2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地から

永川が同点で登板してます。

富士急ハイランドのお化け屋敷より怖いです。

さっき赤松がチャンスで打席に立った時、ドラクエⅤで可愛いという理由で主人公がずっと連れてきたスライムのスラリンで最終ボスと対戦してる時のような気持ちになりました。
まあ最終ボスといっても相手はアゴ倉ですが……。

9回も永川で本日2回目のFUJIYAMAに乗る気分です♪
スポンサーサイト

カープ赤松

最近多忙過ぎて放置していてすみません。
カープは相変わらずカープのようですが鯉のぼりの季節なので頑張って欲しいです

本日赤松がスタメンですが良いですねー♪
先日は2本のヒット、今日は1打席目特大ホームランに2・3打席目はカウントフルカウントまで粘り1番打者の役割はしっかりしてますね。
守備でも超ファインプレーを見せており実力はまだまだですが、調子に乗ればどこまでも調子に乗りそうなキャラなのでアホらしく突っ走りそうな雰囲気もあります。
内田コーチがひいきというくらい徹底的にキャンプで打撃指導していた効果がこれから出るというのか!?

と言いつつも打線のバランスと調子を考えれば赤松より前田よりも緒方だと思うんですけどね。
攻にパンチのない選手が現状スタメンに多すぎる中ではなかなか得点をあげる事は厳しいでしょう。
しかし選手単体で見るなら今の赤松はしっかり自分の役割をしてますよ(もっとベンチが盗塁の指示を出せばより出るのにね・・・。)


高橋建が完封勝利! 梵から見えるブラウン監督の和の理解度の無さ

本日は久々にカープがゆっくり見れました。
最近忙しく毎日じっくり見れないのが本来ならば悲しい事なのでしょうけど最近に限ってはむしろそれで良かったと思ってしまう今日この頃ですね。
本日のスタメンに初めて東出を2番にしてきましたね。
試合スコアはこちらです。

1 8 天谷
2 4 東出
3 9 アレックス
4 3 栗原
5 7 前田智
6 6 梵
7 5 シーボル
8 2 倉
9 1 高橋


【投手】
【広】高橋(9回)
【巨】木佐貫(8回)

今日の試合は高橋対木佐貫の試合にも見えましたがブラウン対原の試合にも見えましたね。
約1週間記事を書けてなかったので言いたい事は山ほどありますがとりあえず今日は高橋建に関して書きたいです。

約1年前に僕がここでコラムに書いたこの記事とこの記事を見てください。
一昨年の日南春季キャンプも僕は行きましたがその時の高橋建、練習量が減ったカープの中で投手陣の中で断トツに外野をランニングに時間をかけていました。
前年中継ぎで失敗し選手生命の危機に立たされた一昨年、何が何でも先発として復活してやるという強い気持ちがキャンプから見られてました。
その中で2軍で完璧な先発成績をあげながら、中4日で中継ぎで使ったブラウン采配を強烈に批判したのですが、その壁も乗り越えて本日は5年振りの完封勝利をしました。
好投しながらも球数を理由に6回くらいで降板させられていた時も高橋は「先発として長いイニングを投げたい。」とよく発言していましたね。
皮肉になりますが、ブラウンが監督をしている中で完封勝利が出来た事がまた凄い事ですよね。
今日の高橋建のヒーローインタビューは、少し涙声で答えていましたね。
「何度か完封はしてるのに9回マウンドに立った時初めて立った気持ちだった。」というコメントがリアルな感情を現しています。

力で押す投球だけでなく考えた投球が出来るようになったところが高橋建の熟年になってからの凄さですね(これならメジャーでも通用しそう)
高橋建の快挙に大きな拍手を送りたいです。

試合コラムはMoreからです。

More...


OPSで東出を評価する事のくだらなさ

たま~にどこかで聞くOPSという言語。
データ用語の一つでメジャーリーグの数球団では実際に愛用され使われてる事もあるようですね。

僕は野球書籍を読む事が趣味の1つなのですがその中でOPSも含めた様々な変わったデータから論評が書かれている本があります。
その本はデータスタジアムのデータを用いて元シアトルマリナーズの長谷川滋利が論評している「セイバーメトリクス」という本です。
この本をちょっと見ただけで僕は大きな誤解をする読者も多いだろうななあってすぐ思いましたね。

OPS=出塁率+長打率

現在明らかに調子の悪い梵を2番に置いたり、初年度は前田2番という策で失敗したブラウンカープ。
もしかしたらこのOPSのデータを参考にしてるのではないかとも感じてきました。

