2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交流戦後のカープの戦い方について考える 打者偏

最近時間がなく、試合の事について更新したくてもなかなかできませんでした。
本日はその鬱憤を晴らすべく長文で今後のカープについて書きます。
投打ともに細かく書く部分もあるので、全体としてはかなり長い文章になりそうですがよろしくお願いします。

さて、交流戦も残り4試合となりました。
楽天・日本ハムと地元での対戦になりますが、田中・ダルビッシュの先発が予想されるだけに厳しい戦いになりそうですね。

まず打撃陣から思うことを書いていきます。

この交流戦栗原と嶋のクリーンアップが序盤一時的に良かったものの、全体的に見れば大ブレーキでした。
特に4番栗原は得点圏打率2割を切る大不振で本日の試合でもそうですが、大事な場面で全く打てませんでした。
ランナーを返す役のこの二人がこれだけズッコケているのによく好成績が残せていると思いますね。

その二人の不振を補ったのが、1番梵・3番赤松でした。
赤松はもともと去年から大事な場面でのタイムリーも目立っていただけにランナーを返す役も向いてるとは思ってましたが、ここまでの活躍は想像できませんでしたね。
選球眼も良く、打席の粘りも多く見せ、この2連戦では相手バッテリーも普通なら次が栗原なのでなんとしても赤松で勝負しようとしてくるはずのところが、むしろ赤松と勝負し辛そうに見えて、歩かせているように見えました。
天谷もそうですが、赤松もまだまだノビしろがありそうですね。
開幕前天谷の3番を批判して、東出3番を推している人がいましたが、こういうところが天谷や赤松と東出の違いじゃないでしょうか。
東出がいやらしい打撃、粘りの打撃をするのは、ほぼ「完成された打撃スタイル」であり、このスタイルにより、東出は長い低迷から再び打撃で輝きを取り戻したのです。
赤松・天谷の場合は「完成されていない打撃スタイル」であって、だからこそまだまだ見えない部分がある。
簡単に言えば、東出は今後も「規定打席3割」の目安の成績しか残せないのに対して、赤松・天谷は3割20本を打てる可能性のある選手ということですね。
「爆発力がある選手」とない選手の違いですね。

前半、東出が3割後半の打撃が残しており、天谷・赤松は低打率で結果が残せてなかった中でもブラウン監督は東出を3番にはしませんでした。
しかしその後、天谷は3番で結果を出し、赤松も3番で結果を出しました。
いろんなサイトの批評を見て感じていましたが、こういう結果ってやはり結果が出てから評価されるものなんだと感じますしたね。
天谷3番を批判していたような人が結果が出始めたらコロっと変わる流れというのは、その時々の穴しか見えてないからだと思いましたね。

梵も見違えるくらい打撃の調子が良くなってきました。
打撃スタイルは過去の梵とは違いますけど、やはりスロースターターなのでしょう。
開幕の頃と明らかに違うのが、打席での選球眼と粘りです。
特に粘りがよく目立ちます。
開幕頃はあっけない三振やポップフライも多く目立ちましたけど、今は難しい球や狙っていない球はカットし、甘い球だけはきっちりと叩くといった打撃が出来ています。
特にそれを象徴するのが、先週の日曜日のオリックス戦。
1対1で迎えた5回裏1アウトから斉藤がヒットで出塁して打席には梵が立ちました。
その梵、いきなり2ストライクと簡単に追い込まれますが、そこから驚異的に粘ります。
先発平野の誘い球に乗らず、臭いところは全てカット、そしてフルカウントから一番甘い球をライト前に持っていきました。
ここから平子は崩れ、カープは5点のビックイニングを作りました。
貴重なタイムリー以上にこの交流戦、梵の粘りある打撃が目立ったように思います。
でも個人的には右打ちの意識をセンター返しくらいにした方がもっと良い方向にいくと思うんですけどね。

2・3番の東出・赤松も含め、最近この3人がかなり相手投手に球を投げさせているように感じますね。
フルカウントまでいくようなケースも結構あるように感じます。

オリックス・西武もそうでしたが、今後3位を争う中日も先発よりも中継ぎの方が現状弱いチームです。
中日は打撃は脅威ですが、中継ぎはすでに崩壊状態です。
こういうチームに対しては今日岸で実践したように、とにかく簡単にアウトにならず、球数を投げさせる、そして足で揺さぶりなりして、先発を疲れさせて降板させる事が大事になってくると思います。
よくカープの作戦にある「初球からどんどん振っていく」スタイルの反対ですね。
今の1・2・3番に合ってるスタイルですし、こういう攻撃力は長打力ばかり目がいってるOPSなどには出ないものでしょうね。
結果的に1番梵・2番東出3番赤松にしてからカープは好成績を7連勝などグッと勝率が上がった。
ここは厳しい野手層の中で打順によって結果を変えさせたブラウンの好采配だったと言えるでしょう。


