2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来季のコーチスタッフについて

久しぶりの更新。
ここにきて今シーズン5位に終わったカープも来季に向けて新たなコーチスタッフが加わるようです。

あの内田コーチの打撃コーチ就任、植田コーチのバッテリーコーチ就任どちらもチームにとってプラスになる就任だと思います。

内田コーチは2年前までカープの若手打者を次から次へと開花させました。
嶋がその筆頭に挙がりますが個人的には当たる気配もなかった倉と山崎が後半から打撃が急に良くなった事が印象に残っています。
3年前開幕前から内田コーチとマンツーマンで打撃練習をしていた岡上はもうチームにいないんですよね・・・。
小早川コーチは辞任せずチームに来季も1軍コーチとして残るようです。

そして植田コーチが1軍バッテリーコーチに就任しました。
これにより熊沢コーチが2軍に回る事になりました。

ここで気になるのが今季2軍のバッテリーコーチだった道原コーチの去就です。
個人的な意見を言わせてもらうと道原コーチがいることはカープにとってプラスになるとは思えません。
今季の2軍の投手陣の炎上も山内投手コーチ以上に道原バッテリーコーチがいた事が関係してる気がしてならないのです。
去年道原氏はRCCの解説をやっていましたがその時の解説の大きな特徴は「リードの外角論」でした。
同じRCCの解説で内角論が解説の特徴である安仁屋氏とのダブル解説の時はお互い喧嘩腰のようになって「内角論」と「外角論」で衝突していました。
道原氏は3年前まで何年も続けて1軍バッテリーコーチも勤めましたが、この当時カープの捕手のリードで問題に挙がってたのが正捕手になりかけていた石原の「外角一辺倒のリード」です。
しかし私は道原氏の解説を聞いて石原の偏ったリードには確実に当時バッテリーコーチだった道原氏が絡んでいるものだと思いました。
さらに言えば、今シーズン序盤にチーム方角として多く見られた「ピンチになれば速球系の外角一辺倒」というリードも首脳陣は道原氏の考えも参考にしたんじゃないかとすら感じます。
シーズン後半にはこの偏ったリード方角が排除され、カープの捕手陣も後半になってからはピンチになっても内角や変化球を多く使うようになって先発陣なんかは結果も出てましたので、この教訓を見た熊沢コーチは2軍のバッテリーコーチとして良いアドバイスが出来ると思います。
しかし、道原氏は絶対にいらない。
そう強く断言したいです。

投手コーチはどうなるのでしょうか。
今年の投手陣の成績では責任をとるべきだと多くの人が思うでしょう。
ただ、個人的に気になるのがこの1・2年、多くのカープ投手陣が新変化球を短期間でマスターしている事実です。
横山がスライダーを完全に自分のモノにして開幕から多く投げ込めば、大竹はシーズン途中にシュートをマスター、長谷川もツーシームをマスターし投球の幅を広げました。
去年も黒田がシュートを覚えてますし、極めて難しい新変化球習得というものを投げれるだけでなくその投手の武器の球種にしてしまう。
これには当然投手コーチの存在も入ってる事は間違いないでしょう。
さて、果たして新球種指導をしてるのは小林コーチなのか、それとも澤崎コーチなのか。
この事実関係が個人的に物凄く気になります。
投手陣に新球種をアドバイスする事が上手い、これは投手コーチとして一つの才能だと思います。

ただ、小林コーチの1軍メイン投手コーチは辞めて欲しいですね。
間を空けるマウンドに向かう時、表情がおどおどしく見え頼りなく映ってならないんですよね。
あれじゃ間を空けても効果ないじゃんとすら思ってしまいます。
仮にもし来季も小林・澤崎体制で行くのだとしたら投手コーチの役割を逆にした方が良いと思いますね。

