2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島市民球場最終戦を現地観戦!!!

広島に来ています。
昨日19時30分まで仕事で20時に夜行バスに乗り、早朝に広島に着き、入った漫画喫茶で財布を落とし届けられ、中身を確認したところお金が取られていた赤ヘルマンです。

現在体も心もボロボロです。

でもこの今の僕の現象は今日の出来事の中での前フリだと思ってます。
最初にズトンと神様が落としてこれからの最高のドラマをより味わえるようにしてくれたのでしょう。
↑での神様はルイスではありません。

これから新球場まで歩いて状況を確認して、市民球場に行き、最終戦を指定席で2人で観戦予定です。
今後携帯で状況が更新出来たらこの記事にそのたびUPしていきたいと思います。

【試合後…】

新球場まで歩き、動画もたくさん録りました。
感想としてはまだまだ問題がありそうですね。

試合はバックネット裏の最高の席で観戦する事が出来ました。
球場のボンテージが凄かった。
明日僕は代休を取っているので今日の出来事は明日記事にUpしたいと思います。

広島から夜行バスに乗る前に入った小さな喫茶店で僕が店に入った瞬間、店員の女の子が笑いました。

そんなに一人で入る事が行けないんかいっ!!って心の中で呟いてましたが女の子が笑った理由は違う理由でした。

会計時、女の子が僕に対して

『今日カープ勝ったんですか?』って話しかけてきました。

どうやら僕が緒方Tシャツを着ていた事でカープファンだと悟り、話しかけてくれたようです。

彼女は熱狂的なカープファンで僕は今日ビデオカメラで撮った動画を見せながら語り、のほほんとした時間が過ごせました。

正直おみやげに買ったもみじまんじゅうよりこの店員の女の子を持ち帰りたかったです。。。

でもなにげない出来事でしたけど疲れ果ててる僕の疲れを取ってくれる出来事でしたね。

カープの話が出来る事って僕にとっては本当に大きな事です。


広島、また来まーーす!


スポンサーサイト

絶好調巨人に引分!!篠田ラミレス封じる好投!!前田芸術的同点打!!

近日中に資格試験を控えてる関係でここ何日かの更新が適当になっていてすみません。
そんな中、「気分転換にカープ観戦!をちょっと」とテレビをつけた途端、あまりの熱戦にそのまま12回まで見てしまったダメ男赤ヘルマンです。
なかなかフジテレビ739に加入している人は少ないでしょうから、なんとか時間を作り、今日の試合内容の感想を書きます。
本日の試合スコアはこちら

篠田・久保の微妙な先発で始まったこの試合、篠田は安打は許すものの要所を締め絶好調強力巨人打線を無失点に抑えます。
ラミレスへのインコース攻めが徹底されていて、ラミレスをブレーキにさせた事が大きかったですね。
今日の解説は達川さんだったんですけど、達川さんって長期的な展望はハズレてる事が多いと思うんですが短期的な展望は凄いと思う事が多いですね。
今日は久々に解説を聞いていて配球について面白く感じました。
よく石原の配球について「バカだアホだ」言う人いますが、僕はそのほとんどが結果論だと思うんですよね。
それはなぜかって打たれた時の結果しか愚痴ってないからです。
いつだったか、今シーズン横山が決勝ホームランを打たれた試合があったんですが、それについて石原の配球うんたらって書かれてたのをどこかで見たんですが、これ録画放送で見るとどうみても失投なんですよね。
変化球がすっぽ抜けてました。
さらにルイスが前半戦絶好調だった時に、1試合明らかにルイスが不調だった試合があって結果6回3失点だった試合があったんですけどそこにも「石原の配球が」とか意見が出てるんですよ。
ルイスが絶不調だったから6回3失点だったわけで、それ以上何を求めると言うのですか。
球が高くコントロールが定まらないから6回3失点なわけです。
これは前から思ってた事ですが、今日の試合で達川さんがあまりにも細かく配球の解説をしていた事から、やっぱりこういう配球の細かい部分の視点は素人と玄人の差はデカいなと強く感じました。
打たれた時の配球の批判なんて誰でも出来ますからね。
打たれた球種をあげ「ストレートなりカーブが明らかに狙われていた」とか書けば論には一応見えるわけですから。
去年の前半戦のカープのように「ピンチになればどんな投手でも外のストレートばかり」といったようによほど偏ってない限りは配球論って結果論の嵐のように思いますね。
それくらい達川さんや楽天野村監督が配球をテレビ解説をしている時は奥が深いと感じます。
テレビ朝日で野村監督が解説する時なんて捕手がサインを出す前に予想して細かく解説してますよね。
結果が出る前の配球や結果が良い方向に出た時の配球を細かく解説出来るところが達川さんや野村監督と「投手の打たれた時だけ石原配球強烈批判」のファンの差でしょう。
これは当たり前の事っちゃ当たり前の事なんですがね。