まずはっきりと言いたい事は東出のようなタイプにこのOPSで打撃評価するのは大きな間違いです。
はっきり言ってデタラメな評価に繋がるとも考えられます。
これは井生や中日の荒木でも一緒です。
パワーのない俊足打者が全くというほど評価されない数字、これがOPSです。
日本野球の2番打者というタイプの選手ほど評価されないでしょう。

去年の東出のOPSは613.、セリーグのトップは高橋由の982.で600.台という数字は極めて平均的にも低い数字です。
これで東出が得点力がないから上位に置くのは愚作、こう考える人は僕はどうかしてると思いますね。

ちなみに去年セリーグの盗塁王だった荒木(打率262.)のOPSは598.、パリーグの盗塁王だった片岡(打率256)は613と東出(打率269.)とほとんどOPS数字は変わりません。
セリーグ盗塁2位の赤星(打率300.)でOPS703.、パリーグ盗塁2位の本多(打率275.)が668.です。
さらに石井琢(打率275.)が644.、高須が(打率283.)681.、田中賢介(打率255.)が665.です。

このOPSの最大の弱点は出塁率と長打率を足している事です。
長打率は長打になるほどポイントが高くなるため、本塁打が少ない選手が高くなる事は少ないです。
ましてや、狭い広島市民球場で2塁打や3塁打も出辛い事からも東出の数値が上がらないのは当たり前っちゃ言えば当たり前です。
東出の去年のOPSの数字は去年のカープの100打数を超えてる打者の中で13人中12位とかなり低い数字です。

OPSの話で日本野球タイプの2番打者は語れないので、他のデータを用います。
まずはBB/Kです。

BBK=四球/三振

四球と三振の割合から対象打者の選球眼を見る指標の一つです。
東出のBBKは0.60と高く、前田の0.65についてカープ2位の数字です。

続いてP/PAです。

P/PA=投球数/打席

1打席あたり相手に投げさせる投球数。選球眼やバットコントロールを見る上で目安となる指標です。

東出は松本・梵についで3番目の数字です(100打数以上の選手)。

続いてにPA/Kです。

PA/K=打席/三振

東出の数字は9.38と前田についでチーム2位です。
ちなみに前田は14.39と脅威的な数字で12球団1位です。
前田がいかに三振しない打者かという事がわかります。

最後に内安打割合です。

内安打割合= 内安打/安打*100

東出は22%でカープ1位、セリーグで赤星についで2位の数字です。


ついでに東出の去年の盗塁数は12.犠打数は22です。
この事からまとめると東出は他の2番タイプの打者を見てもわかるように、長打率・と得点能力はないが、俊足で選球眼があり、三振が少なく内安打が多いような、小細工が得意な日本野球の典型的な2番打者のいやらしいタイプという事がわかります。

OPSが東出のようなタイプに無意味な事は次の例からもわかります。
黄金時代真っ只中の90年の西武の1.2.3番打者の成績です。

☆90年西武の1.2.3番打者成績

1番 辻   打率266. 本塁打3本 盗塁31. 犠打22 三振38
2番 平野  打率267. 本塁打2本 盗塁23. 犠打50 三振72
3番 秋山  打率256. 本塁打35本 盗塁51. 犠打1  三振120


この年の西武はシーズンでは2位オリックスに12ゲームの差をつける圧勝で日本シリーズでは巨人に負けなしの4連勝をしています。
その時の不動の1.2.3番が辻・平野・秋山です。
おそらくOPSの数字を使えば1.2番の辻・平野の数字はかなり低く出るのではないでしょうか。
逆に秋山は高い数字が出るような気がします。
OPSの弱点はここにまさに表れていますね。
辻・平野が相手が嫌がるような1.2番という事はデータからも想像つくでしょう。

現役時代の辻をご存知の方は言うまでもないですが辻はミートの達人です。
とにかくなかなかアウトにならない、粘り粘りに粘るという打者でした。
相手投手に球を多く投げさす事も十分1.2番に必要な要素だと思いますよね。
僕は辻タイプという意味ではカープでは井生が該当すると思います。
井生はパワーや派手さはないですが打撃がいやらしく、ケース打撃も出来、2ナッシングから四球を選ぶようなシーンも何回も見ました。
でもこういうころはOPSには出ない部分の技術です。

