2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来季のコーチスタッフについて

久しぶりの更新。
ここにきて今シーズン5位に終わったカープも来季に向けて新たなコーチスタッフが加わるようです。

あの内田コーチの打撃コーチ就任、植田コーチのバッテリーコーチ就任どちらもチームにとってプラスになる就任だと思います。

内田コーチは2年前までカープの若手打者を次から次へと開花させました。
嶋がその筆頭に挙がりますが個人的には当たる気配もなかった倉と山崎が後半から打撃が急に良くなった事が印象に残っています。
3年前開幕前から内田コーチとマンツーマンで打撃練習をしていた岡上はもうチームにいないんですよね・・・。
小早川コーチは辞任せずチームに来季も1軍コーチとして残るようです。

そして植田コーチが1軍バッテリーコーチに就任しました。
これにより熊沢コーチが2軍に回る事になりました。

ここで気になるのが今季2軍のバッテリーコーチだった道原コーチの去就です。
個人的な意見を言わせてもらうと道原コーチがいることはカープにとってプラスになるとは思えません。
今季の2軍の投手陣の炎上も山内投手コーチ以上に道原バッテリーコーチがいた事が関係してる気がしてならないのです。
去年道原氏はRCCの解説をやっていましたがその時の解説の大きな特徴は「リードの外角論」でした。
同じRCCの解説で内角論が解説の特徴である安仁屋氏とのダブル解説の時はお互い喧嘩腰のようになって「内角論」と「外角論」で衝突していました。
道原氏は3年前まで何年も続けて1軍バッテリーコーチも勤めましたが、この当時カープの捕手のリードで問題に挙がってたのが正捕手になりかけていた石原の「外角一辺倒のリード」です。
しかし私は道原氏の解説を聞いて石原の偏ったリードには確実に当時バッテリーコーチだった道原氏が絡んでいるものだと思いました。
さらに言えば、今シーズン序盤にチーム方角として多く見られた「ピンチになれば速球系の外角一辺倒」というリードも首脳陣は道原氏の考えも参考にしたんじゃないかとすら感じます。
シーズン後半にはこの偏ったリード方角が排除され、カープの捕手陣も後半になってからはピンチになっても内角や変化球を多く使うようになって先発陣なんかは結果も出てましたので、この教訓を見た熊沢コーチは2軍のバッテリーコーチとして良いアドバイスが出来ると思います。
しかし、道原氏は絶対にいらない。
そう強く断言したいです。

投手コーチはどうなるのでしょうか。
今年の投手陣の成績では責任をとるべきだと多くの人が思うでしょう。
ただ、個人的に気になるのがこの1・2年、多くのカープ投手陣が新変化球を短期間でマスターしている事実です。
横山がスライダーを完全に自分のモノにして開幕から多く投げ込めば、大竹はシーズン途中にシュートをマスター、長谷川もツーシームをマスターし投球の幅を広げました。
去年も黒田がシュートを覚えてますし、極めて難しい新変化球習得というものを投げれるだけでなくその投手の武器の球種にしてしまう。
これには当然投手コーチの存在も入ってる事は間違いないでしょう。
さて、果たして新球種指導をしてるのは小林コーチなのか、それとも澤崎コーチなのか。
この事実関係が個人的に物凄く気になります。
投手陣に新球種をアドバイスする事が上手い、これは投手コーチとして一つの才能だと思います。

ただ、小林コーチの1軍メイン投手コーチは辞めて欲しいですね。
間を空けるマウンドに向かう時、表情がおどおどしく見え頼りなく映ってならないんですよね。
あれじゃ間を空けても効果ないじゃんとすら思ってしまいます。
仮にもし来季も小林・澤崎体制で行くのだとしたら投手コーチの役割を逆にした方が良いと思いますね。

あと思うのが守備・走塁コーチは代えた方が良いという事です。
私は今年他球団の試合も数多く現地観戦しましたがカープ野手陣の走塁面の意識の低さは他球団と比べて極めて低いと思います。
これは選手一人一人の足の速さではなく、チームの中での意識問題だと思います。
個人的には苫篠兄弟のどちらかに守備走塁コーチについて欲しい。
元カープの選手でもある弟は良い解説してたうえに特に日本ハムの試合なども多く見ています。
兄の方は現役を引退したからずっと西武走塁コーチとして去年まで西武を長く俊足チームにさせました。
近鉄優勝時のコーチであり、去年まで阪神の打撃コーチであった正田氏でも良いでしょう。
とにかく走塁コーチも一新して欲しいですね。

木下氏の入閣は息子さんの焼き鳥屋の影響もあってないですかね。

今年はコーチスタッフに力を入れな過ぎでした。
その反省がフロントにもこのオフ見られてますが、まだまだ入閣・入れ替えをするべきだと私は強く思います。

コメント一覧

手厳しいですねぇ。
「外角論」、「内角論」共に経験してきたことなのでしょうね。
ただ当時に比べると打撃技術が格段に進歩してしまった現在
「偏る」ことが一番の「悪」だと常々考えております。
僕の持論でもありますが、「グー」しか出せないじゃんけんは勝てないのと同じです。
相手に的を絞らせない事、目線を常に同じ場所に置かせない事が
配球という面では大事ではないでしょうか。
最近ずっと気になってるのですが追い込んでから
高目の釣り球を投げて落ちる球で打ち取るという
リードが全く見られなくなりましたね。
時代の推移かもしれませんが昔はお約束のように打者は引っかかってたのに
最近では外す場合は外角ですもんね。
外角に外す意図が自分には全く理解できないのですが。
ドアスイングの選手が増えてきた現在は「外一本」よりは
「内一本」の方が効き目があるように思えてなりません。

長々と書いてしまいましたが、強い時代の広島、西武に在籍していた
植田さんは期待してよさそうだと思います。

走塁意識については去年から見る限りでは
僕自身がっかりする事が少ないので
低すぎるということはないと思いますよ。
興奮することも少ないので決して高くはありませんがね。
走塁意識が高いと必然的に守備での隙が少なくなるから
更に高みを望むなら正田や苫篠あたりは適任かも知れませんね。
個人的には大下軍曹にお願いしたいですが(笑)

お久しぶりです☆

今回、むのんの軌跡をやめカープブログを作りました。
そこで更新していこうと思っています。

相互リンクの方、おねがいします<__>

MERCURYさん

すみません。返信が遅れました。

コーチスタッフについては中日と比べるとその力の入れ具合の差がはっきりとわかりますね。
私がここであげた元西武の苦篠氏をすぐに契約しましたし二軍監督にも辻氏、中日OBにこだわらずしっかりと人選して決めているように感じます。
まあ、なんとか今の状況を打破しなくてはという強い意識がフロントからは感じられないんですよね。


むのんさん

お久しぶりです。
リンク登録しました。

mixiや他の掲示板も含め最近のむのんさんは熱いですね^^;
私も熱く語りたいと思ってはいるのですが、書きたい事がたくさんあり過ぎる事と深く考えれば考えるほど私生活に影響するくらいイライラする内容なので最近資格の勉強に励んでる事もあって、あえて距離を置いて深く考えないようにしています。
むのんさんのサイトもコミュニティもよしカープの事について考えるぞ!と思った時には面白い小説のように一晩ハマり込んでしまいそうなくらい面白く書かれていますね。
ちょこちょこ遊びに行かせていただきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/130-4d4febbc

 | HOME | 

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。