今日の試合で思った事は、今の巨人の強さはただ単に戦力が厚いといったものじゃないですね。
細かい野球が出来ています。
投手陣は現代野球でもっとも大事な要素と言われるリリーフ陣が磐石ですし、野手は豪快な一発だけでなく走塁も含めたいやらしい攻撃もやってきます。
リリーフに関しては一見カタチが綺麗に見える豊田・クルーンだけではなく、それ以上に越智と山口の存在がここまでの巨人の快進撃を支えてますね。
今日の試合一時広島を逆転しましたが、その影の立役者は2番手越智ですよ。
山口は前田にタイムリーは打たれましたがここまでリリーフながら11勝、どちらもカープ投手陣の誰よりも試合数も投げています。

野手の走塁では今日1番鈴木が猛打賞、盗塁も決めてます。
鈴木の盗塁数は23、盗塁成功率は8割を超えます。
その一方でカープの赤松の盗塁数はまだ12個。
去年の阪神の控え時ですら8個、鈴木よりもランナーに出る機会もかなり多いのにこの数は少なすぎだと思いますよ。
ブラウンはストップウォッチとかで細かく投手のモーションの時間を計ってるみたいですが、赤松・鈴木レベルの足なら細かい事どんどん気にせず走らせるべきでしょう。
福地や鈴木の盗塁数に比べて赤松がここまで少ないのは明らかにベンチの策略面の差でしょうね。

細かい事で言えば巨人はスコアラーの情報もきっちりチェックしてますね。
シュルツがランナーを出したら即盗塁させましたし、今日の高橋の本塁打は完全にスコアラーからの情報のように思えました。
永川のストライクを取るフォークボール、これが今年の永川の好調を支えていました。
そのフォークボール一本に完全に高橋は絞ってましたね。
ストレートでも通常の落差あるフォークボールでもなく、ストライク取りに来るフォークボール一本狙ってましたスイングでした。
この球は今シーズンの永川を救ってきた球でしたが、ピンチになると永川がストライクを取るフォークボールをまず投げてくるという情報がスコアラーからきっちり巨人ベンチに入っていたのでしょう。
今日の巨人はシュルツは足技・ヒットエンドランなど細かい作戦で攻略し、永川を仕留めた1球にも裏方のしっかりとしたサポートがあったように思えました。

カープについてですが永川を8回無死から登板させ、梅津を3イニング投げさせるなど今シーズン初めてと言ってもいいくらい明日無き戦いをしてきましたね。
巨人も12回明日先発の可能性が高かっただろう東野を登板させてきました。
達川さん「これは明日の巨人は厳しいですね。」って言ったけど、あなたも監督時代明日先発予定の河野をリリーフで使い、翌日菊地原先発ってやったじゃーーーーん!!(しかも5月くらいに)

話変わりますがやっぱ前田は凄いね!!
追い込まれてから今の山口のスライダーに体が勝手に反応してヒットゾーンに飛ばせるのは球界の左打者でも前田と小笠原くらいでしょ。
と前田のそのバッティング技術と永川に追い込まれてフォークを投げられてもフルスイングでカット出来る小笠原のバッティング技術を今日の試合見て、改めて2人とも凄い打者だなと感じましたね。

さらに今日の試合引分に持ち込めた要因の一つに10回だったかの喜田剛のスーパーファインプレーも挙げておきます。
1アウトからか抜ければ完全に2ベースのライン際の当たり、飛びついてすぐ投げ超ファインプレーです。
苦しいロングリリーフの梅津を助ける隠れた超超ファインプレイでした。
その後に見せた喜田剛の笑顔からは波ならぬ守備練習の努力が伝わってきましたね。
また、その後のベンチの表情も笑顔いっぱいでした。
日南キャンプに行った際に喜田剛がチームのムードメーカー的存在であるという事を初日で気づきました。
誰よりも声がデカく、誰よりも笑顔がはっちゃけてましたね。

明日の先発は今日以上に微妙になりそうですが、両軍読めません。
梅津が3イニング、シュルツがボッコの翌日ですがどういう継投をしてくるかベンチに注目ですね。
でも今シーズンはこういう崩れそうな試合の翌日に、上野2イニング好投のようなミラクルが起こって投壊しなかった事が本当に多かったですね。
改めてよく投壊しなかったなと思える今のカープ投手陣です。

今日の試合は絶好調巨人に勝てませんでしたが、負けなかった事が、去年までのどん底カープからのチームの成長を感じました。
明日も良い試合を強く期待したいですね!!

