2010年の広島カープをこっそり分析します

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ←更新のやる気が出ますのでカープクリックお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雰囲気の大切さ

昨日はプロ野球がない月曜日だったので、仕事帰りに美容院などに行きリラックスしてきました。
その際行きつけの美容院の毎回担当してもらっている美容師さんに

「赤ヘルマンさん(仮名)、前と比べてガラっと表情が明るくなりましたね。」

と言われました。

どうやら半年前は疲れて死んだような顔をしていたらしく、なかなか話かけづらかったそうです。

私事になりますが、最近仕事にやりがいを感じてきて、精神的に充実しています。

正直まだまだで未熟過ぎる存在ですが、次にやる事が見えやすく、何より職場の雰囲気がもの凄く良いんです。
そんな環境でやれるからこそ、自然と表情が明るくなり、仕事後のオフも気持ち良くカープが見れているのでしょうね。
正直去年の秋から冬にかけては、カープの事なんて全く考えられずに、毎日が精神的にもいっぱいいっぱいでしたから。

自分の事だけでなく、今のカープを見ていてもそれを感じます。
今までになく雰囲気が良く、チームに一体感があるように今のカープは見えます。

明るい選手が中心選手に多いこともありますが、データから取ってきたのか訳のわからない監督の采配もビックリするくらいなくなりましたし、先のプランが見えやすいです。
日曜日の試合で東出がセフティーバントを試みて間一髪でアウトになった時も、ベンチで「あーーーーーーー」と笑いながら上空を見上げたその日レギュラーを外れていた石井琢朗が映ってました。
石井琢朗がチームに馴染んでいる事やチームの雰囲気が良い事がよくわかるシーンでしたね。
こんなに明るい表情の石井琢朗は近年全く見れませんでしたからね。

今の明るい雰囲気のカープは見ていて面白い、だからこそ今はよりカープの試合が見たくなるんですよね。
大竹もこのチームの波に乗って欲しいですね!


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
今日の試合も更新しなきゃ!とやる気が出ますのでカープクリックお願いします




スポンサーサイト

OPSで東出を評価する事のくだらなさ

たま~にどこかで聞くOPSという言語。
データ用語の一つでメジャーリーグの数球団では実際に愛用され使われてる事もあるようですね。

僕は野球書籍を読む事が趣味の1つなのですがその中でOPSも含めた様々な変わったデータから論評が書かれている本があります。
その本はデータスタジアムのデータを用いて元シアトルマリナーズの長谷川滋利が論評している「セイバーメトリクス」という本です。
この本をちょっと見ただけで僕は大きな誤解をする読者も多いだろうななあってすぐ思いましたね。

OPS=出塁率+長打率

現在明らかに調子の悪い梵を2番に置いたり、初年度は前田2番という策で失敗したブラウンカープ。
もしかしたらこのOPSのデータを参考にしてるのではないかとも感じてきました。

まずはっきりと言いたい事は東出のようなタイプにこのOPSで打撃評価するのは大きな間違いです。
はっきり言ってデタラメな評価に繋がるとも考えられます。
これは井生や中日の荒木でも一緒です。
パワーのない俊足打者が全くというほど評価されない数字、これがOPSです。
日本野球の2番打者というタイプの選手ほど評価されないでしょう。

去年の東出のOPSは613.、セリーグのトップは高橋由の982.で600.台という数字は極めて平均的にも低い数字です。
これで東出が得点力がないから上位に置くのは愚作、こう考える人は僕はどうかしてると思いますね。

ちなみに去年セリーグの盗塁王だった荒木(打率262.)のOPSは598.、パリーグの盗塁王だった片岡(打率256)は613と東出(打率269.)とほとんどOPS数字は変わりません。
セリーグ盗塁2位の赤星(打率300.)でOPS703.、パリーグ盗塁2位の本多(打率275.)が668.です。
さらに石井琢(打率275.)が644.、高須が(打率283.)681.、田中賢介(打率255.)が665.です。