あと思うのが守備・走塁コーチは代えた方が良いという事です。
私は今年他球団の試合も数多く現地観戦しましたがカープ野手陣の走塁面の意識の低さは他球団と比べて極めて低いと思います。
これは選手一人一人の足の速さではなく、チームの中での意識問題だと思います。
個人的には苫篠兄弟のどちらかに守備走塁コーチについて欲しい。
元カープの選手でもある弟は良い解説してたうえに特に日本ハムの試合なども多く見ています。
兄の方は現役を引退したからずっと西武走塁コーチとして去年まで西武を長く俊足チームにさせました。
近鉄優勝時のコーチであり、去年まで阪神の打撃コーチであった正田氏でも良いでしょう。
とにかく走塁コーチも一新して欲しいですね。

木下氏の入閣は息子さんの焼き鳥屋の影響もあってないですかね。

今年はコーチスタッフに力を入れな過ぎでした。
その反省がフロントにもこのオフ見られてますが、まだまだ入閣・入れ替えをするべきだと私は強く思います。
スポンサーサイト

新井と黒田の引き留め方を考えよ!!

最近やたら忙しく全く更新が出来てませんでしたが、今も時間がないですがカープが緊急事態なので一言自分が思う事を書きます。

FA騒動真っ只中の黒田・新井が共に言ってる事は「優勝争いをしたい」という事です。
それに対してカープ球団と細かく話し合いたい。
「カープで優勝争い」を出来ると思えば特に新井はまず残留するでしょう。
その中でこの新聞記事のオーナーの発言で二つ気になる点があります。

まず補強に関しての
「外国人選手に頼ることになるだろう。野手はアレックスを含め2人。投手は左右の先発の獲得を目指し、早い時期から動いている。トレードは難しい状況だ。」

というここの部分。

これを聞いたらリリーフ陣の補強が全く書かれていません。
カープの最大の弱点はリリーフ陣でしょう。
それを一番頼りの外国人補強で言ってない時点で「本当に強くする気はあるのか?」って多くの人が思うでしょう。
来年も抑えは永川一人でいくつもりなのでしょうか?
そのリリーフ陣の不安定さはサードで守っていた新井はここ何年と他球団の差を肌で感じていたでしょう。
先発はむしろシーズン終盤は黒田を含め、長谷川・大竹・高橋・宮崎など安定していました。
そして、アレックス以外の野手もいらないでしょう。
仮に新井が残留して、トレードもないとなればどこに外国人を補強するのでしょう。
考えられるのは外野ですが外野は前田・アレックスの他に、広瀬・森笠・緒方・尾形・嶋・天谷と候補は溢れています。
それ以上の実力を未知の新外国人野手で期待するよりもボロボロのリリーフ陣を厚くする事の方が先決でしょう。

今までの考えをリリーフを強くするプランに変更する。
これだけで黒田にも新井にも「カープを強くするために」という条件でかなり印象が変わってくると思います。

そしてもう一つは「5割でなくて優勝を狙う。」
こんな事言わなくても誰でも印象が変わるコメントでしょう。

例えば、新井の移籍先として候補にあがってる阪神は先発がボロボロですがリリーフ陣にはJFKがしっかりといます。
阪神が優勝を狙うためには先発陣補強は言うまでもないでしょう。
そこを仮に新井との交渉の際に阪神が言ったとしたら新井は「ああ、阪神は来年優勝を狙うんだな。」と感じるでしょう。
それがカープの場合仮に「先発2人補強・野手ももう一人補強」となればボロボロのリリーフ陣・溢れる外野陣の状況の中で「本当に優勝する気あるのか?」と思えてしまうような気がしてならないのです。

とにかく、強く言いたい事はこれです。
しっかりとカープには黒田・新井を全力で引きとめをしてもらいたいものです。



10/7 ヤクルト-広島 24回戦 プロ野球観戦って素晴らしい

試合詳細はこちら

~赤ヘル眼~


プロ野球観戦って素晴らしい

2007年広島東洋カープの最終戦は感動的な記憶に残る試合であった。
プロ野球界に数々の記録と記憶を残したヤクルト古田の引退試合は、球場に駆けつけたスワローズファン、そしてカープファンの心に深く刻み込まれたものであろう。
私はこの試合神宮球場に居られた事をプロ野球ファンの一人として本当に幸せに思う。

