2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/20 中日-広島 19回戦 打てる捕手を使うという方角から見える悲しい結果

試合詳細はこちら

~赤ヘル眼~

打てる捕手を使うという方角から見える悲しい結果

今年のブラウンカープの捕手にあげたテーマは「打てる捕手」を使うというものであった。
去年の倉・石原の打率はともに240.以下でこれを考えれば捕手に打撃力を求めるのは当然であり、キャンプでも二人共打撃練習におおいに力を入れてきたのだろう。
それがこの日の倉のホームランというのでも見られ、倉・石原共に今年の打撃成績はチーム方角をきっちり取り組んできたのか12球団の捕手の中でも上位に来るような成績である。

しかし、それと同時に思うのが捕手の守備力の低下である。
ここ数試合、永川が捕まるケースが多い。
先日の大逆転負けをされた巨人戦、前カードの横浜戦、そしてこの日の中日戦も失点こそしなかったもののピンチの場面をまた作った。
そこには永川のコントロールや精神的な不安定さいうものが一番の原因であろうが、しかしこれらの試合、どれもそこに捕手のミスが絡んでいる。

大逆転負けをした14日の巨人戦、9回途中から出てきた永川は上野が作ったピンチをあと一人のところまで来たものの抑えきれなかった。
だが、最後の加藤にタイムリーを打たれる前に捕手の倉がパスボールをして失点が入っている。
さらには18日の横浜戦、これまた9回登板した永川は金城の打席の時にワイルドピッチで失点をしているがこれは真ん中のフォークを倉がトンネルするようなワイルドピッチであった。
さらには記憶新しい19日の横浜戦、1点リードの場面で最終回出てきた永川はピンチを作りながらも最後の打者の種田を三振にとって試合終了かと思われたが捕手の倉が横にこぼして振り逃げで同点に追いつかれた。
そして、この日の中日戦、ワンアウト1塁で2-2から1塁ランナーのウッズが走ったが、打者の李がファールを打ったためまずは状況は変わりなしであったがこれは完全にバッテリーの油断をついての盗塁であった。
しかし、なんとウッズはその次の球の時でも盗塁をしてきたのである。
結果は普通に良い球を投げれてばアウトというタイミングであったがこれを倉がショート側にズラした事でセーフになったのだ。
ここまで書いた内容は永川ももちろん悪いのが、それど同時に倉の守備力の弱さが同時に出てきてしまっている。

一時はオフェンスの石原、ディフェンスの倉と言われるくらい倉のディフェンス力には定評があった。
それがここ2年で私はその倉のディフェンス力というものは極端に下がったように感じる。
3年前、12球団で1位440.と驚異的な数字を残した盗塁阻止率も去年が279.今年はセリーグワーストの229.というもの。
ナックルボーラーのフェルナンデスがほとんど石原と組んでる事も考えてもこの数字はあまりにも低すぎる。
さらに倉によく見られるのが風の強めの試合でのファールボールの処理ミスである。
去年はそのミスから失点に繋がった試合も数試合あり、今年もその珍しいと思われるシーンが倉では何回か見かける。
先日の横浜戦同様、去年も地方球場での中日戦あたりで広池の球を後ろに逸らして決勝点を与えるなどここぞという時の後逸も目立つ。
なぜ、あれだけディフェンスが良かった倉がここまで守備でのミスが目立つのだろうか。そこにチームカラーが関係してるような気がしてならない。

石原も石原で去年は守備妨害というプレーが見られ、先日の横浜戦ではワイルドピッチで2人のランナーを還している。
3年前4割あった盗塁阻止率も去年はセリーグワーストの245.今年はフェルナンデスと組んでる部分を考えると悪いとは言えないがそれでも298.である。
盗塁阻止率でも言える事だがこの事実はブラウン政権になってからである。

前半戦はピンチになると外の直球系に偏るというリードが目立った。
これは青木高広や佐々岡という技巧派の投手でも見られ、それが特に目立った交流戦前から前半戦終了までの間、投手陣はボカスカに打たれ借金も一気に膨らんだ。
その事実を中国新聞の木村さんが的確に伝えている記事がこれこれである。
倉であろうが石原であろうがリードはチーム方角からくるものと確かにそうであれば捕手は打力での判断になるであろう。

だが、そのリードに関しては前半戦の反省からか後半戦になって大きく変わってきた。
宮崎、青木高広、長谷川、大竹あたりのリードで特にそれは感じるのがインコース中心の攻めを見せる場面が多くなった。
特に青木高広に関しては配球パターンが前半戦と比べて大きく変わったり、最近好投を続けているのは間違いなくここが関係としているだろう。
これはリードの権限がチームではなく捕手にいったのでないかと個人的に思う。
リードに関しては明らかに?がつくようなモノは後半戦に入ってからは二人共なくなったように感じる。

ここまで書いた事からブラウン政権はあまりにも捕手のディフェンス力に力を入れて来なかった事がわかる。
練習量が大幅に減った中で、打撃中心の練習を捕手をすれば他の部分が怠るのが安易に想像できる。
捕手はまず何より「ディフェンス力」、それがよくわかる今シーズンではなかっただろうか。
全く通じなかったブラウン野球が考える前半戦のリードでわかるように今のチームでは捕手のディフェンス力が伸びる事が出来ない環境なのであろう。
むしろ、逆に下がってるような傾向にすら見える。
来季は捕手がまたディフェンス力を学べて、練習がたくさん出来るような環境を作るべきである。
倉も石原もまだまだディフェンス力で学ぶ事はたくさんある。