このOPSの最大の弱点は出塁率と長打率を足している事です。
長打率は長打になるほどポイントが高くなるため、本塁打が少ない選手が高くなる事は少ないです。
ましてや、狭い広島市民球場で2塁打や3塁打も出辛い事からも東出の数値が上がらないのは当たり前っちゃ言えば当たり前です。
東出の去年のOPSの数字は去年のカープの100打数を超えてる打者の中で13人中12位とかなり低い数字です。

OPSの話で日本野球タイプの2番打者は語れないので、他のデータを用います。
まずはBB/Kです。

BBK=四球/三振

四球と三振の割合から対象打者の選球眼を見る指標の一つです。
東出のBBKは0.60と高く、前田の0.65についてカープ2位の数字です。

続いてP/PAです。

P/PA=投球数/打席

1打席あたり相手に投げさせる投球数。選球眼やバットコントロールを見る上で目安となる指標です。

東出は松本・梵についで3番目の数字です(100打数以上の選手)。

続いてにPA/Kです。

PA/K=打席/三振

東出の数字は9.38と前田についでチーム2位です。
ちなみに前田は14.39と脅威的な数字で12球団1位です。
前田がいかに三振しない打者かという事がわかります。

最後に内安打割合です。

内安打割合= 内安打/安打*100

東出は22%でカープ1位、セリーグで赤星についで2位の数字です。


ついでに東出の去年の盗塁数は12.犠打数は22です。
この事からまとめると東出は他の2番タイプの打者を見てもわかるように、長打率・と得点能力はないが、俊足で選球眼があり、三振が少なく内安打が多いような、小細工が得意な日本野球の典型的な2番打者のいやらしいタイプという事がわかります。

OPSが東出のようなタイプに無意味な事は次の例からもわかります。
黄金時代真っ只中の90年の西武の1.2.3番打者の成績です。

☆90年西武の1.2.3番打者成績

1番 辻   打率266. 本塁打3本 盗塁31. 犠打22 三振38
2番 平野  打率267. 本塁打2本 盗塁23. 犠打50 三振72
3番 秋山  打率256. 本塁打35本 盗塁51. 犠打1  三振120


この年の西武はシーズンでは2位オリックスに12ゲームの差をつける圧勝で日本シリーズでは巨人に負けなしの4連勝をしています。
その時の不動の1.2.3番が辻・平野・秋山です。
おそらくOPSの数字を使えば1.2番の辻・平野の数字はかなり低く出るのではないでしょうか。
逆に秋山は高い数字が出るような気がします。
OPSの弱点はここにまさに表れていますね。
辻・平野が相手が嫌がるような1.2番という事はデータからも想像つくでしょう。

現役時代の辻をご存知の方は言うまでもないですが辻はミートの達人です。
とにかくなかなかアウトにならない、粘り粘りに粘るという打者でした。
相手投手に球を多く投げさす事も十分1.2番に必要な要素だと思いますよね。
僕は辻タイプという意味ではカープでは井生が該当すると思います。
井生はパワーや派手さはないですが打撃がいやらしく、ケース打撃も出来、2ナッシングから四球を選ぶようなシーンも何回も見ました。
でもこういうころはOPSには出ない部分の技術です。

平野は言うまでもなくバントの達人です。
バントと守備力だけで長く生きてきたと言っても過言じゃない選手で典型的な2番タイプの打者ですね。
東出の3年目の成績が262.本塁打5本. 盗塁26. 犠打49と限りなく90年の平野の成績に近いですね。

秋山は芸術的な選手でした。
芸術的な本塁打・芸術的な走塁・芸術的な三振に芸術的なバクテン。
三振だけで客が呼べる貴公子でしたね。

どんだけ大振り三振してもそれに似合うだけのホームランがある。
辻・平野・秋山の中では一番梵は秋山にタイプは近いと思いますよ


と、色々語って来ましたがOPSを考慮して打順を考えればその中で前田2番とか梵2番という策が生まれ、見事に失敗するかもしれませんよね。
アメリカではOPSは多く用いられる、しかし日本でそれを使い過ぎたらどうなるか。
その失敗例が前田2番・梵2番であり、その失敗には何よりもOPS以上に日本人の考え方というものがあるからです。

