場のサービスからも出ていると思います。
球場が新しくなる事、これは新たなファンを呼ぶにはチャンスだと思います。
しかしそのチャンスを生かすも殺すも球団自体のサービスにかかっていると僕は思います。
これを生かせなかったら今よりヒドくなっても不思議に思えません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/147-2d1f4887

 | HOME | 

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。