コメント一覧

盗塁阻止率低いですねぇ。
ここまでとは。驚きです。
個人的には投手を中心とした「点をやらない野球」が好みなので
捕手の守備能力がこれじゃあ話になりませんね。
盗塁阻止率は一概に捕手だけのせいではないでしょうが
今年特に気になるのが、ワンバンをよく後逸しますよね。
永川の今年の不振の半分以上はこれが原因のように思います。
そりゃ、ランナーがいる場面で「そらすかもしれない捕手」相手に
思い切り腕を振ってフォークは投げられないでしょ?彼の性格では特に。
ということは、永川の最大の武器を封印して相手に挑んでるんだから
結果は見ての通りになりますよね。

野球は「点を取らなければ勝てない」スポーツですが
同時に「点をやらなければ負けない」スポーツでもあります。
どちらが正しいかは個人の好みでしょうが
中々的を得ている表現だと思います。

巨人の阿部程に打てるなら別なんでしょうが
中途半端なら打てなくていいから、守備の達人が欲しいですね。

PS ウッズの盗塁の場面
   送球はセカンド方向でしたがワンバンでした。
   それ以上に盗まれてるでしょう。
   牽制すれば挟める位の最高のスタートだったと思いますよ(笑)

MERCURY さんどーもです。

書きませんでしたがなにげに失策も今年の倉、去年の石原と多いですね。
谷繁は毎年盗塁阻止率王の常連、去年は連続無失策イニングの記録を作ったように捕手のディフェンス力もゲーム差同様にあったと思われます。

>>PS ウッズの盗塁の場面
>>送球はセカンド方向でしたがワンバンでした。

これは録画で見ると、梵が入った所はセカンド側でしたけど、倉の送球場所はショート側でした。
まあ、でもストライクでないとアウトではなかったので永川側にもおおいに問題があったかもしれませんね。

初めてコメントさせて頂きます。

コップに水が半分入っているのを、どう感じるか表現するかとの話と同様、
カープというチームを見る視点を、どこに据えるかで皆さんの意見も変ってくると思います。
駄目だしの意見って言い易いですよね。
目前に起きた結果を状況反射的にコメントすれば済むわけですから。

投手で言えば、針の穴を通すほどのコントロールを持つ者って極少なんでしょ。
常に、ヒットを打つ打者もありえないんでしょ。

全て結果オーライの世界に見えてしまうのは、
自分が野球というスポーツに実体験していないからかもしれません。
でもしかし、プロの現場に立った事のないという点では、皆さんと同じだと思います。

見世物としての職業野球人という立場を想像すると、
この頂点に立ったことで満足する人間がいると言われても、自分は納得します。
結果は出せなくても、ここにいるだけで「OK」、甘んじてしまう・・・・・
それほど、厳しい世界だと認識しているからです。

今シーズンの初めに発売された、カープの「イヤーブック」を買われた方は沢山いると思います。
その中に掲載された、キャプテン前田のインタビュー。
なんとも歯切れの悪いコメントに違和感を持たれた方は自分だけじゃないでしょう。

「カープの戦力」とは、この言葉どおりだったのです。
そして、現在も・・・・・

観ている者より、現場で「やってる」者の方が、当り前ですが「良く」判っていると思います。
自分は、プロに対して意見するほどの技術は皆目ありません。
ただただ、頑張ってと応援するのみです。
そして、昨日よりは今日、進歩している選手をみて眼を細めるばかりです・・・・

カープの選手って、上達していませんか?
その歩幅は確かに小さいですが、自分は眼を細めぱっなしです。

いつも、このブログを楽しく読ませて頂いておりますが、
駄目だしは「勘弁して下さい」と、一「広島東洋カープ」ファンとしてコメントさせて頂きます。

>ウッズの盗塁の場面

失礼しました。
でもタイミングはノーバンストライクで五分でしょうね。
音声を消して見てたので二球連続には驚きました。
牽制を挟んでれば何てこと無いんでしょうが。
バッテリーの怠慢でしょうね。
ウッズを走らせた中日も大したもんですが
なめられた倉は大いに反省してもらいたいですね。

728carpさん 初めまして コメントありがとうございます。

なんとなく言いたい事はわかりますが、個人のブログですからそこの部分は指摘して欲しくないですね。

もともと僕がブログを始めたきっかけというのは、試合を見た中で僕が感じた事をコラムに書きたい、それを多くの人に伝えたいというモノからでした。
確かにプロ野球経験もありませんし、完全な素人です。
それでも、例え外からしか見れない範囲だとしても色々批評したいのです。
僕は外野席で熱く応援するスタイルも好きですが、それ以上に内野席や、他球団の試合の観客席で野球・カープについて細かく話す事が大好きな人間です。
そして中国新聞の木村さんや、スポーツジャーナリストの二宮清純さんのコラムが大好きな人間です。

プロ野球を見る楽しみ方、それは人それぞれだと思います。
同じように個人ブログを書く楽しみ方もブロガーによって人それぞれだと思います。
僕はそれに一つに決まったルールはないと思います。

同じように個人ブログを必ずしも見なくてはいけないといったような一つのルールも当たり前ですがありません。

僕のプログを楽しみに見てくださってる方にこんな事を言うのは本当に申し訳ないですが、僕には僕のプロ野球を見る楽しみ方・ブログの書き方があります。
その中に「駄目出し」も時より入ってますが、それも僕のスタイルの一つなのです。
それを公共の掲示板ならまだしも、個人のブログで「勘弁」という表現は避けて欲しいかなと感じます。
申し訳ありませんが、ご認識の程よろしくお願いします。

MERCURY さん どーもです。

ウッズですが、昨日の巨人戦でも盗塁を決めたようですね。
バツテリーの完全の油断なのかウッズが実は足が速いのか・・・う~む^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/124-061b4bc8

 | HOME | 

Calendar

06 « 2017/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。