最後にこの4連戦旧ユニフォーム着用に伴って応援団が昔のカープの選手の応援歌を流してるんですけど、すごく良い企画ですね!
個人的に正田の応援歌が凄く好きだったので、また聴けただけで感動してしまいました。


中日に快勝!!前田健太プロ入り初完封で皆ニッコニコ!!

小学生の頃習った英語の歌が好きでした。


A--  B--  C--  D-- 



More...


天王山初戦に圧勝!!!齊藤 悠葵が好投&好答!!

斉藤が6回自責点0と好投をしました。


単独三位キタ━━━(゜∀゜)━━━━ !!



しかし自責点0ながら6回裏に代打を送られました。


More...


綺麗な綺麗な負け試合!! 倉より上村を使うべき!!

神宮現地観戦してきました。
明日おもいっきり仕事ですが今日は頑張って更新したいと思います。
試合前にも更新したので、本日2投稿目ですね。

今日の試合は負けるべきして負けるといった試合でした。
調子が良いとは言えない篠田を6回まで投げさせましたが、ブルペンでは誰も投げてなかったですね。
シュルツと上野がほんの軽く程度肩を作りかけましたが、すぐに大島とスイッチしました。
結果本格的に肩を作ったのは牧野と大島だけでした。
見事なくらいの綺麗な負け試合です。
山本昌がボッコボコに打たれ中継ぎを多く使い、その中継ぎも打たれて負けた中日とは偉い違いですね。

試合中石原の怪我を聞いた時はかなり痛いと感じました。
しかし、サンスポによると東出も石原も軽症との事です。
それでも石原は何試合か出れないと思いますが、その時の捕手は上村でお願いしたいです。
その理由は倉は試合間隔が開くとポロポロを連発するからです。

石原がブレークした次の年、石原がオープン戦で手を骨折し、倉が正捕手を務めました。
その時期のオープン戦で倉が捕逸を連発してたのを覚えています。
倉って完全に正捕手向きの捕手だと思うんですよね。
次の中日戦で先発する前田健太・斉藤はどちらも2軍で上村と何回もバッテリーを組んでいます。
打撃力は倉の方が上でしょうけど、倉にポロポロ病がある事と打撃の調子も良くない事から先発は上村の方が得策だと思いますね。
あと横山がブルペンで投球をはじめ、来週の巨人戦には登録される見込みのようですね。
これも朗報です。

さてさて今シーズンのカープの話になりますが、ここまでの快進撃の理由に「来るべきチャンスをものにしてる」というのもあると思いますね。
抽象的でわかり辛い表現かもしれませんが、その1つとして交流戦に勝ち越したと事が挙がります。
その勝ち越した1番の要因は何よりも今シーズンのパリーグのレベルの低い事だと思うんです。
特にソフトバンク・ロッテ・日本ハムの現在3位を争っている3球団、ここの去年と比べてのレベルの落ち具合は半端ないですし、現在のカープの方が遥かに強いでしょうね。
交流戦で横浜が1チームボロ負けしてた事からも今年はセリーグの方がレベルが高かったのは間違いないでしょうね。
ロッテなんか交流戦で投手陣がボロボロでしたが、その時の投手陣と現在のメンツがほとんど代わってないですもの(アブレイユが消えたくらい)。
まあそんなパリーグ相手の交流戦で勝ち越し、また4連戦という楽な日程が、交流戦入る直前に崩れかけてた横山・梅津を復活させ、カープは見事なくらい交流戦をチームの立て直しの材料に使ったのです。

同じように挙げられるのがオリンピック期間に勝ち越した事ですね。
これは単純に他チームの主力が抜けた時期にセコく勝ち越しに成功したんですよね。
今挙げた2つの事って簡単に書けますけど、こういうチャンスを確実にモノにした事も大きく現在3位にいれる要因だと思うんですよ。

当たり前ですが去年ほぼ最下位の5位だったチームがいきなり強くなるなんて無理ですよ。
「ブラウンがちゃんとしてれば2位争いを余裕でしていた」なんて雑音は現在チームが3位に近いから聞こえてくるものです。
今日の試合のように「相変わらずヒドいな」と思わせる試合も見せますが、今のカープの最大の宿敵は中日ですからね。
個人的に今の中日はセリーグで1番弱いと思ってます。
投手陣は投壊寸前で主力野手は怪我人が多いですからね。
村田・内川・吉村のいる横浜相手でも苦戦・・・、いや今後に影響する継投をしなくてはならない投手布陣ですね。