簡単に言うと打者が2番になったら自然と色々考えてしまうのが多くの日本野球人なのです。
これは神経質な選手ほどそうなると思います。
この日本人独特の思考が失敗を作ってる1番の原因でしょう。

梵の去年のOPSは748.です。
しかし、おそらく去年の打順が1番だった時と下位だった時ではビックリするくらいかけ離れたOPSの数字が出てくると思います。
それはご存知の通り、去年下位に打順が下がってから梵が本塁打や長打を連発していったからです。
おそらくもの凄い勢いでOPSが上がっていったでしょうね。
そして今年も梵の2番と7番では残酷なくらいOPSの数字の差が出ているでしょう。
これが単にデータを用いて使うと失敗するという日本野球の恐ろしさです。

と今までの中で多くの野球通の人が東出を2番にするべきだと発言するのは当たり前っちゃ当たり前な事だと思いますよ。
天谷という俊足の1番が好調、「機動力野球をテーマ」にあげる中でなぜ細かい打撃が苦手で決め打ちが多く神経質そうな石原や梵を2番に置くのかが未だに見えてこない。
OPSは確かに石原も梵もそこそこ高いです。
でもそれ以外の部分で使うべきではない理由がたくさんあるとやっぱり思いますよ。
石原・梵を2番にするくらいなら木村2番や赤松2番の方が良いと思います。
木村は実績はないけど頭の良い細かい打撃が出きるようなタイプ、赤松は神経質の対義語の性格におそらくいてそこそこレベルの投手には結構粘ったりしますからね。

なかなか三振しない、球数を多く投げさせる、犠打が上手い、俊足で内安打も多い、十分上位打線にいたら相手投手が嫌がる打者だと思いますけどね。
左が2人並ぶを嫌っているのか知りませんが、打線が全く繋がらない中で好調でもあるのに頑なに東出を8番から上位に動かさないブラウン監督の意図が全く僕には見えてきません。


バレンタイン監督とヒルマン監督の会談からカープを考える

昨夜19時からNHKBS1でバレンタイン・ヒルマン両監督の会談番組がありました。
バレンタイン・ヒルマン両監督が自チームについて・監督業について・そして日本プロ野球についての考えを談義するような番組だったのですが1カープファンとしてなかなか考えさせられる番組でした。
まずそれぞれ監督というポジションで大事だと思ってる事は次のようなものでした。

バレンタイン テンションのボリュームを調整する事
ヒルマン 選手がそこにいたい・その仕事場にいたいという環境・雰囲気を作る。

バレンタイン監督の特徴と言えば試合中、CMや外からの印象からはとても見られないとにかく紳士的な感情でいる事です。
チームが得点しても逆転してもミスをしても選手が盛り上がったり盛り下がっていても監督は大きく喜んだり激怒したり周りに見せてはいけない・・それがバレンタイン監督の監督としてのポリシーらしいです。

あとはハートで選手に理解させる事です。
選手が自分の考えを理解しているか・共有しているかを普段から細かくチェックしているそうです。
さらにそれぞれの選手に合ったアドバイスをしているとの事です。

ヒルマン監督は選手に対する敬意、そしてこのチームにずっといたい・その仕事場にいたいという環境を作る事が何よりも大事だと言っていました。
現状の戦力の不満・選手の怪我などの言いわけを監督が言う事はしてはいけない・・監督は常に前を向いてチームをまとめなきゃいけないみたいな話をしていましたね。