外野自由席のチケットが手に入ったこの試合、私は正午くらいに友人と球場に駆けつけたがその時にはもうすでに1000人近くのファンが列を作っていた。
いつもの試合と何かが違うというオーラを感じながら迎えたこの試合、開門してレフト外野席の席を確保出来ると試合開始に向けて独特な緊張感が出てきた。
試合前のオーダー発表で5番キャッチャー古田が発表されると、ヤクルトファンだけではなくカープファンからも大歓声が起こった。

ヤクルト古田が打席に立つと、この日球場で配られた「27」と大きく書かれた緑のシートが360度球場を埋める。
ヤクルトファンだけではなく、カープファンのほとんどの人がその27のボードを古田の打席でかかげたという事実も古田の選手としての器の大きさがよくわかる。
クライマックスは8回裏、古田の現役選手としての最後の打席で、古田と同期入団で古田同様に今シーズン限りで引退を表明して前日引退試合を行なっていた佐々岡が登板したシーンであった。
この直前、佐々岡がブルペンに姿を見せただけで、レフトスタンドのカープファンからは「佐々岡」の大コールが起こっていた。
古田の打席で「ピッチャー佐々岡」がコールされるとカープファンだけではなくヤクルトファンからも大歓声があがった。

二人にとって、現役選手としての最後の舞台。
かつて豪速球を投げていた佐々岡のストレートのMAXは130キロもいかない。
かつて何年も連続で盗塁阻止率トップを記録した古田もこの試合、ことごとくカープのランナーに盗塁を許した。
しかし、このプロ野球界に記憶と記録を残してきた2人のプロ野球選手の対決は、見ているモノの心をこれ以上ないくらい大きく揺れ動かしたのだ。

その結果はショートゴロであったが、この対決後、神宮球場の演出で佐々岡に古田から花束が贈られ、球場全体から「佐々岡コール」が起こった。
関東のカープファンにも佐々岡の最後の勇姿と最高の演出を作ってくれた広島首脳陣と神宮球場の演出、そしてヤクルトファンにも心から感謝したい。

試合後、古田の引退セレモニーではレフト側のカープファンも誰一人となく帰る事はなかった。
セレモニー中、号泣する人が選手も含めあちらこちらにいる。
古田が最後に「また逢いましょう」という言葉を言った瞬間、古田から放たれる言葉を染みるように聞いていた神宮球場のファンから大きな拍手と歓声があがった。

セレモニー後、球場を一周する古田に対してカープ応援団からも古田の応援歌が演奏される。
それに合わせるようにヤクルト応援団からも古田の応援歌が演奏され始める。
「古田」「古田」の大歓声に浴びながら、古田が笑顔で球場のファンに記念ボールを投げ込む。
ヤクルトだけではなく、プロ野球のために全力を尽くしてきた古田だからこそ見られた光景であったのだろう。

プロ野球観戦って良いなぁ、素晴らしいなぁって心から思えた記憶に残るプレミア試合であった。
思えば私が初めてカープ戦を観たのもこの神宮球場。
その時は当時守護神であった佐々岡がサヨナラ死球を与えて終わるという試合であった。
その試合終了の際に投げられた多くのメガホンのうちの1つが私の頭に当たった。
その時味わった頭の痛みと心の痛みからカープを球場では観戦したくない、カープファンはマナーが悪いというものを当時少年だった私の心に大きく刻まれたものであった。
しかしその印象も10年以上経った今、もう完全に消えてしまっている。
10年以上前の記憶に佐々岡が主力で出てくるあたりに佐々岡の長年のカープの貢献度とカープの歴史の流れを感じさせる。

この日は8人と観戦したのだが、野球を現時で観ること、仲間と一緒に観ることはテレビで観るのとは全く違った感動やドラマというものがそこにある。
今や関東のカープファンでは試合後メガホンを投げるような人は全くというほどおらず、他球団のヤクルト・横浜あたりとは最終戦などでエール交換を行なったりしている。
今年はカープの試合に限らずパリーグの試合など11球団の試合を私は観戦したのだが、プロ野球を現地で観戦する事はその場にいって始めてわかるような面白さがたくさんある。
プロ野球人気が低迷していく時代の流れの中で私はこれから、どういうカタチであれ野球観戦の楽しさというものを多くの人に伝えていけたらなと今思っている。