平野は言うまでもなくバントの達人です。
バントと守備力だけで長く生きてきたと言っても過言じゃない選手で典型的な2番タイプの打者ですね。
東出の3年目の成績が262.本塁打5本. 盗塁26. 犠打49と限りなく90年の平野の成績に近いですね。

秋山は芸術的な選手でした。
芸術的な本塁打・芸術的な走塁・芸術的な三振に芸術的なバクテン。
三振だけで客が呼べる貴公子でしたね。

どんだけ大振り三振してもそれに似合うだけのホームランがある。
辻・平野・秋山の中では一番梵は秋山にタイプは近いと思いますよ


と、色々語って来ましたがOPSを考慮して打順を考えればその中で前田2番とか梵2番という策が生まれ、見事に失敗するかもしれませんよね。
アメリカではOPSは多く用いられる、しかし日本でそれを使い過ぎたらどうなるか。
その失敗例が前田2番・梵2番であり、その失敗には何よりもOPS以上に日本人の考え方というものがあるからです。

簡単に言うと打者が2番になったら自然と色々考えてしまうのが多くの日本野球人なのです。
これは神経質な選手ほどそうなると思います。
この日本人独特の思考が失敗を作ってる1番の原因でしょう。

梵の去年のOPSは748.です。
しかし、おそらく去年の打順が1番だった時と下位だった時ではビックリするくらいかけ離れたOPSの数字が出てくると思います。
それはご存知の通り、去年下位に打順が下がってから梵が本塁打や長打を連発していったからです。
おそらくもの凄い勢いでOPSが上がっていったでしょうね。
そして今年も梵の2番と7番では残酷なくらいOPSの数字の差が出ているでしょう。
これが単にデータを用いて使うと失敗するという日本野球の恐ろしさです。

と今までの中で多くの野球通の人が東出を2番にするべきだと発言するのは当たり前っちゃ当たり前な事だと思いますよ。
天谷という俊足の1番が好調、「機動力野球をテーマ」にあげる中でなぜ細かい打撃が苦手で決め打ちが多く神経質そうな石原や梵を2番に置くのかが未だに見えてこない。
OPSは確かに石原も梵もそこそこ高いです。
でもそれ以外の部分で使うべきではない理由がたくさんあるとやっぱり思いますよ。
石原・梵を2番にするくらいなら木村2番や赤松2番の方が良いと思います。
木村は実績はないけど頭の良い細かい打撃が出きるようなタイプ、赤松は神経質の対義語の性格におそらくいてそこそこレベルの投手には結構粘ったりしますからね。

なかなか三振しない、球数を多く投げさせる、犠打が上手い、俊足で内安打も多い、十分上位打線にいたら相手投手が嫌がる打者だと思いますけどね。
左が2人並ぶを嫌っているのか知りませんが、打線が全く繋がらない中で好調でもあるのに頑なに東出を8番から上位に動かさないブラウン監督の意図が全く僕には見えてきません。


長谷川炎上!! 全く繋がらなかった打線は策を練り直すべき

ボロ負けの日曜日。
試合スコアはこちらです。

1 左 天谷
2 遊 梵
3 右 アレックス
4 一 栗原
5 左 前田
6 三 シーボル
7 捕 石原
8 二 東出
9 投 長谷川



【投手】
【中】吉見(9回)
【広】長谷川 - (5回) - 青木高 (2回) - 広池(2回)

11安打2四死球で完封負けですか。
今日の試合に関しては2番と4番の差で負けたといった感じですね。
梵2番に関しては開幕前から散々言ってきました。
どうしても東出を8番で使いたいなら梵に代えて木村を2番にするべきですね。

今日の試合で流れ的に痛かったのがワンアウト1・2塁からシーボルがノースリーから打ったセンターフライですね。
アレックスヒット・栗原死球で吉見が苦しいところで前田が完璧に捕らえたライトライナー、その後明らかに投げづらそうにしてた吉見をシーボルが助けました。
別にこの打席に限らずシーボルはカウント有利、特にノースリーからヒッティングして凡打になるケースが目立ちますね。
ここは首脳陣がそれなりに指示は出来ないものか。
少し待てのサインを出すだけでシーボルの出塁率がグンと変わる気がしてなりませんね。

長谷川は絶不調でしたね。
ただ、昔の長谷川に比べれば調子が悪い時でもだいぶカタチになっている投球が見られるようになりました。
こういう一方的な展開の試合で投手3人で済む継投にしたのは良い事ですね。
宮崎が投げなかったのは宮崎が次節の阪神戦に去年相性が良かった事からからしれませんね。

とりあえず今日の敗戦から一日休みもある事だしもう一度策を練り直すべきです。
中日吉見が開幕3戦目で中継ぎで登板してたのにもかかわらず、その後2試合連続完封をしたようにちょっとした配置転換でガラっと流れが変わる事はよくある事ですからね。

試合コラムはMoreからです。

More...


