2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーボル♪シーボル♪

まさかカープ球団が新外国人野手をシーボルにシーボルとは・・・・・・。


長文4連載第2回に行く前に外国人補強ネタについて書きたいと思います。
さてさてカープ球団はシーボル内野手の来季の契約とアレックス外野手の再契約を発表しました。
この記事によればさらに新外国人投手を3人補強するとの事です。
これを見た瞬間「むむむ。」と思ってしまったのは私だけでしょうか。

シーボルが新外国人野手としてどれくらい打つか打たないかは別としてシーボルを球団首脳陣が新井の代わりとして大きな期待を持っている事は間違いないでしょう。
同様にアレックスに対しても来季も必要な戦力と考え残留させたのでしょう。
こう考えた時に、まずこの二人が怪我でもしない限りは開幕1軍のベンチから外れる事はないと思われます。
その中であと3人の新外国人投手の補強という意味です。
それはイコール3人投手を補強しても1軍枠に入れる投手は2人だけという事を指します。

外国人選手の枠が4枠しかない事は野球をある程度知ってる人ならわかる事でしょう。
この事から仮にカープのスカウトがこれから入るだろう新外国人投手を3人とも優秀な投手を入れたとしても3人共フルに働かせる事は不可能という事です。
仮に先発型の投手・左のリリーフ・抑え投手をそれぞれ良い素材を獲得したとしても彼等が良かったとしてもシーズン通して抹消・登録を繰り返さなくてはなりません。

カープでは2004年にそういう例があって、前年文句ない成績を残したシーツに、復活したデイビー、さらには前年8勝の闘争心抜群のブロック、そして新外国人野手のラロッカ、新外国人投手のベイルにドミニカアカデミーから来たフェリシアーノと外国人6人体制をこの年はしいていました。
成績だけでの前評判ではラロッカが落ちるだろうと想像されていた中でオープン戦でそのラロッカで低評価を覆す働きを見せます。
ベイルも「過去最高の外国人投手」という首脳陣の評価通りに良い内容の成績を出しました。
結果は前年8勝をあげたブロックが、開幕前に怪我をして離脱。
本当に怪我が重かったのか外国人枠に入れなかった事実にやる気をなくしたのかブロックがこの年登板する事はありませんでした。
この年の外国人の成績で言えばベイルは先発としてローテを1年守り、ラロッカは予想を遥かに上回る大活躍!
シーツはそれ相当の数字を出し、デイビーは開幕から試合中にブチ切れ連続で肩の痛みを理由に5月に途中帰国しています。
それからか終盤はフェリちゃんの登板も何試合かありました。

カープだけでなく他球団で見ると記憶に新しいのが一昨年のヤクルト。
ラミレス・リグス・ラロッカと3人外国人野手を使ってる関係でガトームソンとゴンザレスという優秀な投手を登録・抹消を繰り返さなければならなくてはなりませんでした。
その影響からかヤクルトは手放したくなかったガトームソンを翌年ソフトバンクに奪われています。

これを考えると、カープの例・ヤクルトの例でもそうですがこの外国人枠争いというものは大きく外国人選手の心情を動かすものだとわかりますよね。
デイビー・ブロックといったカッとなりやすいタイプの外国人には非常に采配としてやり辛いと思うし、もちろん優秀で成績を出すような選手から考えれば来季の契約におもいっきり関わってしまう事でもある。
あくまで3人共優秀な外国人投手であったらの話と言えば話ですがカープの投手陣のレベルの低さは誰が見てもわかる事であって3人共そのラインを超える可能性は十分あると思われます。

おそらくこういう事を考えれば、新外国人投手3人の配置割合は先発2人・リリーフ1人の確率が高いと思われます。
それが一番起用しやすいといえばしやすいですからね。
先発を2人で争わさせて、オープン戦で2人の結果がはっきり出たなら片方を先発の軸で片方が2軍、どちらも良ければ登録・抹消の繰り返しのローテ製というカタチでしょう。

先発1人・リリーフ2人というのは個人的には確率はかなり低い気がします。
リリーフとしてカープが新外国人投手を使うなら、左の主力リリーフとか抑え投手とかリリーフの軸として使う可能性が高いと思うからです。
そういう投手を登録したり抹消したりするとは考え辛いです。

