2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/25 広島-巨人 20回戦 広池の適正は先発ではないか

試合詳細はこちら

~赤ヘル眼~

広池の適正は先発ではないか

3年くらい前から思っている事だが、広池という投手が中継ぎ向きであるとは私は思えない。
あくまで印象といえば印象だがこの投手、ここ何年かの内容を見ていると連投に弱い気がしてならないのだ。
セットアッパーとして使われそうになった2年前にもこれは感じた。
この日の試合の内容もあまりにも前日の試合の内容の差がありすぎた。
昨日はほぼ完璧なコントロールを見せていたがこの日は球が真ん中に集まっていた。
その差は前日は前回登板から中5日、この日は連投という差があるような気がしてならない。

去年ブルペンデーといった中継ぎ投手だけでリレーするといったような試合がカープには何試合かあった。
その先発を任されたのが広池であった。
ある程度の間隔を空けてもらい、先発をした広池は何試合も5・6回までいけるんじゃないかと思わせるくらいの良い内容の見せていた。
去年の広池の防御率は3・20であるが、この何度かの先発で相当数字を良くしてるのでないだろうか。
どうも広池は競った試合でのリリーフの好投のイメージが少なく、試合作りのロングリリーフなどの方が好投のイメージがある。
こう考えた時に細かいコンロールはなし、球種は豊富といった事からも広池は中継ぎよりも先発の方が向いてる気がしてならないのだ。
現に5年くらい前に広池は先発として2軍でタイトル争いをするような活躍を見せている。

中継ぎ・抑えのリリーフがしっかりしないとまず上位に行くことは不可能であろう。
その中で私の案としては変則フォームでコントロールも良い青木高を中継ぎに回して広池を先発でという改革を提案したい。
右のサイドスローが中継ぎで多いチームの中で左中継ぎ投手の力は大事なものである。
その中でその左中継ぎが広池だけという現状が今年のカープの弱さを露骨に現している。
ここの配置を思い切って代えて見ることは面白い事ではないだろうか。



コメント一覧

広池の先発適正ですか。
おれはあまり深く考えてきたことがありませんでしたね。
俺としては広池というのは左殺しでもセットアッパーでもなくロングリリーフが一番しっくりくるんですよね。

さて、まず去年の4回の先発での結果は調べてみればすぐわかるでしょうけど、ちょっと時間がないので簡単に調べられてわかる範囲で。
去年の成績はなんといっても、8月以降の中継ぎでの登板18試合で防御率1,08につきるようにおもいます。
(と書きながらざっぱに見てみたら7月にあったブルペンデーでの先発4試合は12イニング5失点。(2回1失点、3回無失点、4回無失点、3回4失点))

春先中継ぎで悪い→7~8月の頭先発に回り上記の成績→8月以降中継ぎで大活躍ってのが去年の広池ですね。
消化試合になりつつあった時期で活躍ですからファンの中では成績以上にいい印象がもたれてない選手だと思っています。

さて広池の先発適正として面白い記事が…

2001年秋

『「球速表示へのこだわりを捨てた」中継ぎから先発に回って得た一番の収穫である。

「リリーフでは120%の力で投げようとしていた」。
全力投球が力みにつながり球威のない甘い球となって打ち込まれた。

先発転向で、長い回を投げるペース配分を考えた。
力八分で投げるようにしたことで球の切れが増し、力みも消えて制球が安定した。

最速149キロが140キロ前後に落ちたものの
「ゆったりしたフォームに変えたので、相手打者の体感速度は上がったと思う」。

(略)

「先発向きでしょう。今の状態なら、一軍で投げてもおもしろい」と清川コーチ』

清川コーチは先発向きとの評価だったんですね。残念ながら2002年は北別府コーチにかわり中継ぎとして使われることになるんですが。

もう一点青木についてなのですが、以前から中継ぎとしておされていますよね。
ただ、左打者が打ちやすい投手と解説者の方が言っているのを耳にするんですがその辺はどうでしょうか?
実際、左右別の被安打率も同じくらいです。
(被本塁打は左打者からちょっと多すぎかなと思うくらい浴びています。)