昨日爆発したワダンも封じ高橋建今季初勝利! 苦しい守護神起用法

高橋建らしいフラフラになりながらもなんとか抑える投球で今季中日戦初勝利です。
試合スコアはこちら

1 左 天谷
2 中 赤松
3 右 アレックス
4 一 栗原
5 三 シーボル
6 遊 梵
7 捕 倉
8 二 東出
9 投 高橋


【投手】
【中】小笠原(5回) - 川井 (2回) - 中里 (1回)
【広】高橋 (6回) - 梅津 (1回) - 横山 - (1回1/3) - コズロースキー(2/3)

新社会人生活が始まっており平日はかなり忙しい日々を送っています。
疲れが抜けきれず今日も横山が登板したあたりで途中で眠ってましたね。
先ほど今週録画しといた試合も含めババっと振り返って見てみました。

本日の試合ですが前田を外して赤松を2番にスタメンにしてきましたね。
おそらくただの休養日でしょうが個人的には石原2番よりかは遥かに良いと思います。
ただ、今年カープ勝ちにいくならそこまで積極的に赤松を使う必要はないとも思います。

シーボルは選球眼がとても良い選手ですね。
ただカウント有利なカウントでも自ら手を出して凡退してるケースも目立ちます。

ちょっとナイターのヤクルトの試合を見ていて思ったのですが、現在セリーグの首位打者である田中浩と5番を打ってるガイエル、この二人って去年のシーズン序盤は全くというほど結果が出なかったんですよね。
田中浩はセリーグの規定打席到達者の中でずっと最下位の時期が続いてましたし、ガイエルはこれでもかってくらいインサイド攻めをされ2割前半の低打率が続きました。
しかし田中浩は飯原と共に古田監督が我慢に我慢して使い続け、最終的には3割に近い打率でシーズンを終了しました。
ガイエルも日本野球に慣れていき、シーズン終盤には本塁打争いをしていました。
でも思うのですが、去年ヤクルトが最下位になった原因の一つでもこの起用法は十分あったとも思うんですよ。

これと同じような事が今日のカープにもプンプン臭うんですよね。
赤松を使い続ければ、数年前打てる雰囲気が全くなかった山崎や倉が後半戦になり突如打ち始めたような実績がある内田コーチがいる事からもそのうち打てるようになるかもしれません。
またシーボルももともとスロースターターなうえにガイエル同様選球眼もある事から十分そのうち打ち出す要素は多く持ってると思います。
しかし、それまで我慢して使う事が今年勝負をかけるチームがする采配なのか。
現時点で彼等よりも好調で好結果が望めるような選手は何人もいる。
そしてそこ以上に補強しなきゃ今シーズン勝ちにいけないポジションがまだ他にある。

開幕して12試合経ちますが投手陣は全体的に見て去年の12試合が経った時よりも質もレベルも起用法も下だと思ってます。
去年の12試合までは先発は1試合神宮でフェルナンデスが崩れた以外は皆好投、中継ぎは抑えの永川は完璧、横山・梅津・林・河内などが好調で球も凄く良い球を投げていました。

始まってまだ12試合です。
今のカープの状況は正直今年Aクラス争いをしていくチームになっていく要素は全く見えないですね。

試合コラムはMoreからです。



More...


17得点の快勝 イケメン今季初勝利!!客の呼べる選手がいる大きさ

広島-横浜の3回戦は快勝でした。
試合スコアはこちら

1 中 天谷
2 捕 石原
3 右 アレックス
4 一 栗原
5 左 前田
6 三 シーボル
7 遊 梵
8 二 東出
9 投 長谷川


【投手】
【広】長谷川(7回)-広池(2回)
【横】高崎 - (5回) - 三橋 (1回) -ヒューズ -(1回) - 桑原(1回)


快勝でした♪
というより壊勝でしょうか
カープも良かったですがそれ以上に横浜の野球のヒドさが目立ちましたね。
エラーに四球次から次へと出てくる投手が打ち込まれると去年終盤のカープを見ているようでした。
こんな感じに毎年終盤のカープも他球団に見られているのでしょうね・・・。