まあパリーグの3位争いもそうですが、そのチームが首位から大きく離された3位にいるのには理由があるからいるんです。
中日が3位争いをしてる原因はちょっと中日を分析すればすぐわかると思いますよ。
そして当ブログで投手陣構成をこれでもかってくらい書いてきたのは、9月にもなれば投手陣がシーズンしっかりしているチームと投壊するチームが別れてくるからです。
去年までのカープは断然後者でした。
今現在の投手陣状況を12球団見てみると面白いですよ。
特に中継ぎ陣の成績、構成はこれでもかってくらい別れていますよ。

現在のカープは粗い所がまだ多いし、ここ近年の後半戦の成績が悪い事から、多くのファンがシーズン途中に「終戦宣言」してるのを見ましたが、カープが終戦になるのは、カープを終戦にする相手がいるからです。
現在カープを終戦させる可能性のある相手は巨人ではなく中日です。
カープが弱くたって中日がもっと弱ければ3位にはなれるんです。

明後日からの3連戦、カープの先発は斉藤・前田健太・ルイスでしょうが中日の先発が読めません。
吉見は確実として、あとの二人が誰なのか。
清水昭が今日中継ぎ登板した事から清水昭も無い事を考えると2戦の先発が不明ですね。
と言いつつ1試合は2軍にいる中田でしょうけどね。

残り16試合ですが、今シーズンは最後までペナントレースが楽しめそうですね!
東出と石原の元気な姿がすぐに見れる事を祈って本日はこれにて就寝します!!

CSシリーズに向けてカープの快進撃は続く!!

神宮観戦を前に久しぶりの更新になります。
ずっと更新したかったのですが、仕事で出張があったりして忙しく1ヶ月以上放置してしまいました。
書きたい事は腐るほどあるんですがなかなか時間が取れないですね。
今回はその中でここまでのカープの快進撃について自分の思うところを少し書きたいと思います。

それにしても最近のカープは絶好調ですね!
カープファンのブログで終戦宣言堂々としてたブログが、次から次へと復活していく光景は非常に面白いものがありましたが、それは近年のカープにはない成績が現在出せている事が要因でしょうね。
前田をスタメンに使わなくても、石原が正捕手でも、CSシリーズを争えるチームになれるんです。
最近よく前田ファンに批判されまくってるブラウンですが、ブラウンの責任は最終的に3位か勝率5割以上を逃した時ですからね。
僕の予想では勝率5割以上は達成出来なくても3位になれる可能性は高いと思ってます。
それはヤクルトが大型連敗してますが、そのヤクルトよりも今の中日は弱いと思うからです。
あの投手王国中日が現在投手陣がボロボロのほぼ投壊状態だからです。

個人的には今のブラウンは本当によくやっていると思います。
その理由は投手起用法、これに尽きます。
今シーズン当ブログの更新は少なかったですが、内容はご存知の通りほとんど一緒なものでした。
とにかく投手陣構成、そして起用法、それをメインに書いてきました。
それは、カープが3位争いをしていくには、そこが最大のポイントだからです。
もう何年もカープはBクラスですが、そのほとんどのシーズンでシーズン途中に投壊しています。
それが今年のカープは投壊しそうな投手陣なのにもかかわらず、投壊しませんでした。
現状の投手陣を考えてもこれって凄い事だと思います。
ブラウンを評価するのにあたってここを書いている人を今のところ見た事ありません。
その一方で前田や石原あたりの起用の批判はよく目にします。
その流れで「ブラウンじゃなければ2位争いを余裕でしてた。」なんて意見を見た時には正直驚きましたね。
よく余裕で2位争い出来るような戦力がカープにあると思えて書けるなっと。
ここ近年のカープは5月までの成績を出す事は多かったですが、9月まで成績を出している事は全くというほどありません。
では、なぜ近年までのカープが投壊するシーズンを送ってしまったのでしょうか。
それは今シーズン、ブラウンが一時帰国し、リブジーが監督代行をした3試合の起用法でもよくわかると思います。

リブジーが指揮をしたこの試合この試合この試合ですが、どれも投手起用法が糞過ぎます。
この三試合の投手起用法のどのへんが糞かと考えると、多くの人が一戦目の宮崎と思う事でしょう。
しかし、本当の糞の部分はこんなところじゃありません。