1・2・3番話に集中しましたがここから全体的に見ていきます。
外国人補強・トレードは7月末までですが、個人的に外国人補強は投手が最優先だと思ってるうえに、カープが欲しいような中軸打者はトレードでは獲得できないと思うので、現戦力の中で考えます。

4番栗原はこれまで不振で相当チームに負担をかけてますがなんだかんだいっても4番は栗原しかいないので復調してもらうのを待つしかないです。
5番打者は基本マクレーンで良いと思いますが、また不振の底にハマったら一時的にレギュラーを外すべきだと思います。
2軍の調整中の前田が順調なら前半戦までに5番で1度使いたいですね。
6番・7番は外野2枠になりますが、喜田剛・緒方・末永の調子も良い選手を使って欲しいですね。
あとマクレーンレフトは守備の穴が大きすぎる為止めるべきだと思います。

特に今後は緒方を多くスタメンで使うべきだと思います。
今の成績から見れば全く成績をあげていない緒方ですが、オリックス戦あたりからタイミングの取り方が開幕頃と明らかに変わっているように見えるんですよね。
正直開幕頃は当てるのが精一杯のような打撃で見ていて苦しかったのですが、今も緒方はかなり自分のタイミングで打撃が出来ているように思います。
緒方という選手はとにかく波が激しい選手です。
不調な時はとことん不調ですが好調の時は打ち出したら止まらない打者です。
去年はオープン戦から絶好調で特にオープン戦後半は止まらないくらい爆発してました。
昨日の中国新聞の木村記者の球炎も緒方を今後使っていくべきだと書いているのではないでしょうか。
今の現状の外野陣なら左投手先発の時だけにとどまらず、結果が出たのならスタメンでしばらく使ってみても良いように思いますね。
これはまあ今の成績、開幕頃の状態が印象ついている人にはまず賛同されない意見でしょうけどね。

喜田剛はこの交流戦大活躍でしたね。
試合を決める一打だけではなく、5番・6番でのダメ押し打が効果的でした。
調子が良ければ左投手先発でも使っても良いと思いますが、個人的には末永の方が左投手先発でもスタメンで見たいですね。

捕手は石原で変わらないでしょう。
東出・赤松・栗原・石原は例え不調でもレギュラーを外す事はないでしょうね。

さて、交流戦後予想されるスタメンですが

対右投手時
1 遊 梵
2 二 東出
3 中 赤松
4 一 栗原
5 三 マクレーン
6 左 喜田剛
7 右 末永
8 補 石原

対左投手時
1 遊 梵
2 二 東出
3 中 赤松
4 一 栗原
5 三 マクレーン
6 左 緒方
7 右 廣瀬
8 補 石原

こんか感じではないでしょうか。
機動力は積極的に今後も仕掛けていって欲しいです。
交流戦では1・3・5番に入った打者が大事な場面で結果を出したシーンが多かったように感じます。
ここに不動のレギュラーである東出・栗原・石原がもう少し打っていればもっと結果は変わっていたと思うんですけどね。

秋頃にはこんなレギュラーが組めていれば良いんですけどね。

1遊 梵
2二 東出
3右 天谷
4一 栗原
5左 前田
6中 赤松
7三 マクレーン
8捕 石原


現状、マクレーンの成績、前田の状態を見るまでは外国人野手の獲得は不必要だと思います。
7月半ばくらいになっても前田が戻ってこなく、マクレーン・嶋・緒方がその時も結果が出てなかった時に考えるくらいで丁度良いように思います。
まずはとにかく投手を補強する事が緊急ですからね。

ここまで野手の事を書いてきました。
続いて投手について、トレードについても書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

今の調子を守る為にはまだ外国人補強が必要だ!!

まるまる1ヶ月更新をサボっていました。
それも突然です、すいません。
私事になりますがプライベートで色々ありまして更新する意欲が湧いてきませんでした。
しかし本日は急に記事を書きたくなったので長い長い記事を書きたいと思います。

ちょっと前に中国新聞のコラムにこんな記事がありました。

貧打を嘆く木村記者のコラムですが、この記事で個人的に気になったのが

35試合時点での借金は今季が4で昨季は3。得点103、失点127に対し、昨季は106得点、126失点。

ここの部分です。
今シーズンのカープは極度の貧打ですが、実は去年のカープもどっこいどっこいでした。
おそらくあまりの貧打でアレックスが途中加入した3年前や、開幕から打順で苦労した4年前も開幕30試合は同じような悲しい得点だったでしょう。
開幕して夏くらいまで投高打低が続き、ある時中継ぎ陣が崩れ始め、いつのまにか打高投低になっている。
ブラウン監督になってからこのようなパターンのシーズンが多いような気がします。
去年のある時期は借金3で横山・シュルツが離脱し、上野がセットアッパーをしていた時期もありました。