天谷の存在は大きいですね!!
ああいう明るいキャラは絶対チームに必要ですよ。
日南キャンプで発見したんですけど、性格が大きく違うように見える前田と天谷って凄く仲が良いんですよ。
前田は森笠とも凄く仲が良いんですがひょうきんタイプの後輩を可愛がる傾向にありますね。
と言うより実は前田自身もかなりおちゃめの性格をしているんです。
このへんは日南キャンプに行って注目して見ていればよくわかりますよ。

栗原も2安打、シーボルにも最後安打が出て良い6連戦の最後になりました。
喜田剛はキャンプから見ていて思いましたが控えのレベルの選手じゃないですよ。
お世辞抜きでレギュラーで固定すれば270.本塁打20本くらいクリア出来るレベルに十分あります。
2軍で1塁を守り始め打撃で格の違いを見せている新人松山同様、シーボル・栗原のこれからの調子次第では打撃力の定評のある二人がレギュラーで使われる試合が増えていく事も十分あるでしょう。

ヒーロインタビューに連日天谷を呼んだテレビ局もファインプレーでしたね。
今日の天谷はプロ野球選手のインタビューされた時の返答の基本、「そうですね。」に大きく反抗をして、「はい!」と答えていました。
そして昨日からの流れで「明日は月曜だから今日はお酒はできるだけ控えてください!」と発言もしてました。


だーーーかーーーらーーー 天谷!!
日曜だから子供も多く来てるって!!!!



試合コラムはMoreからです。


More...


天谷が決めた!! 天谷・東出の1・2番で機動力野球を確立すべき

横浜にサヨナラ勝ちです。
試合スコアはこちら

1 中 天谷
2 捕 石原
3 右 アレックス
4 一 栗原
5 左 前田
6 三 シーボル
7 遊 梵
8 二 東出
9 投 前田健太


【投手】
【広】前田健太(5回)-青木高(1回)-梅津(1回)-林(1回)-コズ(1回)-横山(1回)
【横】ウッド -(6回) - マットホワイト (1回) - 横山 (1回)- ヒューズ (2/3) -木塚 (1/3) -那須野 (2/3)

最近更新が出来ていなくてすみません。
社会人生活が始まりバタバタした生活を過ごしておりました。
そんな中本日は数日ぶりにカープ野球観戦をゆっくり見れました。

先発は注目の2年目前田健太でしたね。
インコースをズバスバつく気持ちの良い投球を見せてくれました。
2年越しでキャンプから注目して見てたので、ハラハラドキドキしながら見てしまいましたね。
守備に足を引っ張られた場面もありましたが先発として十分の内容を見せてくれました。
ローテはこれで確定でしょう。
ただ、個人的にフォークを投げてなかったのが気になりました。
キャンプではフォークのコントロールが抜群であったのに今日は落ちる球はチェンジアップを多く使ってましたね。
カーブが大きな武器なだけにフォークをなんとか使っていって欲しいものです。

打線は拙攻・拙攻拙攻の嵐でストレスがたまる展開でした。
特に新4番の栗原、完全に自分の世界に入り込んでかつての新4番新井状態になってますね。
栗原が仕事をしていれば楽にカープが勝っていましたよ。
まあ、これは相手の4番村田にも言える事ですけどね。

そんなイライラする展開の中天谷がサヨナラ打で決めました。
開幕から打席の中で凡打でもタイミングが合ってる事が多かったので今年は多少我慢してでも1番・2番で置いときたい選手ですね。
時々アホさが目立ちますが、良い意味でのそれが多いです。
ヒーロインタビューでファンに対して「そろそろ6時ですし美味しいお酒を飲んでください」って言ってたけど、土曜だし子供もたくさん来てるぞ天谷!!!

テレビ解説の大下さんも言ってたけど今のカープにはリーダーがいませんね。
今日の試合に限っては石原がリーダーに見えましたよ。
それで良いなら良いんですけど・・・・。

しかし、今日の試合はまさに下位にいる弱いチーム同士の戦いといった感じでした。
横浜は森監督の力で3位になったが翌年主力の谷繁が抜けて最下位になった数年前の流れとそっくりですね。
思った以上に横浜はクルーンの穴が大きそうですし、ヤクルトと違って新外国人もハズレ雰囲気、イキの良い若手投手も全くいないので戦力層が苦しいです。
今のままいけば、戦力層で考えればこの2チームが数年前のように5位争いをしていく展開になっても全く不思議じゃありませんね。

試合コラムはMoreからです。

More...


 | HOME | 

Calendar

03 « 2008/04 » 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。