そして楽天の野村監督のインタビューが途中入ったのですが、野村監督の考える監督にもっとも必要な事はリーダーシップがとれる人物でいれる事だそうです。
さらには監督自身の力量が上がらないとダメとの事で進化しない監督は何年続けても一緒みたいな感じでしたね。


この監督業についての上記の監督の意見を聞いた時、僕はふと一昨年のある週刊ベースボールでの豊田泰光さんの連載コラム”オレが許さん”の中でブラウン監督について批判してる記事の内容を思い出しました。
それは「私は最近仕事上広島の試合をよく観るのですがなぜ広島が下位にいるのかがよくわかりますね。残念だけどブラウン監督はバレンタイン監督やヒルマン監督のようにはなれない。それは試合中、周りにあからさまに感情を出すからです。最近の成績の良い監督の傾向を見ている監督は紳士的な態度をしています。」
みたいな事を書いてたんですよね。
僕はまさしくこの豊田さんの指摘はバレンタイン監督が最も意識してるという(テンションの)ボリュームを調整する事を指しているのだと思いました。

そして、ヒルマン監督の言う選手がそこにいたい・その仕事場にいたいという環境・雰囲気を作りですが、これをブラウン監督がどれだけ出来ていたかはわからないけど事実上監督としての勝負の3年目の前に主力二人がチームを去って行きました。
これは監督だけの問題ではないだろうけど、事実勝負の年の前に選手が去っていった、そこにはあくまで外から見ただけだけど監督と選手とのハートの共有みたいなものがあまりなかったのではないかと感じてしまいました。

ただ個人的に思うのがブラウン監督は去年の後半戦あたりからガラっとスタイルが変わってきたような気がするんですよね。
それは良い方向でです。
特にハートの部分でのチームの共有という部分で、去年の前半戦あたりまではあまりにも空回りな事が多すぎるなと感じてたのですが、それがだんだん良い方向に変わっていってるように個人的に感じていました。
正直去年の前半戦くらいまでのチームの考えじゃ確実に今年もAクラスは無理だと思ってるんですが、何か今年は大きく良い方向に変わっていっても不思議じゃない気もしています。

あと日本野球界のビジネスの下手さについても両監督は指摘していました。
大リーグの日本での開幕戦を日本野球連盟が率先して受け入れてる事や球場のバックスクリーンビジョンに大リーガーを使ったCMを流してる事など自らのビジネスの首を絞めてると辛口批判していました。
さらに日本野球界の大リーグと最も違う所はそれぞれの球団がおのれおのれの方角でやっている事だそうです。
それがパリーグでは共有の考えに徐々になってきたけれども、12球団になると全くそれが出来ていないとの事です。
それは一部の球団に「自分だけが良い。考え方が古い。」球団があるとバレンタイン監督は嘆いてました。

自分だけが良いという考えの球団。

このフレーズを聞いた時に皆さんどの球団が浮かんでくるでしょうか。

おそらくまず読売巨人という球団が浮かんでくるでしょう。

しかし、それと同じくらい・・・いやファンならそれ以上に広島カープが出てこないといけないでしょう。

広島の球団組織がどれだけ自分だけが良いスタイルになっているか。
それは調べれば調べるほどわかってくる事でしょう。

個人的に思うのは今広島ファンが最も考えなきゃいけない事はムチャクチャお金で選手を獲りまくる巨人に怒るのでもなくて、新井まで獲っていった阪神に怒るのでもなくて、また新井自身に怒るのでもなくて、FA制度の事よりも、逆指名制度の事よりも、今現在のカープ球団の経営組織を深く考える・そして出来るならばなにかしらのアクションを起こしてく事だと思います。
時代が流れていく中で何もせずに今のカープ組織のまま5年・6年経てばカープに最悪な事態が起こっても全く不思議じゃないと個人的に思っています。


すいません、前回次回は「カープ球団そのものについての現状、またそこからの打開策について個人的に感じる事を書く」と書きましたが急遽カープについて色々考えさせられる番組がやってましたので書かせていただきました。
次回は「カープ球団そのものについての現状、またそこからの打開策について個人的に感じる事」を書いていきたいと思います。