中継ぎ陣が崩れる、今のカープで言えば、横山・梅津・シュルツの勝ちパターンの投手が崩れていく事を指します。
毎年のように開幕前「今年のカープは投手陣は揃っている!!」みたいな意見をよく見ます。
オープン戦で結果を出した投手が多かった事や開幕12人の投手の顔ぶれを見て出てきた意見でしょう。
その証拠に毎年のように中国新聞のキャリアの浅い記者が開幕前に
「層厚いぞ中継ぎ陣!!」みたいな熱い記事を書くのが定番になってますものね。
ただ残念ながらその通りになるシーズンは全くというほどありません。

ではなぜそうなのか。

単純に投手陣の層が薄いからです。
オープン戦はリリーフを連投で起用する必要もなく、6連戦も9連戦もない。
薄い投手層、12人で回せる日程・リーグだからです。

現在のカープの投手陣は12球団1位の防御率です。
リリーフ陣も横山・梅津・シュルツが優れた成績を出しています。
先発陣も大竹の成長を始め、若い投手が結果を出してます。
6連勝の最大の要因は投手陣、それは間違いないでしょう。

しかしそのギリギリの投手陣の力が最大に発揮出来る交流戦というものがそれを大きくアシストしている事は間違いないでしょう。
去年から6連戦もなくなり、4連戦や2連戦の日程もあります。
さらにここに投手陣の起用がしやすくなるDHというものが半分の試合にあります。
どれだけカープに優しい期間なのでしょう。

先日の中国新聞の球炎で木村記者が中継ぎ陣の疲労についてコラムを書いてます。
この記事を見た時、僕はいろんな感情が湧いてきました。
実は僕は今年の日南キャンプで木村記者に話しかけ、中継ぎ陣の話をしたのです。
梅津・横山について質問し、「梅津・横山についての起用法について進言のコラムをシーズン中に書いてください。」とお願いしたのです。(この時の事後日詳しく書けたら書きます)

そんな中で実際にそのような記事が昨日書かれてたわけですが、僕はこの記事を見て「さすが」と思いつつも「早過ぎるだろ」という突っ込みもいれてました。
火曜日が休養日・金曜・土曜も試合がない中で迎えた昨日の試合でした。
そんな中その記事を見て「週に3日も休みがあり、2試合連続で休養があった中で迎えた試合での酷使はないでしょう」と突っ込んでしまったのですね。
確かに登板割合だけ見れば、6試合に5試合と過多登板かもしれません。
しかし、休養日が何試合もあればそれは過多なんて言えないでしょう。
これで過多だったら、真夏の広島での6連戦などどのように使えばいいのでしょうか。

しかし何年もカープが横山・梅津あたりから投手陣が崩れていったシーズンがあったのを考えると敏感に指摘したくなるのは自然な事かもしれません。
それくらい今の投手陣の調子をどのようにキープさせるか考える事は大事です。

今回の記事で僕が一番主張したい事を書きます(前フリ長いか・・・)。


球団はリリーフの新外国人補強をするべきである。


これに尽きます。
なぜ、木村記者が「中継ぎ疲労」の記事を書いたのか。
それは何年もシ-ズン途中で中継ぎが崩れていったシーンを見てきた事が大きく関係してる事でしょう。

外国人補強は6月までです。
カープは中継ぎ層がとてつもなく薄いです。
しかし今はそれが全く見えにくい交流戦です。

しかし、過去のデータはいくつもあるでしょう。
崩れた時の傾向のデータ、というより崩れた年しかないデータ。

さらに言えば現在の1.2軍の投手陣の成績データでも証明できるでしょう。

現在何人1軍に上げれそうな投手がいるでしょう。
その投手の中に1軍で立派に通用するレベルの投手はどれだけいるでしょうか。
数が少ない上にレベルが低ければ横山・梅津・シュルツへの負担は変わらないんですよね。
僕が思うに彼等に近いレベルで活躍してくれる可能性がある投手は、今のカープでは林・青木勇人・上野、過大評価して森の4人だけです。
長谷川・青木高・大島・牧野・宮崎では1軍に置けても彼等に近づく事は不可能でしょう。
後の投手は1軍すら今シ-ズンは上がれない気がします。
好調な先発陣だって2軍で調整中の篠田を含めて丁度6人です。
層は確実に薄いです。