今のカープなら黒田・新井・ダグラスなどの浮いた資金で、より前評判の高い選手に金銭的に力を入れて獲得する事も可能だと思います。
しかし、それをするにあたってその選手の性格というものも見て判断しなきゃならないでしょうね。
難しい事だと思います。

なににしても、今回のシーボル補強でわかった事は来季のカープのリリーフ補強にあたってシーズンボロボロだった左のリリーフの補強とシーズン不安定で失敗も多かった抑え永川のバックアップ要員をダブルで補強出来る可能性は限りなくゼロに近くなったと言う事です。
去年のリリーフ構想でいけばどちらかは去年の状態のままでいく事になるわけであって、その不安は変わらないままシーズンを迎えるわけですからね。
新井と黒田の代わりばかり目がいってしまいがちですが、今季の永川や左のリリーフ陣の事を思い出して振り返ってみると来季も仮に彼等が今季の状態だったらそれを修正できるリリーフ層が今のカープにはあるでしょうか。
例年に比べて比較的日程が楽であった今季ですらシーズン終盤になりすべての中継ぎ陣がボロボロになった現実があった中で、今季よりずっと厳しいスケジュールになる来季、ろくにリリーフ対策を立てずにシーズンを迎えたらカープが例年通りにリリーフから壊れていく姿が簡単に想像できてしまいます。
首脳陣には例えフロントがリリーフに対して満足出来る補強が出来なかったとしても、先発から配置転換など本気であらゆる場面を想定してリリーフ陣を作って欲しいです。
JFKとは逆の意味での成績の信頼がカープのリリーフ陣には実績としてついてしまっているのです。

フロントに強く言いたいのは今からでもいいからトライアウトを受けているオリックスの吉田修司を獲るべきだと言う事です。
来季42歳とはいえ今季1軍36試合に登板して2勝0敗1セーブの防御率2.61という成績
複数の球団のリリーフ経験があるなどコーチ的な役割も期待出来、いろんな意味でCarpにはプラスになる投手です。
来季なんとかしなくてはとカープ球団が本気で思っているなら喉から手が出るほど欲しいような投手!
これを「高齢だから・・うちは育てるから・・・」とか考えてるようじゃもうダメって事です!!!

来季に向けてなんとかフルパワーを見せてくれカープ球団!!!!!

コメント一覧

ありゃりゃ。本当ですねぇ。
枠に全く気付いてなかった一人です。
全員が活躍しようものなら大変な事になりますねぇ。
本当にこのチームのフロントは頭が沸いてるんですかねぇ。

吉田欲しいですねぇ。まだどこも獲得してませんよね。
ブルペンのリーダーを任せられる投手がこのチームには必要ですから。
個人的にはジョニーが欲しいです。

MERCURYさんどーもです。

>>吉田欲しいですねぇ。まだどこも獲得してませんよね。
>>ブルペンのリーダーを任せられる投手がこのチームには必要ですから。
>>個人的にはジョニーが欲しいです。

そうですね。
球団方角からこういうタイプの投手は獲らないのでしょうが、その若い投手を自力で育てるという方角を貫き続けて結果が出ない年が何年続いてるのでしょうか。
「育った未来はいつですか?」と最近のカープ投手陣の現状はまさにそんな言葉が出てきてしまいます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/135-9f4f5ca7

12/5 アレックス&シーボル

3Aの強打者、シーボル獲得 ポスト新井を期待 (中国新聞) 待望の新外国人野手が決定した模様。 3Aで3割32本105打点の三塁手。  記事によると、かなり早い段階から人...

[Carp]新外国人選手を獲得へ

3Aの強打者、シーボル獲得 ポスト新井を期待  さて、カープもいよいよ新外国人選手の入団が決まったようですね。大型内野手という ことですが、ボールさんのようになるか、ラロッカさんになるか見ものですね。  中国新聞によると、今回のシーボルさんの入団は?...

スコット・シーボル選手についてどこよりも詳しく

本日、スコット・シーボル選手の獲得が発表されました。 32歳・193センチ、90キロ・右投げ右打ち 契約年数一年 年俸3600万+出来高 主に3塁を中心に1塁、2塁も...

 | HOME | 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。