ブログを始めて良かった♪

最近多忙で大晦日まで更新出来ませんでしたが今シーズン当ブログを読んでくださった方々、本当にありがとうございました。
来年も試合コラムを続けていく予定ですのでよろしくお願いします。
年明けにまた時間が出来たら2007年をしっかりと振り返りたいと思います。

ブログ・HPを今年始めて本当に良かったと思っています。
ブログに興味ある方がいましたら是非気軽にやられてみてはいかがでしょうか。
簡単に誰でも出来ますし文字で文章を書くことって記憶に残りやすいですよ。
考えていても始めて見ない事には何も始まりませんから。

それでは明治神宮に行って参ります。
良いお年を!!

そして来年はカープが良いお年を!!

黒田メジャー移籍決定!

黒田が本日球団事務所にて残留の意思がなくメジャー移籍の意思を球団に伝えたみたいですね。
涙ながらに会見にのぞんだようです。

戦力的に考えれば新井よりも遥かにカープにとっては痛いんだけど新井と違うのは温く迎えてあげたい、頑張れと心から言えること。

同じ涙ながらの会見というものでも新井のは見たくもありませんでしたが黒田の会見は見たいって思いますね。

仮にマリナーズに入ってマリナーズが来季優勝争いでもしたらカープの来季のチーム成績状況次第ではシーズン途中からカープよりもマリナーズに注目してしまうカープファンも多いのではないだろうか・・・。

黒田の移籍は痛いんだけど新井の移籍の「痛さ」とは意味が全然違う感じがしますね。
ここは黒田と新井の人間性の問題かな・・・・。

黒田メジャーでも頑張れ!!!

広島から帰京

今朝帰京しました。

昨日はチェックアウトした後、カープのお店カルピオに行き、その後駅からヤード跡地まで歩き、最後に岩国まで行き2軍3軍をもう何年も見続けているというHさんのもとを訪ねました。

ヤード跡地については後日HPに書きますが想像してた環境とはかなり違っていたというのが本音です。

工事現場員の人やカルピオのカープ球団職員、そしてHさんと昨日とはまた違った貴重な話がたくさん聞けました。

広島遠征を楽しめだというより、人生のためになったと思うこの4日間でした。
今回逢った人達は本当に凄い、人として尊敬してしまうような人ばかりでした。

詳しく書きたいところですが、これから千葉マリンのナイターに向け出発します。
初日はバックネット裏付近の内野指定席、二日目は外野で応援です。

千葉マリンは駅から歩いて30分くらい確かかかります。
行くまでの間の道にも特に盛り上がるスポットも見当たりません。
球場も大きく球場に入ってからも外野スタンドまでは歩きます。

ただ、サービスが凄いです。
球場外は毎試合お祭りのように屋台がならび、ステージ・バッティングセンターなどイベント盛りだくさん。

仮にヤード跡地に新球場が出来た場合、かなり参考になる球場だと思うのでしっかり取材してきます。

行ったるでーーーー

 | HOME | 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





  ・ 2009年日南キャンプ
  ・ 2008年日南キャンプ
  ・ 広島市民球場最終戦レポ
  ・ 赤ヘルマンらしい記事
  ・ OPSで東出を評価するくだらなさ
  ・ 雨の中の千葉マリン
  ・ ルイスのボーク
  ・ カープ試合分析の歴史
  ・ 赤ヘルマンプロフィール

Recent Entries

Categories

Archives


 

Recent Comments

Recent Trackbacks


新ぴーぷるロゴ

Appendix

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン

試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。










 

東出占い
内容
(c) kihiro

野球ブログ 広島東洋カープ
プロフィール

赤ヘルマン

Author:赤ヘルマン
試合分析を中心に更新していきます。
日南キャンプでは現地に行き更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

管理者用

セリーグ試合速報



セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表

カープ関連ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。