二つにわたっての長文失礼しました。

むのんさんどーもです。

広池の8月以降の成績凄いですね。
ちょうどこの頃って河内が中継ぎで左のセットアッパーに加わった時期ですよね。
それで広池がロングに回せたのが好結果に繋がったのだと思います。
かつての鶴田のように5.6回くらいを2.3失点といったような役目の先発として広池は面白いと思うんですけどね。

青木高についてはその数字は配球も大きく関係してると思います。
シーズン当初から青木高が左打者に完璧にストレートをホームランされるシーンがかなり私の記憶の中にありますね。
金本・阿部・イスンヨプ・ガイエル・小笠原などが出てきますがまだまだ他にもいると思います。
投球フォームからストレートで押したくなるのもわからなくはないですが青木高はストレートに力があるわけではない。
もっと技巧派として元阪神の星野のような投球スタイルでいけば結果もまた変わってくると思います。
独特のスローカーブとかピンチになると全くというほど使ってませんでしたもの。
岡島を見てもわかるようにこの球を使うか使わないかで全然違うピッチャーになると思いますね。

こんばんわ
僕も広池の先発起用には賛成です。
というよりも、昔の話ですが広池は
1回投げてランナーを出す平均値が軽く2を越えて
3に迫ってたようです。
つまりは投げるたびに満塁になるということです。
最近はここまでは酷くないでしょうが
とてもセットアッパーには起用できません。

最近の彼の印象ですが
いい時と悪い時が極端ですよね。
いい時は打てそうもないのですが
悪い時は見てられません。
ということをふまると、常に平均的な結果を求められる中継ぎよりも
先発の方がいい結果が残りそうに思います。

ちなみにペローンの中継ぎ起用には反対です。
彼も少し波がありすぎるのと、頭に血が上るからなのか
一本調子になりすぎる点と、制球はそこそこですが
球が真中に集まりすぎる傾向があるように思います。
スローカーブで欲しい時にカウントが取れるようになれば
どこでも使えるとは思いますけどね。

個人的には球に力のある佐竹に期待してるんですが
一体何をしてるのでしょうかねぇ?

MERCURYさんコメントどーもです。

青木高の中継ぎ案ですが個人的には青木高を中継ぎに回さざるえないようなチーム状況かなぁと感じております。
河内がシャキっとしてくれれば良いのですがなかなかフォームが固まりませんしコントロールが比較的良さそうな斉藤も先発で育てるみたいですしね。

左投手で先発として育てたい投手が多いのはわかるのですがその中で誰を中継ぎとして置くかってところに今のチームは力を入れてないような気がします。
中継ぎ向きとは思えない広池・フォームを崩しやすい河内に佐竹だけではまず1年乗り越えられないと思います。

佐竹に関しては以前に被打率を調べた事があるんですが圧倒的にその割合がストレートなんですよね。
左打者に対しての外のスライダーはかなり良いものを持ってると思うんですが、なかなかそれ以外に投げれるボールがない。
その日ストレートが走ってなければ簡単に打たれてしまうって感じですね。
最近はその得意なスライダーのコントールが定まってないように映ります。
スライダーですら使えないとなると戦力としては厳しいと言わざるえないですよね。

オフの補強とにかく左投手を優先して多く獲って欲しいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaheruman.blog75.fc2.com/tb.php/104-ce0dc6c3

天敵打っても最下位に再会

カープファン歴10年強の自分にとって、広島vs読売というカードは、「二転三転して終盤までもつれる馬鹿試合」というイメージが非常に強いです(特に市民球場では)。80年代は緊迫した投手戦も多かったですが、最近このカードでそんな展開の試合ありましたっけ?というわけで

8/25 夢→現実へ。。。

ヨミウリ20回戦10勝10敗 通:45勝64敗1分 広島市民球場観衆:26505人 累計:875764人 1試合平均:15923人CARP 6-9  YOMIURI昨日の劇的な勝利の勢いを、全く繋げ...

 | HOME | 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。