そして開幕から30試合の得点数や中継ぎシーズン崩壊のようになぜか近年のカープは同じような現象が起こる事が多いです。

選手で見れば個人的に去年と同じ匂いがしている選手が何人かいます。


ルイス
勝敗が5割に近くシーズン10勝10敗タイプかとちらほら意見が出てくるが、
最終的には鬼のような活躍で抜群の成績を残す。


栗原
夏前まで4番の働きがなかなか出来ない。
しかし夏以降調子を上げ4番打者の成績を残す。


横山
交流戦前に調子を落とすが、交流戦で復活。
そして真夏のハードな時期に離脱する。


赤松
誰も想像しない活躍をいきなり始める。
試合を決めるタイムリーも目立つ。


梅津
開幕から1番安定しているような成績を出す。
しかし夏以降1人軸が抜けた中継ぎ陣のセットアッパーの中心で使うと・・・・・・。


去年ではないですがさらに追加で書きます。



1年目、ポップフライばっかで約2ヶ月全く結果が出なかった。
しかし5月後半から嘘のように打撃が見違えて良くなり新人王獲得する。
2年目も夏までは不調だったが、夏以降は本塁打連発するなど好成績を挙げる。
スロースターターの傾向あり。


石井
長年の横浜ファンに聞けば「タクローはスロースターター」って誰もが答える。
開幕してから2割前後が続くが最終的には275.くらいい持っていくのがタクローの傾向だそうだ。


緒方
レギュラーで使われればの話かもしれないがこちらもスロースターター。
不振だったところから打ち出したら止まらなくなる現象を何回見てきたか。


どこかしら痛めて出場するとろくな事がない。
タイプ的にどうしても今のカープには必要な選手だけに交流戦の休みの多い日程は大きい。

廣瀬
レギュラーが狙える年に全く打撃で結果が出ず、いつになっても守備固め。
秋頃から打ち出す。


今年もこの中から同じ傾向になる選手がたくさん出てくるかもしれませんね。

ちなみにこれまでの傾向と全く真逆なのは大竹です。
前田健太・斉藤・篠田に関しては経験を積み順調に育っていると言っていいんじゃないでしょうか。

新外国人の話に戻りますが、外国人野手の補強の話題がよく挙がりますが、日本野球において新外国人野手が活躍する割合って実はもの凄く低いんですよね。
カープとヤクルトはその中では抜けて成功率は高いですが、他の球団は失敗ばかりです。
10年くらい前の西武・中日・阪神あたりなんて特にヒドかった。
あまりに新外国人野手が当たらないので、近年は日本で実績を残した外国人野手しか各球団獲らない傾向になってますね。
楽天なんて1年目からそうですし、今シーズンもオーティズ・マクレーン・ブラゼルと途中加入の外国人野手は皆その傾向です。
カープが新外国人野手を獲らずにシーボルを残したのも、当たりそうな外国人野手が見つけられなかったのが結局のところなんでしょう。
マクレーンを開幕前に獲らなかったのもシーボルより良くみえなかったからでしょう。
西武時代の穴の大きさを見ればなかなか獲得し辛い選手ですよ。
そういう選手でも獲得しなくてはならないくらい貧打に悩まされてる球団はシーズン途中にでも獲得するのでしょうね(アリアス・セギノール・マクレーン・ブラゼルなど)。

逆に新外国人投手では横浜・巨人を除いて各球団当たりまでいかなくてもそこそこ活躍する選手を獲得出来る確率が高い。

現在の若い先発陣が揃い、層の薄い中継ぎ陣の3本柱が、負担がかかりながらも大活躍している現状を見れば、その負担を減らす為に、新外国人投手を獲得するのがベストでしょう。

トレードでは獲れたとしても牧野レベルの可能性が高いため、効果がほとんどないのでやはり新外国人投手を獲得するべきです。


野手の補強をする事を考えるのならば、まずその前に前田を上げる事を考えるべきですよ。
球団が外野手専門の外国人ではなく、サード中心のマクレーンを獲ったのは前田の存在があった事も関係してるでしょう。
球団も本気で野手を補強したいなら、監督・コーチ・選手に命令出すくらい前田のやる気を上げさせるよな行動をさせるべきだと思います。
交流戦は休養日が多いですし、ブラウン監督・内田コーチに東出・緒方・石井琢朗あたりが行動を起こせば、戻ってきてもおかしくないと思います。
前田がなかなか上がってこないのは気持ちの問題が1番でしょう。
僕も日南キャンプでのその前田の記事を再びまた書きたいと思います。

今のカープの好調の要因は間違いなくリリーフ陣の存在のおかげです。
絶好調大竹をその日の調子が悪いと見れば6回で交代出来る今のカープは強いです。
抜群の成績の先発をリードしている展開の6回で替える采配なんて山本浩二監督ではまず見られなかったでしょうね。

今の強さを保てるように新外国人投手を獲得するべきである。
そして野手はまず前田を1軍の戦力にする為に周りがその環境をサポートするべきである。

これが今回の主張です。



 | HOME | 

Calendar

04 « 2009/06 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。