1試合目で言えば岸本・上野・篠田・梅津、2試合目ではブラウワー・梅津、3試合目では大竹の起用法です。
1試合目に宮崎がラストチャンスでノックアウされた事は、正直宮崎を2軍に落とすだけで今後にそこまで影響しないんです。
しかし上記で挙げた起用法は今後に影響するものばかりです。

おそらくリブジーはブラウンにブラウンの思う投手起用法を伝えられていたのでしょう。
しかし、それをマニュアルのように覚え、状況による臨機応変が全く出来なかったと言ったところでしょうね。

1試合目、6点を先制しながら2点差に追い上げた6回に岸本を起用します。
岸本を起用するのはともかく岸本が明らかに調子が悪いのにリブジーはなかなか代えません。
その次の上野も絶不調でしたが代えませんでした。
起用にあたってこの展開では上野・岸本と言う事をリブジーは聞いていたはずです。
しかし、それを守っただけではダメなんです。
最近のブラウンの投手起用法を見ればわかりますが、その日調子が悪いと思った投手は一死も取れずに交代させる事もしばしばです。
そこにはセットアッパーとかそういうものは関係ありません。
その日調子が良ければ、例えセットアッパーでなくても僅差リードでもう1イニングいかせる、そんな起用法ですら最近はあります。
そして一方的な展開になったのにもかかわらず最終回に梅津を使ってしまう事も糞。
当ブログでも書いてきますしたが梅津の体力がない事は過去シーズンで証明済みです。
そんな中敗戦処理までさせてしまうなんて今後の影響に大の起用法です。
この試合は篠田を2イニング行かせるべきだし、そして翌日も梅津を登板させ連投という結果になってます。
2試合目はブラウワーの異常な続投、これに尽きます。
勝ちパターンの投手はブラウワー、これしか頭になかったのでしょう。
明らかに調子の悪いブラウワーはこれでもかってくらい続投させ、ジ・エンドです。
その試合展開の中で梅津を使っちゃうところが糞以外ありません。
そして3試合目は2試合の継投失敗の成績からか、今度は不調大竹先発を延ばしすぎて失敗。
たかが3試合ですが、リブジーがやった起用法はどれも投壊に繋がる起用法なんですよ。

このリブジーの起用法を見て僕は懐かしいとも感じましたね。
中継ぎに関してはセットアッパーを異常に信頼する、それ以外の中継ぎの細かい事については考えない、数回中継ぎが打たれただけで先発異常型続投起用法に移り変わる。
山本監督・北別府投手コーチ政権時の起用法にそっくりじゃないですか。

現在のセリーグの完投王って大竹なんですよね。
しかし、その回数ってたったの3なんです。
この数値って現代野球を象徴してると思うんですよ。
おそらく北別府コーチがやってた時の黒田って完投数を取りまくってましたが、おそらく10くらい完投してたと思うんですよ。
それでも最多勝利も最優秀防御率も取れずに、負け数も防御率も高かったと思うんです。
何が言いたいかと言うと、プロ野球スタイルは昔と比べて大きく変わっていて、北別府は糞コーチだったと言う事です。
北別府に限らず、昔のプロ野球でスターだったタイプは現代野球の投壊スタイルな考え方の人は結構多いと思いますよ。
ソフトバンクは王監督になってから、ちょっと前のカープのように短命の中継ぎ投手が毎年のように出ています。
今後に繋がる投手起用法、これが出来る監督って少ないと思いますし、これが出来る監督がいなかったからカープは何年も投壊だったんですよね。
ブラウンの1年目・2年目もはっきりと投壊に繋がる起用法がありますからね。

投手起用法は深く、まだまだ書きたい事はありますが、そろそろ神宮に向けて出発するので近いうちに書けたら書きたいと思います。

最後に28日(日)に広島市民球場に行く事を決めました!
27日夜行バスにて出発し、28の夜に夜行バスにて東京に帰ります。

そこで突然ですが一緒に観戦してくれる人を募集します!
友達と一緒に観戦予定だったのですが、急遽その友達が都合がつかなくなり、チケットが1枚余っています。
3塁側のブルーの指定席です。
観戦相手は知人の中で探せば見つかるのですが、ここはあえて新しいカープファンとの出会いを求めて募集しまつ!
条件は老若男女関係関係なく、当ブログを気に入ってくれてる方でお願いします。
チケットは定価引換でお願いします。
宛先はakaheruman2002@yahoo.co.jpまで!!
このまま雨天中止が無ければ市民球場最終戦、今から行くのが楽しみです!!



 | HOME | 

Calendar

08 « 2008/09 » 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。