プロ野球観戦・応援は面白い。
一人でも多くの人がそう想えるように我が愛すべきカープも球団・選手・応援団・そして一人一人のファンが少しでもいいから、出来る範囲でいいから、努力をするべきであろう。
プロ野球はクライマックスシリーズが始まりまだまだ続くが、広島東洋カープの今シーズンが終わった今、今年出逢えた多くのカープファン・そしてカープの試合でのドラマや感動に心から「ありがとう」と言いたい。
本当に本当にありがとう、そしてまた来年もよろしくお願いしますと言って今シーズンの私のコラムを締めたい。

9/27~10/4 カープ戦5試合 来季を見据えた青木高広の中継ぎ配置転換

自宅のPCのHDが壊れてしまったため、しばらく試合の更新が出来ませんでした。
現在も別の場所から更新中です。
普段は試合コラムオンリーというカタチですが、これからオフにかけてははブログっぽく更新する事が増えると思います。
今日の佐々岡の引退試合と神宮の最終戦に試合コラムを書いて、それからはブログっぽく更新する流れになると思います。
最近はかなり忙しかったのですが10/10から1ヶ月近く、時間が出来るのでカープの今シーズンを振り返ったり、来季に向けての展望などをここで書いていきたいと思います。
名づけて 「赤ヘル談」!!

☆赤ヘル談☆

来季を見据えた青木高広の中継ぎ配置転換

この5試合中、3試合中継ぎで今シーズンずっと先発であった青木高広が投げました。
私はこれは非常に来季を見据えた良い起用法だと思います。

カープは左の中継ぎが極端に弱いです。
右サイドスローが中継ぎに多い事を考えれば、力のある左のリリーフはなかとしても欲しいところ。
しかし、そこにフロントも首脳陣も力を入れようとは全くしませんでした。

フロントはトレード・新外国人の補強で左リリーフを補強する事はしませんでしたし、首脳陣・ブラウン監督にも左の中継ぎをなんとかしようとする強い姿勢が私は見られなかったように思います。

私の考えからすれば、開幕前から青木高広・斉藤のどちらかは中継ぎで起用するべきだと思っていました。
それは去年終盤からセットアッパーに定着し始めた河内1枚ではとてもじゃないけど1年持たないと思ったからです。
波の激しい佐竹、連投に弱くロングリリーフ向きの広池、フォームを覚えたての河内、誰をとってもかつての菊地原のような左中継ぎ1枚といった布陣で活躍できるような投手ではありません。
しかし、今シーズンは見事に3人共そういう時期がありました。
左の中継ぎがとにかく弱いというのをさらにさらけ出してしまったシーズンでしたね。

その中で始まった今シーズン、序盤それなりに好投してた河内が崩れて2軍に行った時期、フロントも首脳陣もそれを訂正するような動きは見せませんでした。
1軍では青木高広をそのまま先発で起用し、2軍では斉藤や小島も先発調整。
左中継ぎをなんとかしなくてはとい姿勢は見られませんでした。

青木高広に関してはどちらかといえば先発向きかもしれません。
現にブラウン監督も開幕してから「先発で育てたい」というコメントをしてきました。
しかし、チームの中で左投手の実力で上位に来るような選手の多くに「先発をさせたい」ってやってたら左のリリーフが弱くなります。
それがまさに今年だったのかなと私は思います。

2年前、ベイルがシーズン序盤安定して守護神で成績を出してのにもかかわらずシーズン途中で先発に回りました。
私は配置転換が1年目投手陣を投壊にもっていったのだと思います。
確かにベイルは来日1年目に先発で2桁勝利をあげた先発実績もあります。
でもベイルは独特な投手フォームとそれなりのコントロールも持っており、リリーフでも十分、力を出せる投手でした。
リリーフでシーズン通して力が出せる投手が少ない中、その投手を先発に回してしまった。
ベイル自体スタミナもない投手でしたから、それまで好投をしていた去年のリリーフ陣はベイルという穴を埋めるために登板数も増え、将棋倒しのように次から次へと崩れていきました。

こないだブラウン監督は、来季の新外国人の補強について先発2人+中継ぎ1人+野手1人とコメントを出しました。
その中で野手はアレックスかもしれないとの事です。
するとどうでしょう、この頃から先発ローテーションの投手の全員が安定した投球を見せ始めたのです。
黒田・大竹・長谷川・高橋・青木高広・宮崎と黒田しか計算出来ないと言われてた先発投手陣がここにきてむしろ黒田が一番不安定と思えるような印象すら受けました。
その中でも長谷川・青木高広・宮崎の安定度は際立っていました。

その一方でリリーフ陣は崩れるばかりでした。
勝利の方程式を作っても安定感が続かない。
それには先発の球数制限にこだわり過ぎて、先発を早く降板させ過ぎてたのが影響してるのではないかという事が終盤に見えてきました。
それからかこの数試合、先発が長いイニング・球数を投げる試合が続いてます。
この流れを見てもわかるようにカープの投手の補強ポイントはとにかくリリーフ陣という事です。
特に左の中継ぎが手薄という事から独特のフォームでコントロールもある青木高広をここに来て中継ぎで使い始めたのでしょう。
もちろん、来季も青木高広は先発でやる可能性は十分にあるでしょうが、それには即戦力の左の中継ぎ投手が他に入ってこなければならないでしょう。
今オフ、ベイルのような投手が獲れればいいですが、ベイルレベルの投手が入ってくるとは限りません。
ベルトランやヤングレベルの投手って事も十分あるでしょう。
だからこそ、ここにきて青木高広を中継ぎ・連投で使った事は来季を見据えている采配だと思います。
阪神戦で金本を外角低めのカーブで三振をとったシーンはまるで現レッドソックスの岡島でした。

私の考えとしては、進退ギリギリの中で自ら先発再起転向を志願して復活した高橋は来季も先発として使い、独特なフォームにそれなりにコントロールがある青木高広と斉藤は、どちらも先発は出来ますが、チーム状況から中継ぎで使うべきだと私は思います。
「先発として育てたい」って気持ちをかみ殺す事もチームを強くするためには必要な事だと思います。



オリックス戦力外の吉田修司は絶対獲得すべき

オリックスが戦力外を出した大ベテラン中継ぎ左投手の吉田修司。
しかし今シーズン1軍で36試合に登板して2勝0敗の防御率2.61という好成績でした。

即獲得するべきでしょう。

実はオリックスという球団は12球団1左の中継ぎ投手が厚いチームです。
今年ブレークした高木康成は54試合に登板して防御率2.62と安定し、シーズン後半からは左の中継ぎエースの菊地原が復帰、さらには2軍で前半から絶好調だった山本省吾(19試合防御率1.63)も終盤加わり、吉田修司を含めると4枚中継ぎ左投手がいる事になります。
年齢的に上積みがない事とオリックスの弱点は先発である事からチーム事情で戦力外になった投手でしょう。
他の球団の左投手で戦力外になった投手は、チームは中継ぎ左投手は手薄だけれでもその選手があまりに使えないので戦力外にしたみたいな感じでしょうが吉田修司の場合は完全なチーム事情だと思います。
現にオリックスは去年大活躍した左の中継ぎ歌藤も日本ハムにトレードに出しており、その歌藤も移籍後日本ハムで成績を出しています。
私は去年も楽天を戦力外になったベテラン左投手でかつてのタイトルホルダー金田を獲得するべきだと思ってましたが、今年の吉田修司に関してはなおさら獲得するべきだと思います。
他球団のブルペンに長くいることもあり、他のカープ投手陣にも与えるくれる効果も間違いなくあるでしょう。
吉田修司本人も現役続行の意思を出しているので、他球団に獲られる前にカープがまず動いて欲しいものです。


 | HOME | 

Calendar

09 « 2007/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。